山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

ミツバチの巣箱の中は春です

今日は、日差しも暖かく、風も少なく、ミツバチもたくさん飛び交っていたので、内検(ミツバチの巣箱の中を見ることです)しました。

全群、既に産卵開始しており、群によっては若蜂が出房(さなぎから成虫になることです)していました。
産卵から若蜂になるまでの期間は3週間なので、逆算すると2月頭には産卵が始まっていたことになります。
大雪が降って、雪が積もっていた間も、ミツバチは既に春であると認識し、産卵・育児を進めていたことになります。

産卵・育児開始で、花粉、蜜を急速に消費していくので、給餌しました。

この前作った代用花粉を与えます。
乾燥すると食べなくなるので、ビニルを一部だけはがして与えます。巣枠の上に伏せる形で置きます。
IMG_1714_convert_20140225203435.jpg

また、砂糖水も給餌しました。
これらを食べて増勢(働き蜂を増やすことです)を進めます。

給餌した影響もあり、ミツバチの活性が上がり、さらに飛び交っていました。
巣箱の様子です。
IMG_1720_convert_20140225203532.jpg

貯蜜枠(蜂蜜が溜まっている巣枠です)の蜂蜜を、必死に吸っている様子です。
IMG_1722_convert_20140225203822.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamanakayoho.blog.fc2.com/tb.php/126-25b1d180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad