山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

タイヤ交換

軽トラ、キャリイのタイヤ交換をしました。

当方、タイヤのローテーションが面倒なので、前輪のタイヤが摩耗したら、後輪のタイヤを前輪に移し、外した前輪のタイヤを新品と交換し、新品のタイヤを後輪に付けます。
タイヤは、前輪は減りが早いですが、後輪はあまり減りません。その為、前輪で使い切ったら、2本ずつ新品にしています。

交換するタイヤをジャッキアップして外します。
3DSCN5994.jpg

山道を走っている為、泥がこびりついています。
外したら、まずは水洗い。

そして、エアを抜いたら、ビートを落とします。
タイヤ交換で一番大変なのがこの、ビート落とし。

こんな感じで落としました。
テコの原理を利用して押します。
3DSCN5996.jpg

始め、垂木止めクランプで木を留めてやってみましたが、クランプの鉄板が曲がってしまって駄目。
以前やっていたように、木に貫通穴を開けて、単管パイプに留めました。
ただ、ホールソーの刃が摩耗していて、この穴あけにてこずりました。ホールソーの新品買わないと。ホールソーは何かとよく使うので・・。

ビートが落ちたら、タイヤをホイールから外します。
自転車のタイヤとやることは同じ感じ。タイヤが大きいだけです。
交互に鉄のレバーを差し込み、外します。
3DSCN5998.jpg

外れました。
3DSCN5999.jpg

エアバルブも交換するので、外しました。これは切って取ってしまいます。容易には抜けないので。

そして、ホイールを再度水洗い。


取り外しが終わったので、今度は組み付けです。

まずは、エアバルブを付けます。
前に買ったインサーターを持っていたので、それで付けました。
内側から差し込み、引き上げます。
3DSCN6001.jpg

ちなみに、このエアバルブ、以前はホームセンターで購入してましたが、近くのホームセンターでは売っておらず、カーショップで購入しました。ちなみに、カーショップでも陳列棚には無く、店員さんに聞いたら、整備のバックヤードから持ってきてくれました。


そして、タイヤの取り付けです。

タイヤを入れる前に、ホイールの内側に石鹸を塗っておきます。ビートの馴染みを良くする為です。

外す時と同様、鉄レバーで入れます。
コツは、はめ込む側と逆側を押し下げ、ホイールの中央の窪みに落としておくこと。そうしないと入りません。
はめ込み完了。
3DSCN6002.jpg

ちなみに、タイヤの黄色いマーク=軽量点と、エアバルブの位置を合わせておきます。
ウェイトバランスのずれを、小さくする為です。

以前は、この後、タイヤを軸にはめて、回して、ウェイトバランスを取る為おもりを付けたりもしましたが、今回はやりません。
こんな、泥がこびり付くタイヤのウェイトバランスをとっても意味が無いです。
それに、面倒な作業であるのに、手動と感覚でウェイト調整しても、どれだけ合っているか分からない。
高速運転で、タイヤがぶれるようなら、考えたいと思います。

そして、空気を入れてビートを上げます。
どんどん空気を入れていくと、ボン、といって上がります。いつ上がるか分からないので、知っていてもビクッとします。

ビートが上がったら、圧力ゲージで、エア圧を確認調整します。
悪路走行が多いので、低めで調整。
3DSCN6003.jpg

もう1個のタイヤも、同様に交換。
途中、雨が降ってきましたが、学校から帰ってきた次女に手伝ってもらいながら、終わらせました。
2個目は要領が良くなり、早く終わりました。

ビート落とし用に穴を開けた木は、タイヤ交換用にとっておこうと思います。
穴あけ工具が駄目だったので、今回はこれを作るのに一番時間をとられました。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamanakayoho.blog.fc2.com/tb.php/1127-5bc56d37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad