FC2ブログ

山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

流蜜開始

昨日まではちらちらだった蜜が、一気に入り始めました。

内検で継箱を持ち上げると、グッと重いです。
昨日とは違う蜂場ではあるのですが、昨日までとは重さが全く違います。

蜂場に行く途中の、カラスザンショウの木を見ても、咲いている花は見えないのですが、
山の中には、咲き出している花があるようです。

このまま、梅雨の中休みの晴れが続いてくれると良いのですが・・・。
快晴で、気温も上がれば、蜜も入ると思います。
逆に、雨が降って、風が吹いたら、花が飛ばされ、蜜が無くなってしまいます。

今年は、今のところ、採蜜量が少ないので、今度は蜜が入って欲しいと願っています。



スポンサーサイト



採蜜後内検

5~6月のはちみつの採蜜が終了し、採蜜後の内検をしています。

普段は基本的に、週1回の内検を実施していますが、
採蜜中は内検の時間が取れず、
2週間ぶりの内検の実施となっています。

しかし、半月ぶりの内検の割には、どの群も、特に問題無し。
分蜂の機運も全くありません。

また、ネムノキの開花しているこの時期は、例年だと花からの蜜が入ってこなくなるのですが、
今年は、ちらちら蜜が入っているようです。

特に問題無いので、順調に内検を終える予定でしたが、
風が強く、強風にあおられて、内検で仮積みしていた継箱4段が倒れてしまいました。

継箱のみの転倒だったので、巣箱にいる女王蜂は問題が無く良かったですが、
目の前で、4段の継箱が倒れるのは、なかなかの迫力が・・・。

継箱に巣枠に貯まっていた薄い蜜が衝撃で飛び散った為か、思ったよりミツバチは荒れませんでしたが、
湧き上がる蜂の中で、元に戻すのは大変。
働き蜂も、だいぶ潰れてしまったかな。



リベンジ・ウナギ釣り

前回のウナギ釣りの釣果がいまいちだったので、再度、ウナギ釣りへ。

今回は、長女と、次女と共に、前回と少し場所を変えました。

結果は、8時から10時の2時間で、9匹。
ペット用の小さいのが2匹で、残りは、まあまあ、食べられるサイズでした。
ということで、これだけ釣れれば十分です。
DSCN0698_convert_20180625005332.jpg

これで、前回と合わせて、食用が9匹となり、ウナギ料理がそれなりに味わえそうです。

ペット用も4匹となったので、玄関に水槽でも置いて飼おうかなと思っています。


館山市・まちづくりワークショップ

中学校のPTAに対し、
館山市より、まちづくりワークショップへの参加の依頼があった為、行ってきました。

採蜜真っ只中で忙しく、睡眠時間も削られているのできついのですが、参加してきました。
参加の依頼が来た時点では、養蜂作業がどうなっているか分からず、とりあえず参加すると伝えてありました。
誰かが出ないとまずいでしょうから。

地域の小中学校からPTA各2名と、各区長会より各2名が参加でした。
結局のところ、参加を募ってもメンバーが集まらないので、集めやすいメンバーに出席を依頼したというのが実際のようです。

ワークショップでは、話し合い後発表が有り、グループのメンバーより発表者を依頼されたので、
はちみつ屋の宣伝を交えながら、発表してきました。

当店のお客様は、遠方の方が比較的多く、地域の近くの方は比較的少ないので、良い宣伝の機会かなと。
当方のはちみつ屋の存在は知っているが、行ったことは無いという人が多いようです。



採蜜・もう少しで完了

梅雨の合間での採蜜ですが、何とか、あと少しで完了します。

本日も、10時くらいまでは何とか雨が降らなそうだったので、行ってきました。
天気予報通り、10時過ぎに雨が降り出しました。
それまでに、何とか今日の作業は終了できました。
車に乗って、走っていたら雨が降り出しました。

一昨日も同様の予定で出かけましたが、この時は蜂場に着いたら既に土砂降り。
諦めて帰りました。

こんな感じで天気次第ですが、あとすこしで、完了します。

採蜜開始

5~6月のはちみつの採蜜を開始しました。

天気が良い日は、まだ蜜が入って来ているので、もう少し待ちたいところでしたが、
ネムノキも開花し、
カラスザンショウの花穂も上がってきています。

また、天気の方も雨が多くなり、採蜜のできる日が限られています。

ということで、これ以上は待てないということで、採蜜を開始しました。


朝、蜂場で蜜枠を回収し、
作業場へ持ち帰って離蜜します。

今年からは、空調完備の小屋の中で離蜜作業が出来るようになったので、
作業が多少楽になりました。

巣枠回収は、蜂場で蜂にたかられながらの作業で、大変ですが、
離蜜作業は、蜂もいないので、スマートに実施できます。

巣枠回収の際、回収箱に紛れ込んでしまった蜂は、
回収箱を開けた際に、発見次第、掃除機で吸い取ります。
ダイソンの掃除機が大活躍。
捕獲した蜂は、後で逃がします。

と、作業改善を進めていますが、大変な作業であることには変わらず。
蜜を取られた蜂は機嫌が悪いので、刺されます。
特に、曇天での採蜜は、蜂の機嫌が非常に悪いです。

採蜜量の方は、作業途中ですが、かなり減りそうです。
天気は良かったのですが、開花が集中し蜜が集まらず、
あと、今年は蜂の増えがあまり良くないです。
女王蜂の交尾飛行の成功率も低く、女王蜂のロストも多いです。



トウネズミモチ

先日、県民の日の際に、子供を連れて、ハチミツの納品に行ってきました。

高速道路を走っていた際、道路脇の、トウネズミモチが満開でした。

また、工場地帯の緑地にもこの木が多く植えて有り、遠目でも花が咲いているのが見えました。

都会でも、こういうところに蜜源樹があるのだなと思いました。

工場地帯の緑地であれだけ咲いていれば、
近くに巣箱があれば、蜜がたくさん入るのでは。


ウナギ釣り

明日は、県民の日で子供が休みということで、
また、草を抜いていたら、ミミズも採れたので、

ウナギ釣りに行きました。

今年初です。

結果は、小さいのが多かったです。
小さいのは、ペットとして、飼育します。
別に、大きく育てて食べようというのではなく、観賞用。
DSCN0683_convert_20180614235839.jpg

先日捕った、ライギョと一緒に飼おうかなと思います。

そして、大き目のと、小さかったのですが、かかり所が悪くて出血が多かったもの1匹は食用に。
DSCN0678_convert_20180614235817.jpg

鯉は、飼おうか、食べようか、迷っていますが、
いずれにしても、とりあえず、泥抜きを。
DSCN0677_convert_20180614235751.jpg



花粉・たくさん

アカメガシワが満開になっています。

そして、
花粉を運んでくる蜂がたくさんいます。

巣箱の内検で、巣枠を持つと、花粉の粒がバラバラ落ちてきます。

内検後、巣箱の前を見ると、花粉の粒がたくさん落ちています。
PAP_0199_convert_20180614234335.jpg

しかし、貴重な花粉です。
巣門に近いものから順に、巣箱に持って帰っていきました。
PAP_0197_convert_20180614234320.jpg

ムラサキシキブ

蜂場で車から降りると、花の香りがしました。

確かに、近くで、
アカメガシワや、テイカカズラは咲いているのですが、
こんなに匂いはしないよなあ、と思ってたどってみると、

ムラサキシキブの花でした。

まだ、つぼみが多く、一部が咲き出した感じ。
PAP_0201_convert_20180614233808.jpg

PAP_0202_convert_20180614233824.jpg

ですが、
強い香りがしていました。


台風・問題無し

台風接近ということで心配していましたが、雨は降ったものの、風はそれほど強くならず良かったです。

現在、採蜜前で、継箱が何段も上がっているので、巣箱の背が高くなっています。
重心が高いので、強風が吹くと倒れやすいです。

蜜の入りも落ち着いて、貯蜜が巣箱から継箱へ送られ、巣箱の圧迫貯蜜も解消され、
女王蜂の産卵場所がたくさん出来たので、分蜂機運も全く無くなりました。

それに伴い、蜂の機嫌が悪くなってきました。
採蜜群で、気が強いので仕方ありませんが、
蜂場に入ると、警戒蜂に威嚇されます。

4~5月のはちみつ・販売開始

2018年産、4~5月のはちみつの販売を開始しました。

2018年は、花の開花が例年より半月ほど早まっています。

そして、肝心の採蜜量ですが、残念ながら昨年より減ってしまいました。
半分ほどです。

味は例年同様、まろやかな味です。

館山直売所で先行販売しておりましたが、
今年は何故か、4~5月のはちみつが大人気。
ビン詰めしてもその分が売れてしまい、インターネットでの販売が遅れてしまいました。

採蜜量が少ないので、例年より早めの完売が予想されます。
よろしくお願い致します。