山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

2016年の成績

2016年度分の経理処理が終了しました。

青色申告書の作成は既に終わっていたので、各数字を見ながら、確認をしました。

損益計算書の数字の、月別、年計の、前年比、前年差を見て、差異要因を確認していきます。

差異イコール、対前年改善または悪化項目であり、また、説明が付かない差異は入力漏れの可能性があります。

案の定、差異確認の中で、未入力経費を見付けました。
軽トラの軽自動車税の入力が漏れていた。確認は重要です。


決算処理は、1年間の成績表を自分で付けている感じです。
特に差異分析をしていると、良い、悪いがはっきりしてきます。

売り上げは、対前年37%アップ。これは文句なしです。
内容を見てみると、通信販売、委託販売、ふるさと納税でアップしています。
ただし、館山直売所の売り上げは横ばい。新規のお客様の獲得が出来てないのかな。

また、ミツバチ販売もアップ。昨年は種蜂購入希望者が多く、販売群数制限もしたからなぁ。
当店のミツバチは、他の所で購入したものより蜂の増えが格段に違うとのお褒めの言葉も頂きました。

一方、はちみつの収量は、18%ダウン。
夏の天候不順の影響も有り、収量は減りました。
また、ミツバチ購入希望者が多く、少々ミツバチを売りすぎたかなとも思います。

今年は、ミツバチ販売はセーブして、はちみつをたくさん採らないと。
売上が上がって、収量が減ると、欠品の可能性が出るので、今年は頑張ろうと思います。
ただし、収量の増減の要因は、天候がほとんどなので、祈るしかないのですが・・・。


支出の方では、
経費は、対前年16%ダウン。
巣箱、巣枠等の養蜂具もほとんど全て自分で組み立て、
カタログ等の販促品も全て手作り、
はちみつラベルから、ホームページの作成、更新も全て自分で、
というように、全ての作業を内製化している影響で経費が下がっていると思います。
ただし、一人作業による限界もあるので、一部委託は考えた方が良いかな。


昨年は、売上、経費共に、目標以上の改善が見られたので、
今年の目標は、本業のミツバチの世話をしっかりして、収量を確保することです。
養蜂家は、はちみつを採らないと始まりませんから。

良い、本物のはちみつを作って販売していれば、
お客様は分かって下さると感じています。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamanakayoho.blog.fc2.com/tb.php/1164-dd307ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad