FC2ブログ

山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

カラスザンショウ・開花

梅雨も明け、ようやく、日差しがやってきました。

そして、カラスザンショウの花が開花し出したようです。

巣箱に近付くと、カラスザンショウの蜜の香りがしてきました。


まだ、蜜の量が少ないのか、ミツバチの機嫌は、それほど良くありませんでした。


スポンサーサイト



台風

晴れが続いたため、とりあえず、蜂場の内検を終了できました。

悪天候で乱れていた、内検のタイミングも、とりあえず戻せました。


しかし、台風が近づいているそうで。

この、カラスザンショウの開花前の重要な時期に、台風が来るとは。

花が駄目にならないことを、祈るばかりです。


ちなみに、ミツバチの方は、この天候不順で、成蜂が減ってしまった群も多く、

7~8月のはちみつの採蜜量が危ぶまれます。


今年は、天候に泣かされる年となりそうです。

せめて、花は無事であって欲しいです。




ずっくん・ジェス交換

昨日に引き続き、今度はジェスを交換しました。

昨日交換できなかったのは、

ジェスを作るのに必要だった、5mmの革の穴あけポンチが無かったからです。


ということで、蜂場の帰りに、ホームセンターで買ってきました。

そして、交換。

DSCN4138_convert_20190725230657.jpg

20190725DSCN4139.jpg

足革交換

ずっくん(ベンガルワシミミズク)の、

アンクレット(足革)が硬くなってきたので、交換しました。


猛禽類に付ける、アンクレットやジェスは、カンガルー革が使われることが多いようです。

カンガルー革は、引き裂き強度が強いからのようです。


ということで、まずは、カンガルー革を、インターネットで購入しました。

できるだけ厚めのものを選びました。

色は全くこだわりなく、見つけた中で一番厚かったのが、たまたまこの色だっただけです。

20190724DSCN4127.jpg

そして、交換してみました。

ジェスと同じ黒だったのが、白になりました。

ジェスが片側しか付いていないのは、新しいジェスを作る為の見本として、片側を外したからです。

DSCN4132_convert_20190724231607.jpg

アンクレット交換は、保定しないと難しいかなと思っていましたが、

かみさんの手に据えた状態で、そのまま交換できました。

保定せずにアンクレット交換ができるということは、ずっくんは結構、おとなしいのかな。

まあ、1回、つつかれましたが。

ちなみに、つつかれても、思っているよりは痛くありません。


イメージとしては、猛禽類につつかれるなんて、無傷では済まないという感じだと思いますが、

我が家のずっくんは、餌を食べやすいように、くちばしは尖らせたままですが、

それでも、ケガするほどではありません。




ようやく晴れ

ようやく、日差しが出ました。

日の照る中での、お天気雨もありましたが、ほぼ晴れてました。


ようやく、まともなミツバチの内検が出来ました。

ミツバチは、久しぶりの晴れで、外に出ている蜂が多く、

曇りの内検より、機嫌が良いです。


ただし、そんな中でも機嫌の悪い群が2群有り、

面布の上から、ブスブスと~6か所連続で刺されました。


暑い中での内検もきついですが、

湿度の高い、ムシムシよりはマシです。


途中、軽トラのエアコンで涼みながら、本日分の内検を完了させました。



散歩・フクロウ

環境に慣らすために、時々、

ずっくん(ベンガルワシミミズク)を手に載せて、

散歩しています。

掃除や、体重測定で、手に載せたついでに行います。


散歩といっても、

手に載せて、

たまに、歩きながら、

じっと立っているだけですが。

DSCN4082_convert_20190723101531.jpg


ハトや、カラス、トビのような大きな鳥が見えると、目で追っています。

小さい小鳥は、気にしていない感じ。

車の音も気になるようです。国道沿いで、大きなトラックも頻繁に通るので。

DSCN4079_convert_20190723101500.jpg

戻す際、家の中の、定位置の止まり木に近付くと、飛んで戻ります。

いつもの場所が、一番好きなようです。



晴れない

日差しが無い日が、ずっと続いています。

曇りで、しかも、湿度は高いので、非常にムシムシしています。

ここ数日は、雨はほとんど無く、降ってもわずかですが、

曇りで日差しはありません。


こんな天気では、当然、ミツバチの巣箱には蜜は入らず。


そんな中、館山の蜂場の巣箱を見ていると、

花粉を付けた蜂がたくさん返ってきていました。


カラスザンショウの花穂もだいぶ伸びてきたので、

いよいよ開花かと思いましたが、

メインの蜂場の方では、特にいつもと変わらず。



カラスザンショウが開花しても、

こんな天気では、蜜は期待できず。


早く、夏の日差しが来ることを、望みます。


この後もこんな天気だったら、

今年の、7~8月のはちみつは、全然採れないかも。


まずいです。


ウナギ釣り

今年初の、ウナギ釣りに行きました。

たまには、ウナギでも食べようかな、ということで、久しぶりに行きました。

19時から21時の、2時間で、7匹。

これだけ釣れれば、5人家族で、1食分位にはなります。

釣りが久しぶりなら、捌くのも久しぶりでした。

DSCN4120_convert_20190718002107.jpg

小さいのもいましたが、大きいのも何匹かは釣れました。



マウス・購入

マウス、つまり、ハツカネズミです。

DSCN4101_convert_20190715000657.jpg


今までは、冷凍マウスを、ヘビ等の餌として購入していたのですが、

ヘビが増えてくると、結構な値段になること、

近所の店では売っていないので、買いに行くのが大変なこと、

もあり、増やしてみようかなと思いました。


通販でも買えるのですが、

数百匹単位で購入する、ベンガルワシミミズクの餌ならまだしも、

マウス数十匹程度では、送料が馬鹿になりません。

ということで、飼育を始めました。


実をいうと、以前飼育して、臭いに耐えられず、止めたことがあるのです。

ハムスターと同じ、ネズミだろうと思っていたのですが、大違い。

ハムスターは乾燥地に住むので、水をあまり飲まず、窒素排泄物も尿素等で捨てているのだと思います。

一方、ハツカネズミは水が潤沢なところに適応している為、窒素代謝物をアンモニア等でそのまま捨てている為か、

尿の臭いが、とにかくきつい。


過去の経験も有り悩んでいたのですが、

床に微生物を増やし飼育する今の方法なら飼えるかなあ、と思い、

再挑戦することに。


耐えられなかったら、少し割高ですが、そのまま餌にしてしまえば良いということで。

オス2匹、メス3匹、購入しました。

DSCN4096_convert_20190715000629.jpg


茶々丸は、ハムスター以上に、「たまらん」のようで、張り付いて見ています。

DSCN4107_convert_20190715000813.jpg

ネズミが好きなのは、猫の本能に焼き付いているのか、

それとも、すぐに飽きるのか。

DSCN4105_convert_20190715000733.jpg




また、事故

昨日、私が出かけている時に、家の前で事故があったようです。

返ってきたときに、警官のバイクが止まっているなあ、とは思ったのですが、

事故の後始末だったようです。

その時には既に車は無く、気にしなかったのですが、

事故があったと。


話を聞くと、東側から来た車が、対向車線を越えて、

我が家の向かい側の、すぐ横の資材置き場につっこみ、

そこの柵をなぎ倒して止まったようです。

居眠りの、単独事故のようです。

運転手は大きな怪我では無かったようですが、救急車で運ばれたようです。


なんで我が家の周りは、こんなに車が突っ込んでくるんだろうか。

幸い、我が家にはまだ突っ込まれていませんが、

あまりに多いので、何か要因があると思います。

PTA・意見書

中学校統合、校舎建替えの話が出てから、

保護者の中から色々な声が聞こえ、

また、PTA会長にも届くようになったので、

PTAとしての、意見書を作成しました。


まずは、意見書の提出の必要性、またその内容を審議するため、

臨時常任委員会を開催し、意見を集約。

執行部で意見書を作成し、委員の承認をもらって、意見書を完成させました。

そして、市の教育長に面会のアポを取り、提出しました。


書くと簡単ですが、なかなか大変な作業でした。


最近は、雨天とPTAで、ミツバチ作業が進まず。

早くやらないとまずいなあと思っています。





ニホントカゲ・産卵

飼育中の、ニホントカゲが産卵しました。

お腹が大きいとは思っていましたが、

ウェットシェルター内に産卵していました。

9個です。

DSCN4075_convert_20190712112123.jpg

よくあのお腹に、これだけのものが入っているなあと思います。