山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

トウキョウサンショウウオ上陸

トウキョウサンショウウオの幼生が、上陸し始めました。

4月始めに採ってきた卵塊から生まれたものです。

上陸した幼体。
DSCN8121_convert_20170630222851.jpg

ちなみに、同じ兄弟でも、栄養状態が良かったものは、はるかに大きいです。
兄弟なのに、数倍大きな個体。
DSCN8124_convert_20170630222927.jpg

ちなみに、大きくても、小さくても、幼生から変態するまでの期間は変わらないようです。
大きさは数倍ですが、ほぼ同時期の変態でした。



スポンサーサイト

ヒバカリ

ヒバカリを捕まえました。
ヒバカリというのは、ヘビです。

朝、玄関を出ると、コンクリートの上を動いているのが見えたので、すぐに捕まえました。
形、動き共に、マムシとは明らかに違うので、迷わず、手で捕まえられました。

プラケースに入れました。
DSCN8102_convert_20170628034314.jpg

カエルをあげたら、早速食べました。
カエルや、オタマジャクシ、魚や、ミミズ等を好むヘビです。
これらの餌は家の周りにたくさんいるので、餌には困りません。


雨・じゃないの?

本格的な雨になるのを覚悟していたのですが・・・・、

雨、降ってないんですけど・・・・、

ということで、朝、採蜜の為の、巣枠の回収に行ってきました。

雨では無いのですが、曇天。

外勤蜂はあまり外出せず、巣門に貼り付いています。

巣箱を守る、気性の荒いのは外勤蜂です。

とういうことで、当然のように、ミツバチの群の機嫌が悪いです。


そこで、巣箱から蜜枠を取り出し、蜂を払って、持って行きます。

ミツバチにとっては、一生懸命集めたはちみつを、奪われる。

当然、怒りますよね。

無数の蜂が体当たりしてくる中の作業で、蜂にも人にも、大変な作業です。


こういう作業は、できれば晴れの日にやりたいのですが、
7月~8月の花のはちみつの蜜源であるカラスザンショウのつぼみも出てきているので、
これの開花前に、5~6月の花のはちみつの採蜜を終わらせたいと思っています。

いよいよ雨

梅雨入りしていたと言いながら、本格的な雨にならない日が続いていましたが、とうとう雨らしい雨になりました。

雨の日曜日だったので、お客様も少ないかなと思っていましたが、多くのご来店頂き有難うございました。

採蜜の方は、半分ほど済みましたが、まだ残っています。
梅雨の合間を見付けて、採蜜を進めないと。

夜間離蜜作業を続けていたので、正直、眠いです。
明日も雨のようなので、今までの分、寝貯めをしようかなとも思います。

保留している作業がたくさんあるので、寝てられないか。


離蜜作業

本日も晴れた為、採蜜しました。

蜂場に行くと、蜂場のすぐ横を、鹿が走っていきました。
立派な角のオスでした。
そして、巣枠を積んで山を下りる途中、ふと見ると、フロントガラスにホタルがとまっていました。
捕まえようかなと車を停めたら、すぐに飛び去ってしましました。

そして、離蜜作業。

蜜蓋がされた巣枠の、
DSCN8088_convert_20170624011610.jpg

蜜蓋を切ります。
いっぱい入ったはちみつが、光っています。
DSCN8089_convert_20170624011638.jpg

そして、遠心分離機に入れます。
DSCN8095_convert_20170624011744.jpg

回転開始。
ストロボ撮影すると、一瞬が写るので、回っているように見えませんが、
DSCN8091_convert_20170624011657.jpg

実際は、こんなふうに回ってます。
DSCN8093_convert_20170624011723.jpg

離蜜した、はちみつは、ストレーナーで濾してから、保存容器に入れます。



5・6月はちみつ・採蜜開始

5・6月のはちみつの採蜜を開始しました。

早朝、蜂場に行き、ハチミツがたくさん入った巣枠を回収してきます。

そして、それを、夜、離蜜します。
離蜜作業を夜行う理由は、ミツバチによる盗蜜防止と、蟻が来るのを防ぐためです。

しばらくは、早朝、夜の作業となります。
ただし、雨の日はできません。

梅雨の合間を見ながらの作業を進めます。


アカメガシワ開花

アカメガシワの花が、開花し始めました。

まだ、ポツポツ、咲き始めた位です。
DSCN8076_convert_20170620234804.jpg

5~6月に開花する、最後の花です。
アカメガシワが咲いて、ネムノキの開花が始まる頃までには、5~6月のはちみつの採蜜をしたいと思います。

ガラス玉編み・ビー玉

ビー玉で、ガラス玉編みをしてみました。

色々編み方があるようですが、ネット動画を見ながらやりました。

完成品。
DSCN8062_convert_20170619210712.jpg

網目を均一にしないと、きれいにならないようです。
なかなか難しい。

もっと大きな玉でやってみたいです。

カイコ・産卵

カイコが、産卵しました。

色が濃く変色してきたので、休眠卵のようです。
DSCN8049_convert_20170618223253.jpg


休眠打破の方法は、色々あるようですが、40日以上冷蔵するだけでも覚醒するようなので、もうしばらくしたら、冷蔵しようと思います。

幼虫期間が、1か月程なので、9月前位に孵化すれば、桑の葉のある時期に幼虫期間が終わると思います。

半分は、冷蔵せずに、そのまま室温で置いておこうかなと思います。

ホタル

家の前でホタルが飛んでいました。

夜、家の外に出てみると、ホタルが飛んでいました。
自転車のカゴに止まったので、写真を撮ってみました。
DSCN8004_convert_20170617052228.jpg

ストロボ撮影すると、ただの虫です。

最近、昼間、家の近くでホタルっぽい虫を見る機会が何度かありましたが、それも、ホタルだったのかも知れません。
昼間、光ってないのを見たので、気にも留めませんでした。

光っている所を撮れればきれいなのですが、・・・。


蜜が入っています

既に梅雨入りしているらしいですが、雨の降らない日が多いです。

本格的な雨になる前に、採蜜してしまおうとも思っていたのですが、ここになって、蜜がどっと入り出しました。

先週から、今週半ばまでは、蜜の入りが減っていたのですが、突然、入り出しました。
ということで、採蜜は延期。

アカメガシワが咲き出したのかとも思いますが、まだ、つぼみのように見えます。
咲いている木があるのかもしれませんが。

クスノキの開花時期と合っているので、この花かもしれませんが。

山の中での自然相手、正直、どの花からたくさんの蜜がでているのか、分からないのが正直な所です。



クスノキの花

クスノキの花が咲き出しました。

木の下に行くと、羽音は聞こえるのですが、隣接した木がたくさんあるので、果たしてこの木から音が聞こえているのか、確信が持てませんが、他に花は無いような気がします。
高い所の花は良く見えないので、飛んでいる姿も良く見えません。

低い位置に伸びた枝を見ると、花が咲き始めたのは分かります。
DSCN7996_convert_20170614204005.jpg

葉っぱは、月桂樹の葉に似ています。
葉をちぎると、匂いがします。月桂樹の木よりは、弱い匂いです。

FC2Ad