FC2ブログ

山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

ハゼノキ・開花

ハゼノキが開花しました。

DSCN6203_convert_20200530235543.jpg

そして、イボタノキも開花しました。


ウツギの花も開花中の中、

ハゼノキが開花。

そして、イボタノキも開花。


これらの、メインの蜜源となる花の開花が重なると、採蜜量が減る傾向にあります。

ミツバチの集蜜能力には限界がある為、ダラダラと開花が続いてくれた方が、トータルの集蜜量は増えるからです。

同時に咲くと、一気に開花、一気に終了となり、集蜜期間が短くなります。

さらに、この後の天気も不安が。


今年は、不安要素が多く、はちみつがどれだけ採れるか・・・・。


スポンサーサイト



三段群

ようやく、三段群になりました。

巣箱1段、継箱2段で、合わせて3段です。

DSCN6124_convert_20200528002557.jpg

今年は、ミツバチの増えが悪く、3段群にまで増えているのは、一部の群です。

増えの悪い原因は、ミツバチヘギイタダニ、ミツバチに寄生するダニです。

今年は、春からダニが多いです。


ダニが増えると、強い群ほど、早期にダメになるので、

7~8月のはちみつの採蜜まで群が持つか、

また、5~6月の採蜜までに、採蜜群が立ち上がるか、

心配です。


ウツギの開花により、黄色い花粉で巣門が少し黄色になってきました。

DSCN6119_convert_20200528002541.jpg




花粉は入ってます

天気が良いと思って出かけたのですが、

ミツバチの内検を始めると、雨。

という感じで、すっきり晴れてくれません。



ミツバチの方も、花粉は運んでいて、

ウツギが咲いていることもあり、巣門が少し、花粉で黄色に色づいてきました。

しかし、蜜の入りは、いまいちのようです。


雨で面布が濡れ、湿度が高く、不快な内検です。


蜂場は山の中にある為か、

蜂場に近付くと、天気が悪くなる気がします。

霧がかかるというか、雲が近いというか、

標高が高い訳では無いのですけどね。



イノシシ罠設置

前回イノシシ捕獲後、

良い設置場所が無く、補修して、そのままになっていたくくり罠ですが、

設置場所が見つかったので、仕掛けてきました。


既に1個仕掛けてある獣道なのですが、

イノシシが通ったらしく、踏んでいましたが、空はじきしてました。


ということで、同じ獣道の、10メートルくらい先に、もう1個仕掛けてきました。

長女と一緒に仕掛けに行きました。

最近、かみさんと、長女が、罠を見に行ってくれているので、場所確認を兼ねてです。


ブログに仕掛けた日を書いておくと、後で確認できるので便利です。

役所に届ける、捕獲票には、罠の設置日を書く項目があるので。

設置した日なんて、覚えてないです。仕掛けてすぐかかる訳では無いですから。


曇天・内検

曇天での内検が続いています。

こんな天気のミツバチの世話は、・・・、辛いです。


外に仕事に出ているミツバチが少ないので、巣箱の中は蜂でいっぱい。

ぎっちり蜂が付いていて、巣枠は良く見えないし、蜂の機嫌も悪くなる。


日差しが無くて、涼しいのは楽なのですが、

小雨が降ってくると、記録表は濡れて書けなくなる。

面布も濡れて、だんだん不快に。

布が濡れると、蜂の針も通り易くなります。


ちなみに、面布を着ていると、小雨位だとすぐには気付きません。

布が厚いので、雨を感じません。


雨の日は、ミツバチも、ステイホーム。

養蜂家も、ステイホームといきたいですが、女王蜂を更新中の群も多く、

内検を先延ばしにできません。

天気が悪いのが1日位なら翌日にできるのですが、毎日だとやらない訳にはいかず。



花は咲いているが・・・

ウツギの花が咲き出しました。

DSCN6072_convert_20200520225808.jpg

しかし、気温も低く、日差しもほとんど無く、

蜜が入ってきません。

花粉はしっかり運んでいるのですが。

天気の回復を祈ります。


4~5月のはちみつ・販売開始

4~5月のはちみつの販売を開始しました。

販売開始時期の、多数のお問い合わせを頂き、そんな中、なかなか再開できず、申し訳ありませんでした。


桜の花がメインのはちみつです。

良いはちみつは採れたのですが、

今年の4~5月のはちみつは、昨年の半分程度しか採れませんでした。


昨年の台風で、多数の桜の木が折れ、

この時期のはちみつがほとんど採れなかった蜂場もあり、


また、桜の開花が早く、しかし、他の花の開花は早くなかったため、

その間に貯まった蜜が減ってしまったり、


結果、少なくなってしまいました。


昨年の台風の影響が、まだあるようです。

この後のはちみつもどうなるか、少し、心配です。







道普請

地区の道普請がありました。

人が集合するのは減らすということで、

朝の地区全体の集合は中止となり、

組ごとに集合、実施となりました。

実施内容は、いつも通り、草刈りや、道路に張り出した木の枝切りでした。

そして、道普請後の、慰労会は中止。


館山直売所は、日曜日なので、いつもどおり通常営業しました。

本日は、先週までと異なり、地元以外のナンバー、県外ナンバーの車が増えたようです。

そのおかげか、売り上げは、先週までより少し増えました。


子供の学校

緊急事態宣言が解除された県も多いですが、千葉県はまだ継続です。

そんな中ですが、今週は、子供の登校が少しありました。


三女の小学校は、分散登校という形で実施。

週2回、半日なので、正常にはほど遠いですが、少し再開です。

分散登校は、各クラスを半分に分けて、別の日に登校としていますが、元の人数が既に少ないので、全員登校させても他校の分散登校の人数よりも少ないと思います。分散登校が必要なのか?

まあ、他校と同様、横並びということなのでしょう。


次女の中学校も、大まかに見れば、小学校と同様の分散登校です。

小中学校は、市の教育委員会の管轄なので、同様の指示、同様の対応なのだと思います。

先日、PTAの関係で市の教育委員会の方と話した際、少しずつ再開したいと言っていたので、その方向で進めているのだと思います。


長女の高校も、今週登校日がありましたが、こちらの方は、小中学校と異なり、オンラインでの教育にシフトしている感じです。

授業再開まで待てないので、進められる方法で進めていくという感じのようです。

先日買ったパソコンが生かされています。


ちなみに、テレビでは、早く学校に行きたいという子供が報道されていたりしていますが、

我が家の子供は、休校を満喫しているようで、学校に行きたくない訳では無いようですが、行かなくても良いようです。

まあ、都会と違い、家から出て庭で遊んでも、散歩をしても、人とは会わず問題無いので、自由が多いのでしょうが。




自然分蜂群・結果

先日の自然分蜂群、内検の結果、分蜂の元群と思われる群が分かりました。

その前に、分蜂群ですが、内検したところ、入った直後で、既に10枚満群となってました。かなり大きな分蜂群だったようです。


そして、分蜂元群ですが、こちらは少々問題のある群でした。

女王蜂更新中に、新たな女王蜂が育たず女王蜂がいなくなってしまったので、卵のある巣枠を入れて新しい女王蜂を育てようとしていた群でした。

そして、再度出てきた女王蜂が、分蜂してしまったようです。

さらに問題なのは、この元群、また、女王蜂が残っていません。

再度、卵から育てるにしても、時間がかかりすぎて産卵働蜂になりそうです。というか、既になりかけています。


この群、10枚分の蜂が分蜂で抜けても、まだ、継箱が上がっている位蜂が残っています。

このような大きな群は、他から女王蜂を導入しようとしても、馴染まず、殺されてしまう場合が多いです。

という訳で、自群で新女王蜂を育てなければならないのですが、間に合うかどうか。


産卵働蜂=群の消滅に等しいので、何とかしたいと思いますが、

考え方を替えれば、分蜂が起こったことで、群の一部が、問題群から正常群にリセットされたともいえるので、良い方向に考えたいと思います。



箱罠・盗難?

市役所の有害駆除担当から、

「近隣の市で、箱罠の盗難が多発してるので注意してください。」と、

連絡がありました。


イノシシの箱罠の盗難って・・・・。

あの大きな、重いものを、盗む人がいるのか・・・。

コロナで騒がれているこのご時世、

まさか、遠くからわざわざ箱罠を盗みに来る人はいないでしょう。

さらに、誰もが使うようなものではなく、換金もできないでしょうから、

明らかに、関係者ですよね。

設置には資格も必要ですし。


わざわざ盗んで、費用対効果があるのだろうか。


それとも、金属を狙った、金属盗?材料鉄なので、大した金額にならないよなあ。


私の箱罠は、一応、盗まれていないようです。


有害駆除でも、一番の敵は動物ではなく、人間のようです。



自然分蜂

蜂場の軒先に置いてあった、空巣箱に、分蜂群が入りました。

蜂場に着くと、無数の蜂が、空巣箱の周りに付いていました。
DSCN6028_convert_20200513232611.jpg

巣箱の下も、蜂だらけです。
DSCN6029_convert_20200513232631.jpg

そして、巣門に、蜂がどんどん吸い込まれていきます。
DSCN6030_convert_20200513232648.jpg

養蜂管理は、自然分蜂が起きないようにするのが前提なので、

自然分蜂が起きたのは、作業の失敗なのですが、

どの群から分蜂したのか?

この蜂場は、明日内検予定なので、その際に原因を確認したいと思います。

王台の見過ごしか、

2王群テストの群からか。

いずれにしても、よそに行かずに、捕まえられて良かったです。