山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

初内検

今年、第一回目の、ミツバチの巣箱の内検を実施しました。

全群見たかったのですが、1日では終わらず。

今日は暖かかった。
明日からはまた寒いようなので、続きは様子を見ながら行います。

越冬は概ね順調のようです。

産卵をまだ開始していない群もあれば、
有蓋蜂児がたくさんある群もあります。
中には、巣枠2枚が既に蜂児でいっぱいの群もありました。

全体としては、
多くの群で産卵開始、
産卵、蜂児はまだ少な目、といった感じです。

蜂児が多いと、はちみつの消費も多く、成蜂の消耗も激しくなるので、まだこの時期は蜂児は少なくて良いのです。

また、産卵開始状況の群による差が大きいですが、この多様性が良いのです。
徹底的に管理した養蜂では、ムラを少なくした方が効率は上がりますが、
当方では、自然の中で、自然の山の木の花から蜜を採っています。

自然は、毎年状況が変わります。
花の咲く時期のずれもあれば、気温、降雨、嵐等の状況だってどうなるか分からない。

これに対応する最も良い方法が、多様性。
何かがあっても、全部が駄目になることは無い。
逆に、全部が良くなることも無いので、生産性を最大にはできない欠点もありますが・・。

ブレの大きい自然の中で、安定を求めるには、多様性が一番だと思っています。
本当、見ていると、群によって、性質が結構違うんですよ。

ちなみに、今日は暖かだったので、どの群も、蜂が良く飛んでいました。
PAP_0067_convert_20170131000346.jpg

この時期、暖かな日に、蜂が出てこない群は、多様性の範疇を超えた、問題群かも、ですね。
スポンサーサイト

ダイコン抜けた

今年は、大きなダイコンが育ちました。

食べる都度、1本ずつ抜きます。

次女が抜きました。
太さは十分ですが、土壌が浅く、地中部分は短め。
DSCN6602_convert_20170128231631.jpg

今年は、地上部分がまだ霜で凍みてきていません。
ただ、暖かくなってくると、とうが立ち、すが入ってしまうので、早く食べないと。



イノシシ獲れたにゃ

昨日、イノシシが獲れました。

最近は、米ぬかの在庫が少なく、ニワトリの餌との併用なので、箱罠への餌撒きが滞ていましたが、
イノシシによる蜂場の掘り返しが酷い為、耐え切れず、餌を撒きました。

撒いて2日目の昨日、獲れました。
普通はこんなにすぐは、かからないです。

普段は1日でさばいてしまうのですが、冷やして脂を固めた方が皮はぎが楽だと聞き、試してみました。

まずは、吊るします。
この位の大きさになると、吊るすのも重くて大変です。
ロープを万力結びにして、上げました。
一晩つるしておくので、この段階で毛皮を水できれいに洗い流しました。
DSCN6553_convert_20170128002940.jpg

内臓を出して、頭を取って、洗浄。
ちなみに、今回のイノシシはメスです。
このまま一晩寒風にさらして冷やします。
DSCN6556_convert_20170128003209.jpg

翌日の今日、皮むきしてから、背割り。
皮を剥くと、イノシシから肉に変わります。
確かに、脂が固まった方が、皮むきは楽でした。
ただし、大変な作業であることは変わらず。
DSCN6559_convert_20170128003028.jpg

そして、この後、骨抜きして、小分けして冷凍しました。

骨抜きをしていると、我が家の猫、茶々丸が登場。
茶々丸は離乳食がイノシシ挽き肉だった為か、イノシシ肉が大好きです。

肩甲骨にかぶりつく茶々丸。
骨がバキバキ鳴ってます。
DSCN6561_convert_20170128003011.jpg

野生の顔になってかぶりつきます。
DSCN6575_convert_20170128003043.jpg

猫はイノシシ肉を生で食べて良いのかな?と一抹の不安を感じながら、食べてしまったから仕方ないということで、夕飯に端肉をあげました。
食後、満足そうに寝る茶々丸。
普段、キャットフードだと、明らかにその後も何か食べたそうにしていますが、イノシシ肉を食べたら満足したようです。
DSCN6589_convert_20170128003100.jpg

猫は、肉食獣であり、屋外放飼の猫なら、ネズミ等も普通に食べてるでしょうから、イノシシを生で食べても平気でしょう、多分。
ちなみに、普段は、イノ肉は茹でてから与えています。
寄生虫の心配があるので、人間が食べる場合は、必ず十分に火を通してから食べましょう。

みつばち飼育届け

みつばち飼育届けを提出してきました。

みつばちを飼育する場合には、役所に、年1回、みつばち飼育届けを提出します。

届出なので、必要事項を記入して、提出すればそれでOKです。



昨年、当方で種蜂を購入して頂いた皆様、みつばち飼育届けは提出されましたか?
1月末までに提出ですので、忘れずに提出して下さいね。

また、そろそろ、みつばちの産卵が開始していると思います。
ミツバチは、真冬であっても、蜂児圏を35℃位の温度に保ちます。
そして、その加温の為のエネルギー源は、はちみつです。

その為、これからの時期、はちみつの消費が急激に増えます。
そして、貯蜜が無くなると、餓死となります。
くれぐれも注意して下さいね。

送料改訂

山中養蜂の、通信販売発送時の、送料を改訂しました。

多くの地域で値下げ、特に近隣県では、100円以上の値下げしました。

千葉県 610円→500円、
他関東 710円→580円、
信越 710円→580円、
北陸 710円→580円、
東北 710円→580円、
中部 710円→580円、
関西 810円→610円、
中国 930円→820円、
四国 930円→820円、
北海道 1030円→980円、
九州 1130円→1080円、
沖縄 1230円→1250円。

沖縄以外は値下げとなっています。
沖縄からの注文は今まで1回も無いので、問題ないと思います。

今まで注文を頂いたことがある、
北海道から、九州までの全都道府県では、値下げとなりました。

尚、今まで通り、
1万円以上のご注文の場合、送料は無料です。

皆様のご利用を、心からお待ち申し上げております。

2016年の成績

2016年度分の経理処理が終了しました。

青色申告書の作成は既に終わっていたので、各数字を見ながら、確認をしました。

損益計算書の数字の、月別、年計の、前年比、前年差を見て、差異要因を確認していきます。

差異イコール、対前年改善または悪化項目であり、また、説明が付かない差異は入力漏れの可能性があります。

案の定、差異確認の中で、未入力経費を見付けました。
軽トラの軽自動車税の入力が漏れていた。確認は重要です。


決算処理は、1年間の成績表を自分で付けている感じです。
特に差異分析をしていると、良い、悪いがはっきりしてきます。

売り上げは、対前年37%アップ。これは文句なしです。
内容を見てみると、通信販売、委託販売、ふるさと納税でアップしています。
ただし、館山直売所の売り上げは横ばい。新規のお客様の獲得が出来てないのかな。

また、ミツバチ販売もアップ。昨年は種蜂購入希望者が多く、販売群数制限もしたからなぁ。
当店のミツバチは、他の所で購入したものより蜂の増えが格段に違うとのお褒めの言葉も頂きました。

一方、はちみつの収量は、18%ダウン。
夏の天候不順の影響も有り、収量は減りました。
また、ミツバチ購入希望者が多く、少々ミツバチを売りすぎたかなとも思います。

今年は、ミツバチ販売はセーブして、はちみつをたくさん採らないと。
売上が上がって、収量が減ると、欠品の可能性が出るので、今年は頑張ろうと思います。
ただし、収量の増減の要因は、天候がほとんどなので、祈るしかないのですが・・・。


支出の方では、
経費は、対前年16%ダウン。
巣箱、巣枠等の養蜂具もほとんど全て自分で組み立て、
カタログ等の販促品も全て手作り、
はちみつラベルから、ホームページの作成、更新も全て自分で、
というように、全ての作業を内製化している影響で経費が下がっていると思います。
ただし、一人作業による限界もあるので、一部委託は考えた方が良いかな。


昨年は、売上、経費共に、目標以上の改善が見られたので、
今年の目標は、本業のミツバチの世話をしっかりして、収量を確保することです。
養蜂家は、はちみつを採らないと始まりませんから。

良い、本物のはちみつを作って販売していれば、
お客様は分かって下さると感じています。




快晴

寒い日が続いています。

蜂場へ向かう途中、一時雪がブワーと降ってきました。
日差しがある中、雪が舞っていて、何か変な感じでした。
遠くの景色が薄暗くなっていたので、そちらではさらに降っているのかなと思いました。

一方、蜂場に着くと、快晴。雲も見えません。
先程見ていた曇りは蜂場より西側なので、東側には雲が無かったようです。

ここ、房総では、以前いた神奈川と違い、雲の切れ目がはっきりしていることが多い気がします。
帯状の雲が多いというか。
ただ単に、空を気にするようになった、空が見えるようになっただけかもしれませんが・・。

快晴の蜂場。
DSCN6546_convert_20170123235620.jpg

空気は冷たいはずですが、日差しがあると、かなり暖かに感じます。

そろそろ、暖かな日を狙って、今年1回目の、ミツバチの巣箱内の内検をしようと思います。

もうすぐ節分。日長もすこしづつ、伸びてきています。
気温は冬真っ只中ですが、ミツバチの巣箱では、女王蜂は産卵を再開し、既に春になってきていると思います。

ヒヨドリ食害

寒さが増し、餌が減った為か、ヒヨドリの食害が目立ってきました。

ただし、野菜の中でも好みがあるようで、食べられ方に差があります。

右のブロッコリーはボロボロに食べられているのに対し、左のナバナはほとんど食べられていない。
DSCN6533_convert_20170122232849.jpg

同じアブラナ科の野菜でも、差があるようで。

干しシイタケ

今冬の、シイタケの収穫も終わりです。

秋から続いていたシイタケの発生ですが、そろそろ終わりです。
寒さが強くなると、シイタケの成長は極度に遅くなりますが、肉厚の、水分の少ない、良いシイタケが出てきます。
しかし、寒さが続いて、いよいよ、新しいシイタケの発生が無くなってきました。

今冬最後の収穫。
DSCN6527_convert_20170122135456.jpg

収穫したシイタケは、干しシイタケにしています。
乾いたものは、袋に密封して、さらにビンに入れました。
DSCN6542_convert_20170122135510.jpg

当店では、通信販売で注文のお客様で、送料がかかってしまったお客様へ、
何かしらのサービス品を同封するようにしています。
干しシイタケは、日持ちがして、軽いので、干しシイタケを入れる場合が多いです。

入れられるサービス品には限りが有り、注文が集中すると入れられない場合があるので、
同封する旨をホームページでは謳っておらず、注文して頂いたお客様だけへの内緒のサービスとしていますが、
干しシイタケのストックが出来ましたので、しばらくはサービス出来ると思います。

原木栽培の、完全天日乾燥(天日以外の乾燥方法を用いていません)の、干しシイタケですので、美味しいですよ。

青色申告書作成完了

雨予報の1日でしたが、雨はそれ程降りませんでした。

1日デスクワークに集中し、何とか2016年度の決算作業を終了しました。
そして、
青色申告書と、確定申告書の作成も完了。

各帳票の印刷、整理、数字の分析、確認には、もう1日位かかりそうですが、税務署への提出書類がとりあえず完成したので、まずは一安心。
数字の確認の中で、ミスや漏れが無いか、再確認していきます。

土木工事

昨日、来冬に持ち越しするかもと書いた作業の一つ、
蜂場の進入路の整備ですが、
急遽、実施してきました。

実際に書き出してみて、これではまずいなぁと反省し、急遽実施。

まず、子供用に作っていた、単管パイプ製の、ぶらんこと、鉄棒を撤去。

排水の為に掘ってある溝を、車が超えるために、U字溝を設置しなければと思っていましたが、必要な長さを測ると6m程。
これでは、手間も、コストもかかりすぎると考えていましたが、
溝にタイヤが落ちないようにすれば良い=溝の前後の傾斜を緩くすれば良い、と言うことで、スコップ1本で土木作業実施。

そして、軽トラが通れるようになりました。
今まで資材を、手で30m程運んでいたのが、車で侵入できるようになりました。

U字溝の設置を考えていたので、時間がかかると思っていましたが、スコップ1本で、時間とコストが削減できました。
ただし、タイヤの部分を優先で削ったので、通路の中央が高く、車の通行でわだち部分が下がると、腹をこすってしまいそうで、早急に補修が必要になるかも。


ちなみに、蜂場の方は、イノシシが土木工事をしてくれたようで、
巣箱の周りがぼこぼこ。
PAP_0065_convert_20170120013504.jpg

PAP_0064_convert_20170120013452.jpg

巣箱の土台のブロックの下を掘るのは止めて欲しいです。
巣箱が倒れてしまいます。
PAP_0063_convert_20170120013417.jpg

巣箱への直接の攻撃はありませんが、ここまでやられると、捕獲の必要が出てきます。
今年は、イノシシの捕獲をしている時間が無く、また、餌の米ぬかが不足気味なので、蜂場の罠は保留気味でしたが、こちらもやらないとまずそうです。

また、実施の必要な作業が増えた・・・。

ふるさと納税発送ピーク

ふるさと納税返礼品の1月分の発送を進めています。

間違えの無いように、確認してから箱詰めしています。
緩衝材として使用している新聞紙の在庫が無くなってしまい、急遽、近所の方から分けてもらいました。

発送の方は、明日で一段落。
DSCN6528_convert_20170118224823.jpg


1、青色申告書、確定申告書作成の為の経理作業、
2、蜂場の空巣箱、継箱の清掃、
3、春以降の為の巣枠、巣箱の組み立て、
4、蜂場の車両進入路の整備、
5、物置小屋の新設、
6、ホームページのメンテナンス等、
冬の間に予定している作業はたくさんあるのですが、
全然進んでいません。

1は絶対進めないとまずい、
2もやらない訳にはいかない、
3は出来そうにないから、春に必要になったらその分だけ組み立てるか・・・、
4,5は来年に持ち越し?、
6はやりたいんだけどなあ。

ミツバチ作業の閑散期も残すところ、あと1月半、
発送作業に追われるうれしい悲鳴の陰で、他の作業が足踏み状態に。

一人で全てやるのはなかなか大変で、やりたい作業がなかなか進みません。

FC2Ad