山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

ミツバチの自然巣

蜂場の近くのツゲの木の近くで、ミツバチが群がって飛んでいました。
分蜂?と思い近づいて見ると、ミツバチの自然巣が出来ていました。

ミツバチは普通、閉鎖空間に造巣しますが、解放空間に作ることも時々あるようです。
DSCN0757_convert_20150824202343.jpg

開けた場所にある巣なので、オオスズメバチに狙われ放題で、数匹に襲撃され蜂が興奮して巣の周りを飛んでいたようです。
オオスズメバチを、ハエタタキで叩き落としてから、ノコギリで枝を切って巣を取りました。

オオスズメバチの襲撃の為か、働き蜂が少ないです。
また、貯蜜も非常に少なく、とても巣が軽いです。

まずは、女王蜂探し。
女王蜂を見付けないと、群を捕獲したことにはなりません。
見付けた女王蜂は、隔王籠に入れました。
DSCN0774_convert_20150824202401.jpg

自然巣と、カゴに入れたままの女王蜂を巣箱に入れ、自然巣があった場所の近くに置き、働き蜂を回収。
その後、管理しやすい場所へ移動しました。

働き蜂が少ないので、群が維持できるか分かりませんが、こんな立派な自然巣は見たことが無い(自然巣では管理ができないので、そもそも作らせないから見れる訳がない)ので、とりあえず、このままとっておこうと思います。
蜂児がいると保存できないので、新たに卵を産ませないように隔王した上で、出房までの期間、このまま待ちます。
働き蜂が少ないので、無事に幼虫が育つかどうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamanakayoho.blog.fc2.com/tb.php/672-ce87be12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad