FC2ブログ

山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

カイコ・羽化

カイコが、羽化しました。

9匹中、4匹が羽化したのですが、今の所、全てオスのようです。

カブトムシの場合も、オスの方が先に羽化するので、昆虫はオスの方が先に羽化する場合が多いのかな。

カイコの成虫、蛾です。
DSCN7977_convert_20170613204221.jpg

飛べない蛾なので、逃げる心配はありません。

メスがいない為か、じっとしていて、ほとんど動きません。




ビワ頂きました。

ここ、房州地域は、ビワの栽培が盛んです。

そして、今はビワの収穫時期です。
車で走っていると、ビワの実が色付いているのを見かけます。

近所の、ビワを栽培されている方から、ビワを頂きました。
有難うございます。
DSCN7997_convert_20170612211452.jpg

ちなみに、昨日、スイカも頂きました。
DSCN7950_convert_20170612211354.jpg

季節の味が食べられて、うれしい限りです。
有難うございます。



ジャガイモ掘り・2

昨日、紛失したカメラですが、見つかりました。
長女が、茶々丸の写真を撮るのに持っていって、そのままになってました。
その時、撮影していた茶々丸の写真の内の1枚がこれです。
DSCN7971_convert_20170612211734.jpg

収穫した、ジャガイモは、
キタアカリ。
DSCN7958_convert_20170612211412.jpg

タワラムラサキ、2株のみでした。
DSCN7947_convert_20170612211334.jpg

タワラヨーデル、こちらも2株のみ。
本来、皮の赤いイモだったはずですが・・・、早く掘りすぎたのか、他品種と入れ替わってしまったのか。
イモの形も、マガダマ状だったはずですが・・・、マガダマ状に見えなくもないですが。どうなんだろう。
DSCN7946_convert_20170612211313.jpg


収穫を手伝った、次女と、三女。
DSCN7964_convert_20170612211434.jpg



ジャガイモ掘り

ジャガイモを掘りました。

まだ、枯れてはいなかったのですが、オクラの苗を植える場所の確保と、カボチャの伸びる場所の確保を兼ねて、ジャガイモを収穫しました。

早めの収穫だった為か、イモの肌がきれいなものが多かったです。

品種は、キタアカリです。
以前、男爵の育ちが悪かった際、キタアカリは良かったので、最近はいつもキタアカリです。

後は、タワラヨーデルと、タワラムラサキが少し。
こちらは、3年位前から、収穫したイモを植えての使いまわしです。
昨年の秋ジャガが植える時期が遅く、ほとんど獲れなかったので、わずかになってしまいましたが・・・。
収穫イモを種芋としても、成長が悪くなり難いというので植えてますが、確かに成長不良にはなりにくいようです。

イモの写真を撮ったのですが、カメラを紛失してしまいました。
どこに行ったのか?見つかると良いのですが。




セキセイインコ・メス

セキセイインコのメスを、2匹飼いました。

今までは、オスだけを飼っていましたが、メスを追加しました。

オスの方が、言葉を覚え易いというので、オスだけ飼っていましたが、全然覚えず。

ということで、オスだけ飼っていましたが、ペットショップに行ったところ、同じ模様のメスが2匹売っていました。
まるで、我が家のオスと合わせるように同じ模様です。

ということで、飼ってしまいました。

長女の飼っているのは、黄色。
DSCN7934_convert_20170610231049.jpg

次女のは、白青。
DSCN7939_convert_20170610231113.jpg

果たして、言葉を覚えるのか。
メスを入れたので、さらに覚えにくくなりそうな予感が。


大きなプリン

買い物で、大きなプリンがあったので買ってみました。

1Lの牛乳パックと同様のパックに入っている、1kg入り。

こんな大きなプリンをがぶっと食べる、
子供の頃の、小さな夢じゃないですかね。

実際に食べてみると、こんなにたくさんはいらないのですが・・・。

DSCN7930_convert_20170609223952.jpg

味の方は、ゼラチンの効いた、固めの、ババロアのような、プリンでした。
値段相応の味ですかね。

ふんわりプリンだったら、容器から出す際に、崩れてしまうと思います。

マタタビ

マタタビの葉を取ってきて、茶々丸(猫)に与えてみました。

マタタビの葉は、一部が斑入りのように白くなるので、一目瞭然、すぐに分かります。
遠くから見ると、白っぽいので、何かの花が咲いているのかのように見えてしまします。

マタタビの葉です。
DSCN7889_convert_20170608222833.jpg

茶々丸にあげると、べろべろ舐めたりしていました。
DSCN7926_convert_20170608222850.jpg


アブラギリ

アブラギリの花が咲いています。

一つの花の大きさは、丁度、桜の花ぐらいです。
DSCN7895_convert_20170607235551.jpg


ただし、桜と違い、咲き終わると花のままボトット落ちます。
花びらがひらひら舞ってきれいな桜とは大違いです。

咲き方も、桜とは違い、枝の先端のみに花を付けます。
DSCN7892_convert_20170607235532.jpg

アブラギリは、葉の付け根に花外蜜腺を持ちますが、ここから蜜を吸うミツバチは見たことがありません。

アブラギリの実からは、油が取れるそうです。ただし、有毒なので食用にはなりません。
油、つまりロウが取れるということで、蜂場の地元の人は、この木を、ロッキと呼んでいます。
実際は、ロウよりは流動性のある油が取れるようですが。


イボタノキ・訂正

昨日、イボタノキを載せましたが、写真が1枚間違えていました。

イボタノキでは無く、ウツギの写真が混ざっていましたので、間違えていた写真を削除しました。

イボタノキはネズミモチの木と似ているので、ネズミモチだと思っていましたが、ネズミモチは中国原産とのことです。
山の中に、普通に、中国原産の木が生えている訳無いよなあ、と思い調べてみると、イボタノキでした。

木の下に行くと、花の匂いがします。
ミツバチの羽音も、ブンブン鳴っています。

何とか、訪花しているミツバチが撮れました。
たくさん飛んでいるのですが、上の方の花ばかりで、下の方になかなか来ないので、撮るのが大変でした。
DSCN7880_convert_20170607234053.jpg

イボタノキ

イボタノキが咲き始めました。

遠目で見ると、ウツギの花と同じように見えます、
ただし、近づくと花の香りがします。

イボタノキも、ミツバチが訪花しているのをよく見かける木です。

例年は、ハゼノキより遅れて咲きますが、今年は同時期の開花となっています。
ずれて咲いてもらった方が、みつばちには有難いのですが。

まだ、つぼみ気味の木です。
DSCN7849_convert_20170606231613.jpg

DSCN7848_convert_20170606231557.jpg

ハゼノキ

ハゼノキが開花し始めました。

ハゼノキの近くを通ると花の匂いがします。

また、蜂場でも、同じ匂いがしています。

ハゼノキです。
DSCN7859_convert_20170605230325.jpg

小さな花が、たくさん咲いています。
DSCN7861_convert_20170605230349.jpg



抹茶パフェ

次女が、抹茶パフェを作ってくれました。

抹茶味の生クリームと、バニラ・チョコのアイスで、コーンフレークをサンドしています。
DSCN7839_convert_20170604232305.jpg

アイスが融けてしまうので、完成後すぐ、夕飯前に食べました。
ちょっとお腹いっぱいに・・・。