山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

イワシ拾い

今日は、海へ、海水汲みを兼ねて、磯採集に行きました。

採集が終了し、海水を汲もうと漁港に立ち寄ると、イワシの群れが岸に打ちあがっている真っ最中でした。
沖で捕食者に追われ、パニックとなり、岸に打ち上げられたのだと思います。
岸近くに寄ったイワシの群れを網で追って捕っても、群れが沖には逃げません。沖には捕食者がいるのでしょうか?

ほんの30分程の出来事でした。地元の人と共に、イワシ拾いをしました。
この時期は、たまにこういうことがあるそうです。この漁港では、今年初と言っていました。

岸に打ち上がったイワシと、パニックで死んだと思われるイワシです。
カメラを忘れたため、携帯電話のカメラで撮影しました。
PAP_0000_convert_20150420211232.jpg

拾って帰ったイワシです。種類はカタクチイワシです。重量16.5kg。
DSCN2059_convert_20150420210410.jpg

頭と内臓を取って、水洗い作業中。
DSCN2069_convert_20150420210431.jpg

処理後の身です。1回で使用する分に分けて冷凍庫へ。
DSCN2073_convert_20150420210449.jpg

頭と内臓は、水切り後袋に入れ、袋の口をシールして、凍結後割れる位に薄くのばして冷凍庫へ。
ニワトリの餌にします。
DSCN2076_convert_20150420210510.jpg

夕飯は、このカタクチイワシのフライを食べました。
身も柔らかく、背骨も全く気にならない位柔らかく、美味しく頂けました。
しばらくは魚の購入は不要です、というか、我が家は肉(イノシシ)が多く、魚を食べるのは少ないので、魚が食べれてうれしいです。

魚が新鮮な為か、処理している間も全く生臭くありませんでした。
ニワトリの餌用の頭、内臓も、生臭くありません。
ただし、茶々丸(猫)が欲しがって寄ってきます。

数が多いだけに、処理に時間を要しますが、魚の処理はイノシシと比べてはるかに楽で良いです。
捨てるところがほとんど無く、廃棄率も低いですし。

磯採集の方も色々捕れ、水槽を新たに1本設置し飼育しています。
こちらの紹介は次の機会に。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamanakayoho.blog.fc2.com/tb.php/546-da235135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad