山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

イノシシ獲れたにゃ

昨日、イノシシが獲れました。

最近は、米ぬかの在庫が少なく、ニワトリの餌との併用なので、箱罠への餌撒きが滞ていましたが、
イノシシによる蜂場の掘り返しが酷い為、耐え切れず、餌を撒きました。

撒いて2日目の昨日、獲れました。
普通はこんなにすぐは、かからないです。

普段は1日でさばいてしまうのですが、冷やして脂を固めた方が皮はぎが楽だと聞き、試してみました。

まずは、吊るします。
この位の大きさになると、吊るすのも重くて大変です。
ロープを万力結びにして、上げました。
一晩つるしておくので、この段階で毛皮を水できれいに洗い流しました。
DSCN6553_convert_20170128002940.jpg

内臓を出して、頭を取って、洗浄。
ちなみに、今回のイノシシはメスです。
このまま一晩寒風にさらして冷やします。
DSCN6556_convert_20170128003209.jpg

翌日の今日、皮むきしてから、背割り。
皮を剥くと、イノシシから肉に変わります。
確かに、脂が固まった方が、皮むきは楽でした。
ただし、大変な作業であることは変わらず。
DSCN6559_convert_20170128003028.jpg

そして、この後、骨抜きして、小分けして冷凍しました。

骨抜きをしていると、我が家の猫、茶々丸が登場。
茶々丸は離乳食がイノシシ挽き肉だった為か、イノシシ肉が大好きです。

肩甲骨にかぶりつく茶々丸。
骨がバキバキ鳴ってます。
DSCN6561_convert_20170128003011.jpg

野生の顔になってかぶりつきます。
DSCN6575_convert_20170128003043.jpg

猫はイノシシ肉を生で食べて良いのかな?と一抹の不安を感じながら、食べてしまったから仕方ないということで、夕飯に端肉をあげました。
食後、満足そうに寝る茶々丸。
普段、キャットフードだと、明らかにその後も何か食べたそうにしていますが、イノシシ肉を食べたら満足したようです。
DSCN6589_convert_20170128003100.jpg

猫は、肉食獣であり、屋外放飼の猫なら、ネズミ等も普通に食べてるでしょうから、イノシシを生で食べても平気でしょう、多分。
ちなみに、普段は、イノ肉は茹でてから与えています。
寄生虫の心配があるので、人間が食べる場合は、必ず十分に火を通してから食べましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamanakayoho.blog.fc2.com/tb.php/1167-e8c19e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad