山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

シロツメクサ

蜂場の地面には、シロツメクサがたくさん生えています。

開花期間が長いので、花は以前から咲いているのですが、
最近ようやく、ミツバチが来るようになりました。
DSCN8180_convert_20170706050837.jpg


ミツバチは、効率の良い蜜源に、集中的に訪花する性質があります。
その為、山に良い蜜源となる花があると、近くに花があっても、こちらにはなかなか来ないのです。

蜂場の花にミツバチがたくさん来る=山に蜜がたくさん出る花が咲いていない、ということです。

例年、この時期は、山の蜜が減る時期です。
しかし、内検して見ると、その割には結構蜜が入っていました。
まだ、アカメガシワの花が残っていたのかな。


暑いです

いよいよ、夏の日差しの中の、暑い内検になってきました。

先週までは採蜜だったので、内検は、2週間ぶり位です。

暑くなり、さらに蜂があふれかえっていた群は、巣門から蜂があふれ出ていました。
DSCN8160_convert_20170703215253.jpg

この群、既に4段群ですが、もう一段積まないと駄目なようです。

蜂があふれていて、分蜂が心配でしたが、内検して見ると、全く分蜂の気配はありませんでした。




5~6月のはちみつ・採蜜終了

昨日までで、5~6月の花のはちみつの、採蜜が終了しました。

早朝に巣枠を巣箱より回収し、夜間に離蜜する。
夜間作業がメインとなる変則勤務がようやく終了です。

採蜜期間中、ミツバチの巣箱の内検作業は保留となっていたので、早急に進めないと。
来週は、晴れるようなので、内検を進めようと思います。

ちなみに、今年の5~6月のはちみつの結果ですが、
昨年より1割ほど、収量が減ってしましました。
なかなか難しいです。



雨・じゃないの?

本格的な雨になるのを覚悟していたのですが・・・・、

雨、降ってないんですけど・・・・、

ということで、朝、採蜜の為の、巣枠の回収に行ってきました。

雨では無いのですが、曇天。

外勤蜂はあまり外出せず、巣門に貼り付いています。

巣箱を守る、気性の荒いのは外勤蜂です。

とういうことで、当然のように、ミツバチの群の機嫌が悪いです。


そこで、巣箱から蜜枠を取り出し、蜂を払って、持って行きます。

ミツバチにとっては、一生懸命集めたはちみつを、奪われる。

当然、怒りますよね。

無数の蜂が体当たりしてくる中の作業で、蜂にも人にも、大変な作業です。


こういう作業は、できれば晴れの日にやりたいのですが、
7月~8月の花のはちみつの蜜源であるカラスザンショウのつぼみも出てきているので、
これの開花前に、5~6月の花のはちみつの採蜜を終わらせたいと思っています。

離蜜作業

本日も晴れた為、採蜜しました。

蜂場に行くと、蜂場のすぐ横を、鹿が走っていきました。
立派な角のオスでした。
そして、巣枠を積んで山を下りる途中、ふと見ると、フロントガラスにホタルがとまっていました。
捕まえようかなと車を停めたら、すぐに飛び去ってしましました。

そして、離蜜作業。

蜜蓋がされた巣枠の、
DSCN8088_convert_20170624011610.jpg

蜜蓋を切ります。
いっぱい入ったはちみつが、光っています。
DSCN8089_convert_20170624011638.jpg

そして、遠心分離機に入れます。
DSCN8095_convert_20170624011744.jpg

回転開始。
ストロボ撮影すると、一瞬が写るので、回っているように見えませんが、
DSCN8091_convert_20170624011657.jpg

実際は、こんなふうに回ってます。
DSCN8093_convert_20170624011723.jpg

離蜜した、はちみつは、ストレーナーで濾してから、保存容器に入れます。



FC2Ad