山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

イチゴハウスからの帰還

ミツバチの巣箱を、イチゴハウスから引き揚げてきました。

イチゴの収穫時期はまだ続きますが、お貸ししていた農家さんは、米がメインの農家さんで、春の苗代の時期にはイチゴを止めてしまうので、早めの引き上げです。

雨でしたが、巣箱を引き上げてきました。
DSCN9760_convert_20180308223351.jpg

巣門を開放し、まだ寒いので、ダンボールを挟んで巣門を狭めます。
DSCN9761_convert_20180308223408.jpg

そして、ミツバチを撮影していたら、
DSCN9762_convert_20180308223421.jpg

それまでは、おとなしかったのに、警戒したはちが一気にあふれ出てきました。
慌てて、巣箱の前から退散しました。
離れる前に、撮った1枚です。
この後、カメラに向かって攻撃してくる蜂がいました。
持っている手では無く、カメラを攻撃していました。
DSCN9764_convert_20180308223436.jpg

写真を撮る前までは静かだったのに。
ストロボは光ってなかったと思います。
何が気に入らなかったのか。

離れたら、すぐに静かになりました。


見学用・巣箱

山中養蜂、直売所では、ミツバチを見たいというお客様の為に、ミツバチを見られるようにしています。

そして、その見学用に、ミニ巣箱を置きました。
DSCN9748_convert_20180305002507.jpg

ミニ巣箱ですが、一応、女王蜂もいて、働き蜂もいて、1群になっています。

ただし、極小群なので、冬の間は維持できず、暖かい時期しか置けません。

今冬、試験的に越冬できるか試しましたが、12月前半で消滅してしまいました。
極小群での越冬は、やはり、難しいようです。
ちなみに、この時の消滅要因は、餓死。
極小群で、群の守りが弱いので、他群のミツバチに盗蜜されてしまったようです。

そろそろ、暖かくなってきたので、ミニ巣箱の再設置です。

お客様が通られる目の前にありますが、ミツバチに気付くお客様は意外に少ないです。

今日も、2組のお客様から、「ミツバチ見られるのですか」とお声かけ頂き、見て頂きました。
DSCN9751_convert_20180305002524.jpg

ミツバチの機嫌が良い時は、巣箱の中も見られます。
ご希望の場合は、お声かけ下さい。
ただし、刺されない保証はありません。

ちなみに、みつばちの機嫌が悪い場合は、途中でやめるので、
見学の際に刺されたお客様は、今までは0人で、1人もおられませんが。


ネット販売・再開

2月末から一時中断していた、インターネットからの注文の受け付けを、再開しました。

送料がアップになってしまい申し訳ありません。

1万円以上のご注文で送料無料サービスは継続しておりますので、ご検討頂けると有難いです。

平和な内検

暖かな日だったので、ミツバチの巣箱の内検に行きました。

暖かで、風も無く、ミツバチも元気に飛んでいました。

そして、何よりも、ミツバチの機嫌が良かったです。

燻煙器無しでも、蜂がおとなしいままです。

気温が高く、梅の花や、菜の花から、蜜がたくさん出ているようです。

こんなにミツバチの機嫌が良くて、平和な内検は、今年初です。

今までは、燻煙器無しでは蜂にたかられるような内検が続いていたので。


春の嵐が来るようなので、荒天で花が散ってしまったら、また機嫌の悪いミツバチに戻ってしまうかもしれません。

税務署

館山税務署に、青色申告書、確定申告書の提出に行ってきました。

書類自体は既に出来上がっていたので、提出に行っただけです。

相変わらず、税務署は混んでいました。

駐車場に入るのに、待ち。

そして、提出して終了。


来年から、e-Taxの手続きが簡素化され、マイナンバーカードが無くても出来るようになるということで、
IDと、パスワードの設定をしてきました。

これで、来年からは、税務署に行く必要が無くなりました。

FC2Ad