山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

カメの餌

趣味で、カメを飼っています。

そして、そのカメの餌ですが・・・、ペットショップで売っているような専用餌では、餌代がばかにならないので、
水産養殖用の餌を使っています。

ウナギ養殖用の粉末の餌です。

餌の在庫が切れたので、20kg入りの袋で購入し、ビニール袋に小分けしました。
DSCN7198_convert_20170417232533.jpg

1回分として、500gずつに小分けします。
そして、虫や、動物に食べられないように、プラスチック容器に入れて保管します。

アルミパックのものは、カニガラを粉砕・乾燥した餌です。
カルシウムの補給と、嗜好性のアップに効果があります。

ウナギの粉末餌に、カニガラ粉末を混ぜ、水を入れ練り、それに、油を加えて練って、餌としています。

そろそろ、冬眠明けなので、今年初の給餌をしました。


昨年秋から飼いだしたウナギの餌も、これで良いのかな、水が汚れそうだけど・・・。



セキセイインコ

セキセイインコを買いました。

店番で、小鳥が「いらっしゃいませ」と言ったら面白いかなと思い、飼い始めることに。

オスの方が、言葉を覚えやすいというので、オスにしました。

長女と、次女が、それぞれ飼いたいというので、ケージも2個買って、それぞれの机の近くに置きました。
世話もしっかり子供がやること、さらに、いらっしゃいませを言えるように教えることが、飼育開始の条件です。

長女のインコは黄色がメイン。
DSCN6930_convert_20170328223659.jpg

次女のインコは白がメイン。
DSCN6934_convert_20170328223713.jpg

猫の茶々丸が大喜びで、興奮しながら小鳥を見ていました。
飼いならされたCBの鳥なので、猫が近づいても特に驚いたりはせず。この辺は、ハムスターと同じです。

ニワトリ以外の鳥はあまり飼ったことが無いので、まずは、環境に慣れてもらうのが第一です。

言葉覚えるかな・・・・・。猫が気に入っているので、にゃあと覚えたらどうしよう。

ラブバードにしようか、セキセイインコにしようか、悩んでいたのですが、ラブバードは言葉をあまり覚えないらしく、また、店でもギャーギャーうるさいので、おとなしく、賢そうな、セキセイインコにしました。

また、オスの中でも、良く鳴いている個体を選んできました。

我が家は、どんどんペットだらけになってきています。

ポニョの兄弟?

プラティーの子供がいっぱいです。

2回分の産児を産卵ボックスで確保して育てた為、たくさんです。

子供が90匹以上います。

人が近づくと、餌をねだって、水槽の隅に寄ってきます。

崖の上のポニョの兄弟のようです。
DSCN6629_convert_20170211001740.jpg

餌をがばっとやっても、すぐに無くなってしまいます。

魚が小さくても、数の力はすごい。

ちなみに、この水槽を設置してから、電気代がグンと上がったので、
外掛式フィルターを、投げ込み式フィルターに変更し、水槽の上にラップを張って、水の蒸発を抑えてみました。

小米もらいました

当方で飼育しているニワトリの主食は、米ぬか。
それに、キャベツを貰ったり、魚を貰ったり、というように、基本的に貰い物で飼っています。

米ぬかは、ニワトリに与えている余剰品を、イノシシの罠に使っている。
ということで、米ぬかが不足してくると、ニワトリ優先で、罠の餌が減って来る。

そんな話を、蜂場の地元の人と話していたら、
ニワトリの餌用の小米と、罠餌用の米ぬかを頂きました。

さっそく、箱罠に米ぬかを撒きました。

そして、小米は、ニワトリの餌に少しづつ使いたいと思います。
米は、ヌカよりも、日持ちがするので便利です。

今は、米ぬかの半量が、米で置き換わっている感じで給餌しています。
米ぬかが不足した方が、ニワトリの餌が高級化してる?

米はそのままでは固いですが、ニワトリは、砂肝があるので、米のまま給餌しても、しっかり消化・吸収できます。

頂いた小米。
PAP_0068_convert_20170208224832.jpg

ニワトリ点灯・終了

昨日の節分、今日から立春ということで、
これからは、夜より昼の時間が長くなります。

ニワトリの産卵促進の為、
点灯により長日条件を人工的に作っていましたが、点灯を終了しました。

昼の方が長いといっても、まだそれ程長いわけではありませんが、
最近は産卵数が増え、自家消費量を上回ってきて、卵が余ってきていました。
ちょっと産卵数をセーブして欲しいこともあり、点灯終了となりました。

今春に、ヒヨコを数羽購入して、産卵減分を補填しようと考えていたのですが、
点灯による産卵数増加が著しく、点灯で対応できるなら、まだヒヨコは買わなくて良いかなと考え始めました。

点灯終了で、どの程度産卵が減るか、様子を見たいと思います。

FC2Ad