山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

電柵・本器清掃

最近、電気柵の調子が悪いです。

以前、電源のACアダプターの調子が悪く交換したのですが、
1週間程経って、また、電柵の発振音がしていないのに気付き、ACアダプターの出力をテスターで測ると、また出力が無い。

仕方がないので、ACアダプター交換と、そんなのを、かれこれ、3回程繰り返しました。

さすがに、これだけ繰り返せば、ACアダプター側では無く、電柵本器側に、ACアダプターを壊している原因があるのだと思います。

電柵を設置したのがいつか、覚えてませんが、既に、5年以上は経っているとは思います。
その間、最近壊れるまでは、ACアダプターの故障も含め、不具合は全くありませんでした。

ということは、最近、何かが壊れた?電柵の高圧が、アダプター側に流れて、破壊してる?
ということで、開けてみました。

まずは、基盤の銅板が一部錆びてました。
とりあえず、歯ブラシで磨いてきれいに。
DSCN7200_convert_20170416231732.jpg

躯体側も、水洗いして、拭き取り。
虫の死骸や、フン、その他もろもろ付着していて、かなり汚れてました。
そもそも、以前、本器を見た時、隙間でテントウムシがわんさか越冬してましたから。
DSCN7201_convert_20170416231801.jpg

本器はこんな感じです。
DSCN7207_convert_20170416231815.jpg

ACアダプターを替えて、本器に通電確認したら、しっかり発信しました。ボルトメーターで出力電圧も確認。

これで壊れ無くなれば良いのですが・・・。

ちなみに、壊れたACアダプターも蓋を開けて見ましたが、何が壊れているのかは全く分からず。
入力の交流100Vはあって、最終出力の電圧は全く無い。何が壊れたのでしょう?この辺が追及できれば、本器の異常要因も分かるのでしょうが、私にはその能力は無く・・・・。

直らなかったら、本器を購入しないと駄目かな。

タケノコの時期となり、イノシシが蜂場に来ていないのが救いです。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamanakayoho.blog.fc2.com/tb.php/1239-39efc6a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad