FC2ブログ

山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

分蜂未遂

ミツバチの管理で、本来は、週1回の内検をしているのですが、

他の仕事に追われ、後れがちになり、2週間近く開いてしまっています。


さらに、暖かい季節となり、ほとんどの群が、3段群となっているので、

1群当たりの内検の時間もかかります。


何故、週1回の内検が必要なのか。

それは、2週間以上開けると、分蜂してしまう可能性があるからです。



という訳で、内検が遅れれば、分蜂となる訳で・・・、


ただし、当方、女王蜂の羽切りを実施しているので、始めの分蜂は必ず未遂となります。


という訳で、本日内検した群の内、分蜂未遂の群が、2群ありました。

未遂では終わりますが、その後の内検が大変なので、さらに時間がかかる。


と、時間がかかる、負のスパイラルに陥っている気がします。


長女と次女は、休みの日も部活に行ってしまうので、手伝えとも言えず・・・、

部活なんて行かないで、内検を手伝いなさいと言いたくなる、今日この頃です。



スポンサーサイト



検索またダメ

山中養蜂のホームページ。

独自ドメインになって、検索しても出てこない状態になって、

ようやく、改善したと思っていましたが・・・・・、


また、出なくなった。


どうやら、山中養蜂ヤフー店が休店となって、

そこに載せていた、新アドレスが見られなくなって、

それに伴って、見えなくなったようです。

そして、逆に、山中養蜂の旧アドレスの方が、また検索に出ている。


山中養蜂の、新アドレスのドメイン、yamanakayoho.comは、

新しいドメインで、信用が全く無いので、

信用のあるドメインである、ヤフーショッピングからのリンクが無くなって、

検索から外れたと思われます。


そもそも、他のホームページに、山中養蜂のホームページのアドレスへのリンクを貼ってくれていたりするのですが、

どれも、当然のように旧アドレスばかりで、

これでは、新アドレスへの、他のホームページからのリンクが無く、信用が上がらないので、


とりあえず、「山中養蜂」で検索して出てきた上位のサイトで、

山中養蜂のリンクを貼ってくれていて、しかし、旧アドレスになっているサイトの内、

サイト管理者の連絡先が分かるものについては、

変更依頼をしてみました。


これで、数件修正来てくれたので、多少良くなるかと。


あとは、山中養蜂の新たなヤフーショッピングである、山中養蜂ヤフーショップを早期に開店して、

ここからのリンクも貼りたいと思います。



検索ボットの信用を上げるのは、大変なようで・・・・、

しかし、SEOにお金をかける予定は無いので、地道に行きたいと思います。



4~5月のはちみつ、販売までもう少し

4~5月のはちみつ、

「販売開始はまだですか」というお問い合わせを、何度か頂いています。

「申し訳ありません。」

採蜜はしたのですが、ビン詰めが進んでおりません。


だったのですが、何とか、今夜、ビン詰めは進めました。

あとは、キャップシールと、ラベル貼りのみです。


ということで、直売所の店頭販売は、もうすぐ開始できます。


通信販売の方は、ページへの反映はもうしばらくお待ちください。





ニホンミツバチ・継箱

以前、捕獲した、ニホンミツバチですが、

順調に増勢し、単箱満群になりました。

20190527DSCN3821.jpg

ということで、継箱を上げています。


当店では、通常飼育している、セイヨウミツバチの飼育では、隔王板を使用しています。

ということで、ニホンミツバチでも、隔王板を使用しています。
20190527DSCN3822.jpg

まだ、継箱には、巣枠は2枚しか入れていませんが、

現状の感想では、ニホンミツバチでも、隔王板を使用した方が良い気がしています。



ニホンミツバチといえば、

昨日、成田の方より、ミツバチの駆除依頼がありました。

話を聞くと、ニホンミツバチのようで、おとなしい蜂なので、

「問題ないならば、そのままにしておいても良いのでは」とご提案しました。

継箱を上げているニホンミツバチでも、内検時、面布が不要なくらいおとなしいので。

それに、当店から成田では、さすがに遠すぎて行けないので・・・。



あと、イノシシの箱罠を見に行く途中の山の中で、

ニホンミツバチの自然営巣群が、杉の木のうろの中にいるのを見つけました。

いつも通っている場所ですが、今まで気づきませんでした。


5~6月のはちみつの蜜源・開花開始

養蜂作業は、進まないのですが、

自然は、着実に進んでいるようで、

5~6月の花の開花が始まりました。


ミカンの花の香りが、蜂場にも漂ってきます。
20190527DSCN3596.jpg

そして、ウツギの花も開花し始めました。
20190527DSCN3616.jpg

季節は、着実に進んでいます。

蜜が入りだすと、分蜂機運が高まるので、しっかり見ないとまずいです。






作業進まず

連日の暑さではありますが、晴天の日が続いています。

ですが、何故か、養蜂作業が進んでいません。


草刈りをしたり、

ふるさと納税の会議にいったり、

ふるさと納税の注文の発送をしたり、

PTAがあったり、

イノシシがかかってしまったり、


ということで、養蜂以外の作業に時間を取られ、

気付けば、ミツバチの内検が進んでいないです。



仕事量の増加についていけていない、今日この頃です。



ヤフー店・閉店

山中養蜂ヤフー店は、5月21日をもって休店となり、その後、閉店となります。

理由は、

山中養蜂ヤフー店は、ライトショップという契約で出店しているのですが、

このライトショップという出店形態が、廃止されるためです。


代わりに、プロショップという形で、

山中養蜂ヤフーショップと名前を変えて、開店の予定なのですが、

開店準備が間に合っておりません。


その為、ヤフーショッピングからの注文が出来なくなります。

山中養蜂の買い物カートである、FC2のサイトからの注文はできますので、こちらをご利用して頂きたく、お願いいたします。


宜しくお願いいたします。


ブルーベリー園

今年、ブルーベリー園に、ミツバチを置かせてもらっています。

当店の、メインの蜂場と同じ、富津市にある、ブルーベリー園です。


園主の方の許可をもらったので、ブルーベリー園の紹介をします。

遠山ブルーベリー農園 さんです。

CCF_000012_convert_20190520231223.jpg

ブルーベリーの木が、1000本近くあるそうです。



7月になると、ブルーベリー狩りが始まるということで、

ミツバチは、6月下旬まで、置かせてもらう予定です。


ブルーベリーの開花は、既に終了していますが、

付近の他の木から蜜を集めてくるようで、

巣箱の蜜は、また、貯まりだしています。


遠山ブルーベリー農園さんの、ホームページは、こちらです。

ブルーベリー園の様子が見られるので、是非ご覧ください。



検索結果に出た

ホームページのアドレスが変わって、

検索サイトで、出てこなくなってしまった山中養蜂のホームページですが、

ようやく、出るようになりました。


グーグル、ヤフーで、山中養蜂で検索すると、

8番目で、出てきました。

以前のホームページでは、山中養蜂での検索なら、1番目に出ていたので、まだまだですが、

とりあえず、表示されるようにはなりました。


ただし、今は無くなっていて表示できない、ジオシティーズにあった山中養蜂のページのアドレスの方が、

いまだに、現在のホームページより上に表示されているので、まだまだですが。



しかし、検索サイトで出なくて、探すのも大変だろうと思う、山中養蜂のページに、

ブログや、ショッピングカートのページを経由して、探し出して連絡を下さるお客様もいたりして、有難く思います。




ビン検討中

ブルーベリーの花から採ったはちみつを販売するに当たり、

はちみつを入れるビンの検討をしています。

せっかくの珍しいはちみつなので、定番品とは、違うビンにしてみようかなと思っています。


ビンの問屋さんからサンプルを送ってもらい、はちみつを実際に入れてみました。

ちなみに、入っているはちみつは、テストなので、ブルーベリーでは無く、7~8月のはちみつです。

DSCN3585_convert_20190518005643.jpg

5種類のビンに入れてみた結果、

中央のビンにすることに決定しました。

表示ラベルはビンの底に貼ってみました。

DSCN3589_convert_20190518005700.jpg

ビン蓋には、ブルーベリーシールを貼ってみました。

DSCN3590_convert_20190518005720.jpg

ビンの側面にラベルを貼るかどうか、さらに検討中です。

側面が曲面なので、どうしようかなと。

今のままでも、シンプルで良い気はするのですが。



分蜂群捕獲・ニホンミツバチ

ニホンミツバチの分蜂群を、捕獲しました。

蜂場の物置小屋の横に積んであった空巣箱の上に、

キンリョウヘンの開花株を置いておいたところ、

これに、ニホンミツバチの蜂球がついていました。

セイヨウミツバチの巣箱の中に蜂球を入れると、居着いたようです。

巣箱内で、蜂球になっていました。

DSCN3582_convert_20190518005625.jpg

前回の、ニホンミツバチの捕獲群は、

ニホンミツバチ用の縦型巣箱での、可動巣枠での飼育にしたので、

今回は、

セイヨウミツバチ用の7枚箱での、標準巣枠での、飼育を試したいと思います。

標準巣枠で飼育するには、蜂数が少ない気がしますが、駄目なら駄目なりの理由が見られれば良いと思います。




イチゴ収穫

2年ほど前から、我が家の花壇に地植えしてあったイチゴが、今年も実を付けました。

このイチゴは、近所の方から苗を頂いて、植えてあったもので、

雑草や、花壇の花に埋もれながらも、残っています。

ランナーを伸ばして増えているので、今あるのが元の親株なのか、増えた子株なのか、良く分かりませんが。

そして、採れたイチゴ。

DSCN3579_convert_20190518005610.jpg

近くにミツバチの巣箱があるのに、ミツバチの訪花は見たことが無く、

そのせいか、不格好なイチゴばかりですが、きれいな実も少しあります。

イチゴ狩りのシーズンは、ゴールデンウィークで終わったようですが、

露地でのイチゴの収穫は、この時期のようです。