FC2ブログ

山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

ブルーベリー農園・ミツバチ撤収

心配していた台風も、結果としては雨風共に大したことは無く、

台風が過ぎると雨も上がったので、

急遽、ブルーベリー園に置いてあるミツバチの撤収を実施しました。


まずは、移動の前に、貯蜜枠の回収をして、巣箱の重さを軽くします。

継箱に蜜がたくさん入った状態では、重くて巣箱が持てません。


貯蜜枠を回収し、替わりの空巣枠を入れて、

ついでに、3段、4段となっている巣箱を、移動の為に2段群にしようと思いましたが、

蜂が多く、2段では明らかに入りきらないので、3段目の継箱も載せておきました。


そして、貯蜜枠を持って一度帰宅し、

夜、暗くなってから再度行きました。


巣門にたくさん付いた蜂を、煙で巣箱内に追い込んでから、巣門を閉め、

撤収しました。

3段群を持つのは重いので、長女と一緒に行き、手伝ってもらいました。


遠山ブルーベリー農園さんでは、

7月10日位から、ブルーベリーが熟し始めて、

7月20日から、ブルーベリーの摘み取り園を開園するそうです。

その時期になったら、子供と一緒に行こうと思います。


ちなみに、館山からブルーベリー園までは、往復80km以上あります。

2往復で160km。

田舎とはいえ、移動時間だけで、結構かかりました。


スポンサーサイト



中学校・統合説明会

子供の通っている中学校の、統合説明会に行ってきました。

この中学校は、次女が3年生になる4月に近隣の中学校とともに閉校し、

その中学校と統合して、別中学校として、新たに開校する予定です。


説明会では、統合に反対する意見が続出していました。


今回の統合は、

子供の通う中学校の、耐震不足対策に、端を発して、

その建て替えの検討の中で、近隣の別の中学校と統合という話が出ています。


ただ、この話が寝耳に水だったのは、

子供の通う中学校は、市内で一番生徒数の多い学校で、

統合予定のもう一校は、市内で二番目に生徒数が多い学校だという中で、

この二校の統合の話が出てきたことです。

市内にはもっと小さな中学校が他に二校あり、そちらはそのまま存続なのにという。


当方、個人的には、

将来の生徒数減を見込んで、市内の中学校を全て統合して1校にする為の布石ならば、

今回の統合には基本的には反対では無いのですが、

そのような説明は無かったので、

「未来を見据えない、明確にしない実施だと、建替え中学校のオーバースペック分のコストが無駄になる」

という意見を、個人として言っておきました。


自身の発言の際、マイクを持つ手がプルプル震えていて、

緊張しているんだなあと思いましたが、

どうもそうでは無く、採蜜中の為筋肉疲労が酷いようです。


蜜がたくさん入った重い貯蜜枠を振って、蜂を落とすのは結構きつく、

その貯蜜枠を片手で持ち、逆の手で蜂を払う作業も大変で、

さらに、離蜜時の遠心分離機のハンドルを高速で回したりと、

普段より格段に力を使うので、腕が筋肉痛だったりのようです。


この、採蜜作業は、もうしばらく続きます。



採蜜開始・味が違う

5~6月のはちみつの採蜜を開始しました。

朝、蜂場に行って、蜜の貯まった、貯蜜枠を回収してきて、作業場で離蜜します。


まず、朝、蜂場に行くと、・・・、曇天。

降水確率10%だったので、もう少し晴れなのを期待していましたが、うまくはいかず。

外勤蜂が、巣箱にたくさんいる中での、巣枠回収なので、人にも、蜂にも、不幸な作業となりました。

蜂は当然、懸命に集めた蜜を取られるので、機嫌が良い訳がなく、

巣箱の守衛を務める外勤蜂がたくさん巣箱にいれば、当然、攻撃してくるわけです。


まずは、面布に開いた穴から侵入した蜂に、鼻の頂点を刺され。

その後も、手首や、足首の隙間から侵入した蜂に刺され。

上着と、ズボンの隙間から、腰を刺され、と不幸の連続でした。


さすがに、普段の内検では、こんなに刺されないです。

もう少し天気が良ければ、こんなではなかったはずですが、梅雨の合間の作業なので、贅沢は言えずです。



巣枠を専用箱に入れて持ち帰り、今度は作業場で離蜜です。

蜜蓋を切ります。

午後から照りだした太陽光が、蜜刀に反射してまぶしかったです。

DSCN4037_convert_20190625222533.jpg

離蜜したはちみつが、トロトロ出てきます。

DSCN3983_convert_20190625222516.jpg


ところで、今回のはちみつ、

例年の5~6月のはちみつと異なり、

色が赤っぽくて、

香りや味も違いました。


過去、十数年の中で、この時期に、こんなはちみつが採れたのは2回目です。


今回の蜂場だけなのか、他の蜂場でも、いつもと違うはちみつになるのか。



アカメガシワ・開花

アカメガシワが開花しました。
DSCN3964_convert_20190618232626.jpg



昨日までは、ミツバチは、蜜も、花粉もあまり運んでおらず、

花があまり無いのだと思っていましたが、

本日は、黄色い花粉を付けた蜂がたくさんいました。


内検で巣枠を傾けると、バラバラと花粉が落ちてきます。

DSCN3959_convert_20190618232550.jpg


昨日までは、蜜も花粉もあまり入っておらず、

一段目の巣箱の中の巣枠は、蜜が無くなり、

女王蜂の産卵場所が巣枠全面になったので、

全面蜂児の巣枠ばかりです。

DSCN3960_convert_20190618232613.jpg

この蜂児が出房してくると、

蜂がまた、あふれかえってくると思います。


継箱の方は、蜜も貯まり、糖度も上がっているので、

そろそろ採蜜可です。


梅雨の合間での作業となるので、

タイミングをみて、行いたいと思います。






山中養蜂ヤフーショップ・開店

山中養蜂ヤフーショップが開店しました。

開店申請を無事通過し、開店となりました。



開店するると、さっそく、携帯電話に連絡が・・・。

「御社のヤフショップを見て連絡したのですが・・・」

から始まる、営業電話。

ネット通販をやっていると、この手の営業電話は良くかかってくるのですが、

それにしても、開店直後、何でわかるんだろう。


正直、お客様からの問い合わせより、営業・勧誘電話の方が多いです。





マダケ・タケノコ

マダケのタケノコが生えていたので、採ってきました。


今年は、ハチクのタケノコを、ほとんど見ていない気がします。

毎年、ハチクが生える蜂場でも、見ていません。


そんな中、罠を見回りに行く途中、立派なマダケが生えていたので採ってきました。

マダケの方も、いつも出てくる蜂場でも、今年はヒョロヒョロのものばかりで、

まともに食べれそうなのがあまりなく。


調理前の写真を忘れました。

たけのこご飯と、茹でタケノコ。
DSCN3951_convert_20190617233307.jpg

マダケの茹でタケノコは、少々アクがきつかったので、この後、煮ものにしました。

再修正

開店申請中のヤフーショッピングですが、

また、再修正依頼が・・・。


まあ、間違えを指摘してくれるのは良いのですが・・・。

この、ややこしいシステム、今後、ミス無く運用できるのか、

不安になってきます。


今回の、修正は、

前回の指摘を修正後、

修正の反映をしていなかったので、

反映してくださいというものでした。


変更後、その変更を、いつ実際のページに反映させるのかを指定できる。

逆に言うと、反映を指定しないと、いつまでも変更が反映されない。

つまりは、その仕様を理解していなかったということです。


さすがに、これで、追加の修正は来ないかなと思っています。





開店申請・修正

昨日、開店申請した、ヤフーショッピングですが、

さっそく、不備修正の依頼が来ました。対応が、早いです。


まあ、1回で通るとは思っていませんでしたが・・・・、


何回で通ることやら。


再度、開店申請しました。




ヤフーショップ・開店申請

契約の都合で、休店となってしまい、

そのまま、閉店となる、「山中養蜂ヤフー店」ですが、

後継ショップとなる、「山中養蜂ヤフーショップ」の開店準備がとりあえず終わり、

ヤフーショッピングに対し、開店申請をしました。


開店準備ができても、開店申請を通らないと、開店ができません。

一通り、入力は出来たと思うのですが・・・。

このまま申請が通れば、晴れて開店となる予定です。


ちなみに、

旧店と、新店の、名前が微妙に違うのは、同じ名前では新店の申請ができない為です。

ちなみに、

旧店のアドレスは、 https://store.shopping.yahoo.co.jp/yamanakayoho/  でしたが、

新店のアドレスは、yamanakayoho の部分が、 yamanaka-yoho と、

ハイフンが入るだけの変化となる予定です。













4~5月のはちみつ・販売開始

直売所では、既に販売開始しておりましたが、

ネット販売の方でも、販売を開始しました。

山中養蜂の買い物かごページの方に、載せました。


4~5月のはちみつは人気なようで、

直売所で販売を開始したら、この、4~5月のはちみつを買っていく方が多いです。

ただ単に、今まで欠品していて買えなかったので、

その分が売れているだけのような気もしますが。


今年の、4~5月のはちみつは、桜の花が主な蜜源です。


採蜜量は、例年通り位でした。

昨年は、例年の半分ほどしか採れず、早期に欠品してしまいましたが、

今年は、しばらくは販売できそうです。


しかし、4~5月のはちみつは、

翌年の4~5月のはちみつが採れる前までには、毎年欠品となってしまうので、

今はまだ在庫は十分にありますが、

早めのご購入を頂ければ有難いです。





PTA・廃校

午後からPTAの委員会だったので、

午前中、ミツバチの内検をして、午後から、PTAへ。


そして、PTA委員会の後、創立40周年実行委員会がありました。

この実行委員会長は、PTA会長がということで、こちらも参加。


子供が通っている、この中学校は、今年で創立40周年ということで、

記念行事や、記念誌の発行、記念事業等の実施を予定していて、

前校長や、過去のPTA会長、卒業生OB会長等にも集まってもらい、

本日の実行委員会だったのですが、

結果として、40周年行事等は、ほとんど何もやらないということで決定。


何故かというと・・・、

他中学校との統合ということで、来年度一杯で、廃校になるということなので。

今年、40周年をやるのではなく、

来年、閉校に伴う、行事、記念誌等をやろうということで。


館山市で、一番大きな(生徒数が多い)中学校だったので、まさか、廃校になるとは。

聞いた時は、驚きました。

統合する学校との、すり合わせ等、これから、PTAも大変な気がします。







洗濯機・修理

最近、洗濯機の脱水が悪いと、かみさんから言われていたのですが、

さすがに、梅雨に入り、脱水が悪いから乾かないということで、見てみることに。



始めは、サイズが合わないVベルトを、無理に付けている為かと思い、

モーター取付ネジの長穴を広げて、テンションを張れるようにして、

試運転してみましたが、どうも、そういう単純なことではなさそうです。



脱水運転時は、本来は、底のプロペラと、ドラムが両方回転するはずだと思うのですが、

そもそも、ドラムが全く回っていない。

ということで、動力の伝達側がおかしいということで、バラしてみました。


結果としては、今回駄目だったのは、このバネのようでした。

同じバネは用意できないので、バネの螺旋の乱れた側を逆にして、ごまかすことに。

DSCN3929_convert_20190612001020.jpg

中央の軸に、バネをはめた部品を戻したところです。

バネの内側の、上側と、下側が別に回るようになっていて、

バネの螺旋が締まる方向に締め付けられると、上側と下側が一体となって回り、

バネが緩むと、動力が伝わらず、片方だけが空回りするという仕組みのようです。

つまり、バネが緩んでいる時は、ドラム底のプロペラのみが回り、

バネが締め付けられると、プロペラとともに、ドラム自体も回るということのようです。

DSCN3934_convert_20190612001033.jpg

バネの上に、プラスチック製の歯車を入れます。

この歯車が、バネを締め付けたり、緩めたりしているようです。

DSCN3936_convert_20190612001048.jpg

この上に、プーリを載せます。

DSCN3942_convert_20190612001102.jpg

Vベルトを付けて、ガードを付けて完了。

試運転して、正常に脱水できるようになりました。

DSCN3947_convert_20190612001127.jpg

上写真の左側の部品が、ワイヤーを引っ張るようになっていて、

ワイヤーが引かれると、

プラスチックの歯車のロックが解除され回るようになり(バネが締め付けられ、動力がつながる)、

排水弁が開き、ドラムの水が排水され、

ドラムを固定しているブレーキが解除される、

というように、脱水の一連の動作が進むようです。


つくづく、機械は良く考えて作られているのだなあと思います。


ちなみに、洗濯機の修理中、茶々丸は、洗濯機があった場所で遊んでいました。

まだ小さかった頃、洗濯機の下に入り込んで遊んでいたことを、思い出したのかな。

DSCN3945_convert_20190612001116.jpg


今回の修理は、ごまかして直しただけなので、さすがに、そろそろ、洗濯機を買い替えた方が良いかなと思っています。