山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

交尾箱

交尾箱に蜂を入れました。

交尾箱というのは、女王蜂を作るときに使う、小さな巣箱です。

この時期に、新しい女王蜂を、わざわざ交尾箱で作る必要はないのですが、
ご来店されたお客様が、ミツバチを見たいと言われた際、交尾箱は極めて小さな群なので、おとなしく、お見せし易いのです。

冬の間、見学用に駐車場脇に置いていた群は、春の増勢で勢いづいて、あと2週間もしたら、継箱が上がってしまいそうです。
枚数の少ない小さな群を置いていたのですが・・・、良いことなのですが、どんどん蜂が増えてます。
強い群は、気が荒いので、ここにずっと置いておく訳にはいかないなぁと思っています。

という訳で、交尾箱の出番です。
寒い間は、小さな群では群が成り立たないので、小さな巣箱は置けませんが、そろそろOKかなと。

交尾箱に、蜂を入れたところです。
入れたすぐなので、蜂が浮いてます。
女王蜂は、まだ、籠の中。
DSCN7149_convert_20170413222927.jpg

王籠内の女王蜂。
女王蜂に惹かれて、たくさんの働き蜂が付いています。
籠の中に、女王蜂が少し見えるのですが・・・、この写真で女王蜂が分かったら、かなり養蜂に詳しい方だと思います。
ミツバチを飼ったことがある人でないと、分からないかも。
DSCN7152_convert_20170413222941.jpg

王籠から巣箱へ、女王蜂を放しました。
巣枠の隙間に入って行ったので、一安心して写真を撮っていたら、女王蜂が現れて少しびっくり。
まだ、落ち着いていないので、歩き回っている際に、巣枠の上に出てきてしまったようです。
その時の写真。左下の蜂が女王蜂。
DSCN7153_convert_20170413222957.jpg

巣箱を入れ替えたりすると、群の蜂が迷わないように、巣箱にいる蜂が集合フェロモンを出して、仲間を呼びます。
中央の蜂、お尻を上げて、羽ばたいているのですが、分かりますか。
DSCN7156_convert_20170413223015.jpg

この交尾箱に入れた女王蜂は、未交尾女王です。
交尾飛行に行って、問題が無ければ、近い内に産卵を開始します。



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/04/16(日) 13:55:17 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/04/16(日) 13:56:39 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamanakayoho.blog.fc2.com/tb.php/1235-f886e780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad