山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

ナメコ

ナメコが発生してきました。

ナメコは一期にたくさん出てきて、一度収穫すると、その時期はそれでもう終わりです。
家庭菜園で食べるには、シイタケのように、長期間、少しづつ出てきてくれる方が良いのですが。

一番発生の早かったものは、既に大きくなってます。
DSCN9159_convert_20171031231659.jpg

こちらは、いわゆる、市販品のナメコと、同じくらいの大きさです。
表面に、ヌメがたくさん。
DSCN9161_convert_20171031231720.jpg

こちらは、発生してすぐの、まだ小さなものです。
DSCN9162_convert_20171031231740.jpg


脱穀

はざ掛けして、干していた稲から、脱穀しました。

脱穀は手作業で、手で、ビニール袋の中にこそぎ落としました。

大した量ではないと思っていましたが、結構、時間がかかりました。

穂の高さが一定していないので、上にあったり、下にあったりで、手間取ります。
穂の高さが一定になるように育てられれば、作業が楽なのでしょうが・・・。

脱穀した籾です。
重量、4.4kg。思っていたより穫れました。
DSCN8982_convert_20171008222325.jpg

この中から、まず、来年用の種籾を確保したいと思います。

そして、残りを、籾摺りの予定です。

ただし、籾摺りが一番大変そうです。

農家さんは、機械に入れればすぐできるよ、と言いますが、
機械が無い、手作業は、かなり大変そうです。

籾摺りも大変そうですが、
籾摺り、風選後、摺れてない籾と、玄米を分けるのが大変そう。

あまりに大変だったら、籾のまま、ペットの餌にしようと思います。
籾のままでも、ニワトリは、筋胃ですり潰して食べれるそうですし、
モルモットはしっかり噛んで、ハムスターはしっかり殻をむいて食べられそうなので。

脱穀後の、稲わら、これも利用できるかな。
モルモットに与えてみましたが、好きでは無さそうです。新鮮な葉っぱがたくさんある為か、見向きもしませんでした。
わらで、何か作れるか・・。



柿・収穫

蜂場には、蜂場の土地を購入する前から生えていた柿の木があります。

毎年、多くはありませんが実を付けます。
ということで、収穫しました。
DSCN8978_convert_20171006224154.jpg

高枝切りばさみだけでは届かない分は、さらに脚立に乗って獲りました。
上を向いての作業で大変です。

この柿、微妙に渋が入っています。
すごい渋柿では無いのですが、実の中に、渋の部分と、そうでない部分が混在しています。

ということで、渋を抜かないと食べられません。

焼酎で処理したいと思います。

一応、干し柿にしたいと言われた時の為に、枝を少し残して収穫しておきました。
ただし、私は、干し柿よりもそのまま食べた方が好きなので。


稲刈り

我が家の、発泡スチロール田んぼの、稲刈りをしました。

刈り取った稲は、はざ掛けして、干します。

稲を干すのにちょうど良い、ブランコに干しました。
DSCN8838_convert_20170910183853.jpg

出穂が遅かった一部を除き、稲刈り終了。
残った分は、来週刈り取ろうと思います。


落花生頂きました。梨も

落花生を頂きました。

近所の方から、落花生を頂きました。

実が、非常に大きいです。
おおまさり、という品種のようです。
DSCN8772_convert_20170907230233.jpg


そして、梨も頂きました。
みずみずしくて、美味しいです。
DSCN8770_convert_20170907230207.jpg

FC2Ad