山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

アカエイ

近所の釣り好きな方から電話があり、15kg位のアカエイ欲しい?と電話があり、もらうことにしました。
ニワトリの餌にどう?ということでしたが、人間が食べれるところは食べようと思います。

アカエイを持ってきてもらいました。
ヒラメ釣りの外道でかかるとのことです。
実際はもっと大きいものも含め釣れたとのことですが、本来は途中で糸を切って逃がしてしまうそうです。
私が欲しいと言ったので、わざわざ引き上げてくれたとのことです。

流し台のシンクにいっぱいです。
尾の毒針は、取ってくれていました。
DSCN3766_convert_20151208234234.jpg

両側の身と肝臓だけ人用に取り、残りは細かく切って鶏用に。
ヌメリと血は洗い流します。

細かく切るのにかなり時間がかかりました。
胃の内容物の中にサビキの釣り針が入っていました。釣り人が釣った魚を奪い取った過去があるのかな。
細かくした身は水気を切ってから、とりあえず米ぬかをまぶしておきました。
明日、さらに米ぬかと、発酵種として発酵済みの木屑を加えて、発酵させようと思います。

我が家の鶏は、普段は動物性たんぱく質が少な目の給餌なのですが、これで動物性タンパクが多量になります。
あるものを、ある時に与える方針なので、これも良いかなと。


こちらは人用の分です。
左から、肉、エイヒレ、肝です。
DSCN3768_convert_20151208234249.jpg

肝はアン肝や、カワハギの肝と同様、フォアグラのような感じです。
生のまま保存するのも・・・と思ったので、一度茹でました。
ただし、かなり柔らかく、トロトロに。
茹で汁にも多量の肝の油が浮いています。
油ののった肝は美味しいのですが、これだけ量があると、見るからにしつこいです。
この手のものは少量食べるからおいしいのであって、ボールに山盛り一杯あっても・・・重いです。

肉はまだ食べていません。
エイやサメは、肉にアンモニア臭がすると言いますが、どうなのでしょう?
美味しく無かったら、全部ニワトリにあげます。

発酵飼料では、アンモニアは、発酵過程で、菌体タンパクの原料として使われ、タンパク質に再合成されると思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamanakayoho.blog.fc2.com/tb.php/776-e5abd3c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad