FC2ブログ

山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

灯油給湯器・修理

給湯器が壊れたので、修理しました。

数日前に修理し、その後、全くエラーが出なくなったので、直ったと判断しました。


エラー内容は、

給湯器の電源を入れると、点火動作に入り、燃焼ランプが点くが、数秒で消えてしまう。

これを、数回繰り返し、エラーナンバー120を表示して、止まってしまうという状況でした。

電源を切って、再度上の状況を繰り返すのを何度も続けると、その内、燃焼が継続できるようになり、とりあえず、使える。

一度、点火ができると、しばらく(熱いうち?)は、エラーが出ない。

早朝や、夜、気温が下がると、エラーが出やすくなる。というより、昼間、時々、エラーが出ない時があるが、それ以外は、まず、エラーが出る。寒いと、何度やってもエラーを繰り返す、という感じでした。


初めは、初期点火ができないエラーなのかと思いましたが、

エラー表示が出る時でも、水が少し温まるので、

初期点火不良では無く、点火したのに、着火確認ができず、

安全装置作動で、燃焼を中止していると思われます。


ということで、バラしてみました。

本体カバーを開けると、こんな感じです。
DSCN5377_convert_20200128220857.jpg

バーナー部は、ここの中央です。
DSCN5370_convert_20200128220820.jpg

ここです。
DSCN5376_convert_20200128220842.jpg

バーナー部を、引き出してみました。
DSCN5366_convert_20200128220713.jpg

かなり汚れてます。
DSCN5367_convert_20200128220730.jpg

燃焼筒を外しました。

中央から灯油を噴射して、左のロッド間のスパークで点火し、その火を右側のセンサーで検知しているようです。
DSCN5368_convert_20200128220747.jpg

センサーは汚れておらず、また、センサー自体の故障なら、何度繰り返してもエラーが出続けると思われるので、センサーは問題ないと考えました。

スパークロッドは汚れていたので清掃しました。灯油の配管を外して、電源を入れて、スパーク確認したところ、正常にスパークしました。

中央の、灯油の噴出口は、拭いてもきれいにならなかったので、スパークロッドとセンサーを外してから、ガスバーナーであぶって、汚れを焼きました。

センサー外す際、取り付けネジが緩んでいるのに気付きました。これが、エラーの一因の可能性あり。


燃焼筒も、ガスバーナーで焼きました。
DSCN5369_convert_20200128220805.jpg


外したのを組み上げて、完了しました。


その後、3日間程様子をみていますが、エラーの発生は一度も無しです。

灯油の噴出口のに汚れが溜まって 吹き出しにむらが出来て、火炎が偏って、検出器で検出しにくくなったのかなと思います。

低温になると、燃焼しづらくなって、炎が小さくなって、センサーで感知しにくくなったと考えると、エラー状況と一致します。

センサー取り付けネジが緩んでいたので、センサー位置が微妙にずれて、小さい炎が感知しずらかったとも言えますが、構造上、そんなにずれ無さそうです。


原因はさておき、直りました。


灯油タンクの劣化が酷いので、こちらは、新しいのを発注しました。


スポンサーサイト



技術・家庭科・作品展

技術・家庭科・作品展というのがあり、

長女と、次女の作品が、展示されました。


長女は、技術、家庭科、両方で、

次女は、技術での展示でした。


長女の技術の作品は、

ミツバチの形の鋳物。

技術で、鋳物なんて作るんですね。私が中学の時は、やりませんでした。

作品名が、「山中養蜂」なのは、親への気遣いでしょうか。

DSCN5403_convert_20200127011634.jpg


長女の、家庭科の作品。

作品名「真夜中のPARTY」です。

フェルトで作ったサイコロの各面に、動物の1/4の絵があり、各面別の動物で、合わせ方を変えることで6種類の動物が現れるというものです。

受験生、こんな手間のかかるのを、チクチク縫う時間があったら、勉強した方が良いのではと思いますが・・・。

提出期限ぎりぎりになって、夜遅くまで縫ってました。時間を考えて、適当な作品にするのも、能力と思いますが・・・。

努力の甲斐あってか、作品カードの下に貼ってある黄色のシートは、金賞の印です。

DSCN5401_convert_20200127011617.jpg


次女の技術の作品は、これです。

作品名は、「いす」。 そのままの題名です。

DSCN5404_convert_20200127005636.jpg




お菓子・次女

次女がお菓子を作りました。

DSCN5412_convert_20200127005654.jpg

これ、「何というお菓子なの」と聞きましたが、

「知らない」とのことでした。

言いたくないのか、名前が無いのか、

良く分かりませんが、


レンジで作るカップケーキの生地でできたケーキを、

ホワイトチョコでコーティングして、

チョコのペンで絵を描いたもののようです。


1個、食べさせてもらいました。

生地は固めでしたが、チョコのコーティングには、硬めの生地が合うのかも。

バレンタインチョコの、試作品だったのかな。


くくり罠・支給

先日参加した、有害駆除協議会の中で、

使っていないくくり罠があるという話しがあり、

そしてその罠、

私が、イノシシ2頭獲れたらその報奨金で買うつもりだったものだったので、そんな話をその場でしたのですが、

そうしたら、何と、そのくくり罠3個、支給してもらえました。

くくり罠は慣れたものでないと危険なこともあり、使われずに保管されていたようです。


そのまま使える状態ではありませんが、部品を替えれば十分使えます。

というより、罠なんて、新品より、使い古しの方が、油のにおいが消えていて良いです。

DSCN5417_convert_20200127003827.jpg


この罠1台買うのに、イノシシ2頭の報奨金では少し足りないぐらいします。

3台ということは、6頭分以上です。

さらに、消耗部品も買ってくれるということで、至れり尽くせりです。


さっそく、修理しました。

DSCN5421_convert_20200127003844.jpg


天気が良くなったら、仕掛けに行こうかなと思います。


有害鳥獣対策協議会

昨年発足した、地区の、有害鳥獣対策協議会の総会に参加してきました。

入会はしていたのですが、PTAの会合と重なったりして、今までは出席しておらず、初の参加でした。


会の発足により、2年間限定で、補助金がもらえるそうで、くくり罠の貸与や、消耗品の購入をしてもらえるようです。

今までは、イノシシの捕獲の報奨金で罠や部品を買っていたので、支給してもらえるならば有難いです。


ちなみに私の昨年の捕獲実績は、イノシシ6頭で、報奨金が78000円、

しかし、罠や部品等の購入が12万円以上あり、大幅赤字でした。

くくり罠を何種類か試したり、くくり罠の部品を買ったりで、捕獲以上に購入してしましました。


私は、報奨金分もしっかり確定申告しており、

報奨金を残しておいても、そこから税金を引かれるだけなので、

報奨金分は使ってしまおうと思っていて、

普段は報奨金内で抑えているのですが、

試したいのがあったので少々買い過ぎました。


捕獲報奨金は、一時所得なので、経費は差し引けるのですが、

損失の繰り越しや、他所得との損益通算ができず、赤字分はそのままマイナスです。


最近、蜂場の近くのイノシシの掘り返しが酷いので、罠の設置を考えているのですが、

今年はまだイノシシが捕獲できていないので、保留となっています。

今年、初内検

新年になって初の、ミツバチの巣箱の内検をしました。


明日からは寒いようですが、今日1日は暖かいようなので、

館山の直売所裏の蜂場の、内検をしました。

館山蜂場は、日当たりが悪く、貯蜜の減りが早いのでその確認です。


内検の結果、

暖冬の為か、蜂児がたくさんいました。

例年、この時期は、産卵が止まっているか、

または、産んでいても少しなのが普通なのですが、

ほぼすべての群で、産卵があり、蜂児もいました。

それも、たくさんです。

本来なら、1か月後位に、この状態になる程の蜂児量です。

蜂児も多く、羽化して出房している新成蜂もいるので、成蜂量も多いです。


蜂児が多いのは、一見良いことのようですが、この時期に蜂児が多いと、

貯蜜の減りが早くなる、

寄生ダニが減りにくくなる、

急激な寒波で蜂児が死ぬと蜂が一気に減る、

等の弊害が考えられます。


ただし、初内検で、元気なミツバチの姿を見ると、やはり、ほっとします。


メインの山の蜂場も、暖かい日を選んで、内検を進めたいと思います。

いよいよ、今年の養蜂作業が、始動しました。



ちなみに、長女の私立受験の結果が出ました。

無事に合格。

まあ、私立は落ちないと思っていましたが。

これで、一安心とはなったので、是非、公立の方を頑張ってもらいたいと思います。



高校入試

長女の、私立高校の入試がありました。

公立第一志望の、併願私立ですが、初入試です。


と、親は心配しているのですが、子供はそれ程でもないのか、

先週木曜日までは、入試は18日(金曜日)と言っていたのですが、

前日の17日になって、入試は20日(月曜日)の間違いだったと。

推薦入試の日と、一般入試の日を間違えていたようです。


とりあえず、私立入試が終わり、本人はほっとしたようです。

結果は、1週間後。

公立入試は、1か月後で、勉強の日々はまだ続きます。



栄養成分表示

当店のはちみつを、置いてもらっているお店の方から、

3月末以降、「栄養成分表示をしないと販売できなくなります。」と連絡がありました。

平成27年4月1日に施行された、食品表示法の経過措置の期限が、平成32年(令和2年)3月31日までとなっており、

以降は、食品表示法に基づく栄養成分表示が必要なようです。


とはいっても、当店のような、零細養蜂家は、直売の場合は表示義務はありません。

ということで、気にしていなかったのですが、

当店のはちみつを販売して頂いているお店に表示義務がある場合、

そこで販売する当店のはちみつには、表示が必要ということです。


という訳で、表示シールを作成しようとしたところ、問題発生。

数値を引用しようと、文部科学省のホームページで、

日本食品標準成分表2015年版(七訂)で見た、はちみつの栄養成分の数字と、

同じく文部科学省が運用する、食品成分データベースの、はちみつの栄養成分の数字が異なっている。


これはどういうこと?

食品成分データベースは、日本食品標準成分表2015年版(七訂)を基にしたデータであると書いてあるのに。

ということで、文部科学省の担当に問い合わせました。


結果は、食品成分データベースの数字が正しいということでした。

2015年に七訂を公表後、2017年に追補として公表した数字がデータベースに反映されているということです。

それなら、2015年公表の七訂が最新だとせずに、追補分を改訂したのを、毎年出せば良いのではと思いましたが・・・、

七訂を本で購入した人はどうするの?という気もしますが・・・、

とりあえず、正しいという方の数字で、作成しました。


期限日までに、委託販売先のはちみつには、全て、栄養成分表示のシールを貼りたいと思います。

当店直売分はどうするか、

消費者庁では、表示を省略できる場合でも、表示をした方が望ましいと言っているようですが、

どうするか、検討中です。




冷たい雨

冷たい雨の1日でした。

直売所の、波板の屋根に当たる音が、雨の音とは違った時もあったので、

少し、みぞれ交じりの雨の時もあったようです。


こんな寒い中、加えて、冷たい雨の中、

お客さんは来ないだろうとは思いましたが、土曜日なので一応、開店。

予想に反し、少なかったですが、お客様のご来店がありました。

開けてて良かった。


あまりに寒いので、直売所奥の部屋で、普段は付けないストーブをつけながらの店番となりました。

その間、子供と、トランプをしていました。


蜂場の屋根の修理は終わり、すぐのタイミングでの雨。

今回の雨で、しっかり雨漏りが止まっているかの確認ができそうです。




屋根・修理完了

蜂場の建屋の、屋根の修理が、ようやく終わりました。
DSCN5362_convert_20200118010353.jpg


昨年9月の台風以来、ようやく雨漏りが無くなると思います。

完全に吹き飛んだ屋根に、

板を張って、ブルーシートを張って、仮復旧ということで、

今までずっと、そのままでした。


ブルーシートが張ってあったとはいえ、

雨が降ると雨漏りしてました。

屋根板はカビてしまっているところもあるので、雨漏りが止まったことで乾燥して、これ以上広がらないことを願います。


次は、吹き飛んでしまった壁板を張り直す予定です。

また、吹き飛んだ屋根が、隣地の耕作放棄田の竹林に落ちたままなので、これも拾わないと。

これが吹き飛んだ屋根板、
DSCN5358_convert_20200118010324.jpg

こちらが、波板です。
DSCN5359_convert_20200118010338.jpg

小さく見えますが、6m×4m位あるので、解体、移動共に大変そうです。

そもそも、放置された竹林の中なので、そこまで行くのが大変です。

竹林の中、倒れた竹だらけで歩けないですから。どうしようかなと考え中です。



在庫追加

山中養蜂の商品のネット販売ページである、

ショッピングカートと、ヤフーショップの、

在庫を追加しました。


商品が欠品していて、購入できない商品が多くなっていましたが、

現在、販売中の商品は、全て補充しました。


商品が実際に無かったのではなく、

ただの補充忘れです。

申し訳ありませんでした。





パソコン設定

実家のパソコンが、ウィンドウズ7で、新しいのに替えたいということで、パソコンを代理で購入しました。

そして、初期設定の為、ネットにつなごうとしたのですが・・・、

老眼で、ルーターの暗号キーが読めない。


タブレットをつないだ際は読めたのですが。

1年も経っていないはず。

ここ最近、老眼が進んでる気がします。


とりあえず、子供を呼んで、読み上げてもらいました。


今年の内検、

ミツバチの卵、幼虫が見えるのか、不安になってきました。


とりあえず、ワムシの培養の際に使用していた虫眼鏡を、

近くに置いておくことにしました。