山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

イノシシ解体中

昨日、腹出しして、一晩外気で冷やしていたイノシシは、欲しい方がいたのでそのまま差し上げました。

また、蜂場の方の3頭の内1頭も差し上げ、2頭だけを解体することに。

狩猟される方は、大きなイノシシが良いといわれることが多いようですが、
常時イノシシ肉を食べている我が家では、小さなイノシシの方が良いです。

小さい方が、
運ぶのが楽、
解体で吊るすのが楽、
肉は柔らかい、
脂が少ない

イノシシは脂が美味しいといいますが、たまに食べるならそうかもしれませんが、
いつも食べるなら脂が少ない方が良いです。
脂身が多いともたれます。

イノシシ肉は固いといわれますが、それは大きなイノシシだから。

豚は、生まれてから半年ほどで肉として出荷されます。
食肉用のニワトリ、ブロイラーなら生まれてから出荷されるまで、2~3か月。
ブタや、食肉用のニワトリの肉は、ものすごい若い個体の肉なのです。

イノシシだって、若い個体の肉は柔らかい。
逆に、ニワトリだって、採卵鶏の廃鶏のように歳をとれば身は固くなる。

20kg以下だと、さすがに肉が少な過ぎですが、
20~40kg位のイノシシが良いです。
大きな見栄えの良い肉は取れませんが、味、食感は、この位が1番と思っています。

ということで、腹出し、皮剥ぎ、背割りまでやりました。

一晩このまま寒風にさらし、明日、骨抜きしたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamanakayoho.blog.fc2.com/tb.php/1186-935763cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad