FC2ブログ

山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

砂糖水・給餌

越冬の為の貯蜜を十分に持たせるため、砂糖水給餌をしました。

普段なら、軽トラで蜂場まで運ぶのですが、

台風15号、先日の大雨での道の崩落で、手押し台車で運んでいます。


1蜂場分で、今回運んだのが、およそ70kg。

運ぶだけで疲れます。

運ぶ際中、一度台車が転倒してしまいました。


平坦な道なら良いのですが、

当然、未舗装で、所々、イノシシの掘り返しもあります。

上り下りもあります。

ぬかるみも有り、枝や石も落ちているし、傾斜もあるし。



次の内検で、貯蜜量を確認し、不足群には、また与えようと思います。


今の時期は、蜂を密集させるため、巣枠を減らしていくので、

帰りは、抜いた空巣枠を台車に載せて持ち帰ります。


給餌後、道の補修の為、道に積もった土砂を土嚢に詰め、陥没箇所に置きました。

大変なので、1日、10個づつやることにしています。

少しずつでも、進めるということで。


帰り、軽トラが、道の上の泥で滑ってしまい、なかなか脱出できず。

前まで車を切り返していた所までは堆積した土砂で行けず、

坂をバックで下っていたところ、どうしても後輪が滑って、脱輪しそうになってしまう。

デフロックと、副変速機で、何とか上には戻れるのですが、

何度やっても、下る時に後輪が滑ってしまう。


このままでは、帰れなくなりそうなので、何とか道の膨らんだところで車を切り返し、

前進で下ってやっと脱出できました。






スポンサーサイト



運転免許・更新

運転免許の更新の為の、講習に行ってきました。

無事故、無違反のゴールド免許なので、30分の講習です。

引っ越し前は、警察署に行って、更新手続きをして、そのまま講習受けて、即日交付でしたが、

こちらでは、更新手続き後、後日講習で、その時、新免許証を交付されます。


警察署で更新手続きをしたのが、9/13でした。台風後で、すごく空いていました。

そして、案内された講習が、10/30。1か月半もたった後で忘れてしまいそうです。


講習の話で気になったのが、10/28現在、交通事故死亡者数が、千葉県がワースト1。

以下、北海道、愛知、神奈川と続くそうです。


自分が免許を取得したころは、神奈川、北海道、愛知で、ワースト1、2、3位を、いずれかの道県が順番を入れ替えながら、毎年争っていた気がしますが、いつの間にか、ここに、千葉県が食い込んできていたようです。

また、全国の死亡者数は、昨年より減っていて、このままいけば、年間3000人位になるかもと言っていました。

ちなみに、昨年は、3500人。

自分が免許を取得したころは、交通事故死亡者数1万人、自殺者2万人以上で、交通事故を気にする前に、精神の安定を気にした方が良いと聞いていた気がするので、

その頃より、交通事故死亡者数は、だいぶ減ってきているのだなあと思いました。


ただし、千葉県は現在ワースト1位、また、館山市は千葉県内でも、人口当たりの交通事故死傷者数が多いようなので、気を付けて運転しようと思います。









コクシジウム・治療

飼育中のニワトリが、コクシジウムを発症し、

薬を使わないで処置をしたところ、予想以上の効果があったので、記録を書きたいと思います。


まず、コクシジウム症というのは、腸の細胞に取り付く原虫により、起こる病気で、

血便が出て、元気がなくなり、そのまま放置すると、多量死につながる病気です。

ヒヨコや、成鶏前の幼鳥がかかり易いです。


様々な動物で、コクシジウム症は発症するようですが、種特異性があり、

鳥のコクシは鳥のみ、犬のコクシは犬のみ、猫のコクシは猫のみに感染します。

さらに、鳥コクシでも、原虫の種類によって、腸管内の寄生部位が異なるそうです。


そして、コクシジウム原虫の生活環も分かっていて、

腸管の細胞で増殖し、卵が糞と一緒に体外に排泄され、排出された直後は感染能力が無く、

環境中で数日経過し、感染能力を備えた卵が、鳥に経口摂取され、腸管にたどり着き、再感染を繰り返す、

という感じです。


ここで、注目すべきは、一度体外に排出されないと、再感染できない点です。

その為、平飼い(地面の上での飼育)に比べ、ケージ飼育をすると、

糞と一緒に排出された卵を、餌と共に摂取しにくくなるので、コクシの予防になります。


予防になるとは聞いたことがありましたが、

これこのまま、治療法になるのではと思い、試してみました。


10/17、飼育していたオスが1匹死亡。同じ小屋の他の4匹も少し元気がない。


10/18、残った4匹が餌を食べず。症状からコクシジウム症と判断。

そして、カゴ飼育開始。
DSCN4909_convert_20191029004258.jpg

首を下げて、コクシの典型的症状です。
DSCN4908_convert_20191029004239.jpg


10/23(カゴ飼育5日)、4羽とも、餌を食べ始めました。(写真は、10/24)
DSCN4968_convert_20191029004314.jpg


カゴ飼育1週間後には、4羽とも元気になり、見た目では全く正常な状態になりました。(写真は、10/26)
DSCN4991_convert_20191029004330.jpg

首を出して、葉っぱを食べています。
DSCN4999_convert_20191029004344.jpg


もう少し様子を見てから、平飼いに戻す予定です。

カゴ飼育中は、2日に1回位、カゴの底を水で流し、糞を洗い流しました。


普通は、サルファ剤を投与するそうですが、獣医の処方が必要らしいです。

ただし、こんな簡単に治るなら、薬はいらない気がします。(数羽飼育している位ならば)



魚の飼育でも、白点病治療で、薬を使わない、ベアタンクでの毎日換水法がありますが、

理屈としては、これと同じような方法です。


さらに・崩落

大雨の後、蜂場を確認に行くと、

蜂場に行く途中の道が、さらに崩落していました。

写真だと分かりにくいですが、写真下の部分が立っている足元で、上の部分が崩落して落ちてしまった斜面です。

崩落した場所の上から見下ろしています。

PAP_0234_convert_20191027023239.jpg

こちらの写真の方が分かり易いかもしれません。

PAP_0233_convert_20191027023222.jpg


一応、軽トラが、ぎりぎり通れるくらいの平坦な箇所は残っているのですが、

幅数cm位の亀裂がたくさん入っており、

平坦な箇所も、いつ崩落してもおかしくないような感じなので、車で通る勇気はありませんでした。


というわけで、この先、車で行けなくなってしまったのですが、

さらに、蜂場までの歩きが長くなってしまって。


越冬準備も辛くなってきました。



大雨・冠水

大雨で、館山直売所前の国道が、冠水しています。


直売所の駐車場脇の道路も冠水しています。

DSCN4969_convert_20191025115104.jpg


館山直売所出口も、水がいっぱい。

DSCN4970_convert_20191025115121.jpg

駐車場横のモルモット小屋は、わずかに高いため、水没は免れています。


直売所目の前の、国道脇の側溝も、水があふれ、歩道を水が流れています。

この水が被った歩道の下に、人の背丈ほどの側溝があるのですが、処理しきれずに水が上を流れています。

分厚い側溝のふたがあるので、落ちる心配はありませんが・・・。

DSCN4986_convert_20191025115207.jpg


そして、直売所側から、国道を挟んだ逆側へ水を流す、

国道の下を横断している水路の処理能力を超えた水が、

国道の上を越水して流れています。


直売所の西側の越水です。

DSCN4976_convert_20191025115134.jpg

車は通っていますが、かなり沈んでます。

この後、1台、動けない車が出て、レッカーで移動されるまでしばらく立ち往生してました。

DSCN4982_convert_20191025115150.jpg


直売所の東側の水路も、国道を越水してます。

DSCN4989_convert_20191025115244.jpg



館山の自宅でも、雨漏りが発生。

屋根板がめくれている部分から水が浸入しているようです。

雨が止んだら直さないと。






キイロスズメバチ・減った

天候の悪い日が多く、また、蜂場までの道も悪いため、ミツバチの世話が進んでいません。

この時期、ここまでミツバチの内検ができていないのは、初だと思います。

と、台風の悪影響ばかりなのですが、

台風によると思われる良い点が一つ。


キイロスズメバチが少ないです。

台風19号の後、倒木と共に落ちたと思われる、キイロスズメバチの巣を1個見つけましたが、

さすがに、強風で、巣が壊れてしまったものが多いのか、

また、巣が損傷したところを、オオスズメバチに襲われたりしたのかもしれません。



地中に巣を作る為、オオスズメバチは、巣が壊れなかったらしく、たくさんいますが、

オープンスペースに巣を作る、キイロスズメバチは、極端に数が減りました。


この時期、多い年は、毎日蜂場で、何百匹もキイロスズメバチを補殺するのですが、

今日は、オオスズメバチは15匹ほど補殺しましたが、キイロスズメバチはゼロ。

今日行った蜂場では、全く見ませんでした。

昨日も、見たのは数匹。


館山では、キイロスズメバチが、多いですが、

山の蜂場では、かなり減りました。




アケビ・実

地域の道普請に参加しました。

今回は、水路回り、道路脇の草刈り後、

台風で倒れて、道路脇に寄せてあった倒木処理をしました。


倒木処理の際、アケビのツルが絡まっている倒木がありました。

そして、アケビの実が付いていました。


まだ、ほとんど割れていなかった実も、試しに食べると甘かったです。

DSCN4913_convert_20191021232140.jpg


ということで、子供へのお土産にでもということで、もらってきました。

割ってみるとこんな感じ。

DSCN4917_convert_20191021232157.jpg

子供に、「食べて良いよ」と言いましたが、食べず。

見た目が良くないのか。

甘いですが、種が多くて、可食部は少ないです。

まあ、お菓子の方が良いのでしょうね。







納品

神奈川県にある、「産直の駅おおのだい」まで、はちみつの納品に行きました。

「はちみつの在庫がありません」と、電話で連絡を受け、

近いうちに行かないとと思っていたのですが、

雨予報で、雨の日はミツバチの作業ができないので、丁度良いかと思い、納品に行きました。


出発する頃に、かなり雨が強くなっていましたが、雨雲レーダーの予報をみると、その後はさらに強くなる予報ということで、そのまま出発しました。

出発後。しばらくすると、館山市に避難勧告が出たそうで。

納品に行くのが、車で非難するという感じに。


そして、納品してきました。


この直売所の関連店舗であった、「産直の駅木曽」が、閉店となってしまったそうで、残念です。





ミツバチ・台風対策解除

昨日の天気予報では、今日の天気は雨でしたが、

今日、本日の天気予報を見ると、雨が降るのは21時以降のようです。

本日の降水確率70%となっていて、時間別で見ると、

朝から夕方は10%、夜から70%とのこと。


21時以降の3時間でも、確かに今日ですが、

昼間が10%でも、夜の3時間の70%のために、今日1日の予報で見ると70%となっている。

翌日の天気も、時間別で簡単に見れるようにして欲しいものです。


ということで、昨日は今日は雨と思っていましたが、

昼間は降らなそうなので、ミツバチの世話に行きました。


台風対策で釘打ちした、巣箱の蓋の釘を抜いて、

餌の砂糖と代用花粉を与えて、

外してあった波板を巣箱の上に乗せて。


明日はさすがに雨だと思うので、

今日1日で全蜂場、全群終わらせるため、

巣箱の中は特に見ずに、どんどん進めました。


蜂場まで車が入れない蜂場では、

餌を台車で運ぶので、きついです。

台車といっても、ネコ車の2輪タイプなのですが、

今まで車で通っていた道でも、凹凸がかなりあり、

また、イノシシが道の一部を掘り返していたり、

そもそも、登りがきついです。


機械的にひたすら作業をこなし、

何とか、1日で全群終了。

闇が迫ってきていましたが、真っ暗になる前に、何とか終わりました。


蜂場の近くの道路で、今まであまり見かけなかった、

電力会社の高所作業車をみかけるなあ、と思ったら、

蜂場の電気がようやく回復しました。

ようやく、蜂場の方に、工事の順番が回ってきたのかなと思います。






ブルーシート張り

あと、雨が降らない日が、2日間あれば、

屋根材を張って、屋根修理を終わらせようと思っていましたが、

本日は、午後からPTAで、明日は雨、その後もしばらく雨、との予報だったので、

屋根修理は諦め、ブルーシートを張ることにしました。


午前中は雨でしたが、ブルーシートを張り始めると、小雨に、

そして、その後、雨は止みました。


ブルーシートを張って、上から重しを置いて、完了。


とりあえず、雨だけで、強風が無ければ、飛ばないと思います。


ブルーシートは張りましたが、家の中は、張る前に降った雨ですでにビチャビチャ。

晴れないと乾かないと思います。

木がカビて腐る前に、乾いて欲しいと思います。




倒木処理

台風19号で倒れた倒木処理をしました。

今回の台風での倒木は少なく、

また、細い木は、台風後の蜂場確認の際、切ってしまったのですが、

大きな木の処理がまだだったので、行きました。

今回は、かみさんも手伝いにきて、写真を撮ってくれました。


今回の台風で、道をふさぐように倒れた倒木です。

DSCN4795_convert_20191016033820.jpg

元を切ると、跳ね上がりそうなので、先を始め切ろうかと思いましたが、

跳ねても問題なさそうなので、足場の良い元から切ることに。

DSCN4804_convert_20191016033839.jpg

切れました。

DSCN4813_convert_20191016033858.jpg

道をふさいでいる部分は、動かせる大きさに、玉切り。

DSCN4825_convert_20191016033914.jpg



道の横に倒れた別の木も、切ります。

DSCN4845_convert_20191016033932.jpg

切れました。

DSCN4852_convert_20191016033950.jpg

先の部分も、

DSCN4864_convert_20191016034008.jpg

元の部分も、動かせる大きさに玉切りして、どけました。

DSCN4868_convert_20191016034024.jpg


「崩落斜面の逆側に、傾いて立っている木も、切っといいて。」と、

地元の人に言われたので、この木もカットします。

DSCN4871_convert_20191016034041.jpg

まさに、倒れる途中の写真です。

バキバキ音をたてながら、ゆっくり倒れます。

DSCN4876_convert_20191016034054.jpg

倒れました。

DSCN4877_convert_20191016035923.jpg




倒木処理後、屋根の補修の続きを実施。

屋根の補修には、あと、雨の無い日が2日は欲しいですが、雨の日が続くようです。




キンクマ・ハムスター

連休3日目でしたが、

あいにくの雨で、台風の後で、

さらに3連休の3日目は、通常でもお客様が少ないので、

今日は家族で出かけるか、ということで、買い物に出かけました。


出かける前、朝からお客様が1名来られ、

また、外出中、お客様から電話があったりして、

結果としては、お店を開けていた方が良かったかなあ、という気もしました。


出かけた目的は、キンクマハムスターを探すこと。

本当は、台風前に購入しようか悩んでいたのですが、結局は購入せず。

しかし、やはり飼おうかということで、探しに行きました。


以前、三女のハムスターが、ヘビに替わっていた、という事件のお詫びを兼ねての購入ですが、

三女の為に購入というと、次女が文句を言うため、かみさんが飼いたいからという名目での購入としました。


以前、君津のお店にいた個体は売り切れで、市原のお店で見つけて購入。

オス、メスを同じ店舗で買うと、兄弟の可能性が高そうなので、

オスは静岡産、メスは台湾産を、それぞれ別のお店で購入しました。

まあ、この手の改良品種は元をたどれば、同じ親になってしまうとは思いますが。


さらに、飼育ケージも、普段は、機能性のみを考えた、見た目は二の次のケースなのですが、

生体を購入したのとは別店舗で見たケージが気になり、それを購入しました。

DSCN4781_convert_20191015003513.jpg

1階、2階が、トンネルで繋がっています。

警戒するのかと思いましたが、警戒心が全くなく、すぐにトンネルを通りました。

DSCN4790_convert_20191015003256.jpg

初め喧嘩を少ししましたが、仲も悪くなさそうです。

DSCN4787_convert_20191015003244.jpg