山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

ミツロウ

昨日、直売所で、「安心安全ミツロウ」が完売してしまったので、準備しました。

当店では、ミツロウは、延べ棒の形で保管しております。
この延べ棒は、蜜蓋のみを材料にして、太陽熱で溶かして、ミツロウを固めたものです。
その為、はちみつも付着していますし、巣クズも付いています。
その為、それらを除去してから販売しています。


ただし、当店のミツロウは、自然のままにできるだけしたいので、精製作業をほとんどしません。

当店の行っている精製作業は、下記の行程のみです。

1、まずは、少量の水と共に加熱し、ミツロウの延べ棒を融かします。

2、それを、濾紙に通して、大きなゴミを除去します。

3、静置して、ミツロウを固化させ、下に溜まった水を捨てます。
  残っていたはちみつは、水に溶けているので、これで、はちみつが除去されます。

4、固化しているミツロウを再度加熱、融解し、静置して、沈殿したカスを除去します。

5、ミツロウを、シリコン型に入れ、固めます。


このように、当店のミツロウは、水での精製を1回のみ、それも、少量の水で行うだけです。

その為、水溶性の色素も、たくさん残っていて、色も鮮やかです。

精製が少ないので、不純物が多いとも言えますが、それこそが、自然のままのミツロウだと思います。


たくさんは作れないので、貴重なミツロウです。
DSCN7104_convert_20170409235957.jpg

ハンドクリームの材料に最適です。

ただし、自然のままの成分がたくさん残っているので、肌に合わない場合は、使用を中止して下さい。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamanakayoho.blog.fc2.com/tb.php/1231-b027f8dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad