山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

ミツユビハコガメの産卵

ミツユビハコガメが産卵しました。

ミツユビハコガメというのは、北米原産の陸棲の亀です。
店主は、小さい頃から生き物が好きで、この亀の飼育を開始したのも既に20年以上前のことです。

ちなみに、
山中養蜂のホームページに載せてある山中養蜂のメールアドレスのmituhakoは、このミツユビハコガメを略したものです。
養蜂とは全く関係がありません。

何を隠そう、養蜂よりも爬虫類(亀)飼育の方がはるかに経験が長いのです。
以前は、動物取り扱い業の業者登録をして、ブリーダーとして販売も少ししていました。
(爬虫類、鳥類、哺乳類の販売は、登録業者でないと行えないことになっています)。

ミツユビハコガメの卵です。
4個産卵されていました。
P1050932_convert_20140623211540.jpg
P1050935_convert_20140623211736.jpg

このままにしておくと、孵化した小亀が親に食べられてしまうため、孵卵器に移しました。
孵卵器といっても、プランターに土を入れただけです。
以前は、いろいろな孵卵器を自作しましたが、どれもいまいちでした。
はっきり言って、自然に任せて放置するのが一番結果が良かったです。手間もかかりませんし。

爬虫類の卵は、鳥の卵のようにカラザが無いので、転卵すると、胚が卵黄につぶされて死んでしまいます。
その為、上下を入れ替えないように、そっと移します。
上下が分からなくならないように、鉛筆で印を付けたりするのですが、今回は面倒だったので付けませんでした。
P1050938_convert_20140623211919.jpg

上から土と、乾燥防止の腐葉土をかけ、直射日光の当たらない、雨の当たるところにプランターを置きました。
P1050939_convert_20140623212104.jpg

孵化までの約2ヶ月間、このまま何もせず放置します。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamanakayoho.blog.fc2.com/tb.php/247-58a9dd00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad