山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

スタッドレスタイヤ購入

軽トラ用の、スタッドレスタイヤを買いました。

先日、蜂場には雪が降り、初霜より初雪が早かったという例年にない、今年の状況です。

今までは、夏タイヤのみでどうにかしのいでいましたが、冬タイヤの購入を決めました。

館山のみなら冬タイヤは不要ですが、蜂場の方は雪が積もる時もあります。
また、雪が積もったら、異常が無いか、早急に蜂場に確認に行く必要があります。

鉄ホイール付きの、スタッドレスタイヤを購入しました。
DSCN5892.jpg

現在履いている夏タイヤの方も、前輪が摩耗しているので、近い内にタイヤ交換が必要そうです。
タイヤは以前購入したものが2本あるので、時間がある時に交換したいと思います。
スポンサーサイト

プラティー産児

先日、飼育を開始した熱帯魚、プラティーが子供を産みました。

卵胎生魚なので、卵では無く、直接子供を産みます。

数日中に産みそうな感じだったので、産卵ボックスを買ってきました。
産卵ボックスに親魚を移し、3/4程換水したら、1時間もすると産み始めました。

淡水魚は、換水の刺激で、産卵することがあります。
急激な水質変化=自然下では降雨(雨期)を告げていると思われます。

移した直後の親魚。
DSCN5852.jpg

生まれた子供。
DSCN5878.jpg

採集してきたマメチョウの餌として、常時ブラインシュリンプを孵化させているので、それを餌にしようと思います。

こんなに育ったらどうしよう。入れるところが無いのですが・・・。



イノシシ肉・おいしいにゃ

イノシシが獲れてしまった為、終日その処理で終わってしまいました。
はちみつ作業の予定が狂ってしまいました。

イノシシは30kg程のメス。
大きなイノシシより、この位の方が、解体は楽だし、肉も柔らかいので良いです。
普段食べる肉は、脂があまりたくさんあってもしつこいので、ほどほどの小さい個体の方が良いです。

骨抜き後の肉です。
今回は背割りせずに、そのまま骨を抜きました。
ここまでにするのが大変なのです。
この状態になると、ただの肉です。
DSCN5871.jpg

茶々丸(猫)は寝ていたのですが、骨抜き完了した頃、起きてきてしまいました。
我が家の猫は、小さい頃、イノシシ肉が主食だったので、大好きです。
DSCN5885.jpg

骨に付いた肉をかじり始めました。
始めは注意しましたが、骨に付いた肉ならまあ良いかと容認。
袋詰めした肉では無く、骨の方をかじるのが、賢いというか。袋をかじったら即怒られるのが分かっているのか?
DSCN5887.jpg

肉を食べている時は、普段の乾燥餌を食べている時に比べ、野生が戻っている感じです。
乾燥餌を食べる時は、にゃあ、
肉を食べている時は、ウゥ、という感じ。
耳も後ろに倒れています。
DSCN5890.jpg


あばらの軟骨を、ばりばり食べていました。

大容量15kg入りはちみつ、販売中止します

山中養蜂からのお知らせです。

大容量15kg入り・はちみつの販売を、一時中止します。

現在、はちみつの注文が多く、ビン詰め等に時間がかかっており、対応しきれない為です。

はちみつは、寒い時期の方が人気があるようです。
寒いと、甘いものが欲しくなるのかな。

販売再開時期は未定です。


尚、ホームページでの告知を忘れていましたが、
現在、当店で販売しているはちみつは、全て2016年度産となっております。
告知が遅れ(忘れ)ていまして、申し訳ありません。

三女の誕生日

今日は、三女の誕生日。

誕生日には外食に行くのが最近の恒例なので、お寿司屋さん(回るところです)に行きました。
子供が大きくなり、食べる量がかなり増えてきました。
家族5人で54皿、プラス、デザート。
娘3人でこの量、仮にこれが男の子だったらと思うとぞっとします。

長女、次女は、三女へプレゼントを用意していました。
たくさんのプレゼントで、三女は大喜び。
DSCN5837.jpg


誕生日は関係ないと思いますが、お客様からミカンを頂きました。
子供が受け取ったので、お礼が言えず。
ブログを見ておられるか分かりませんが、この場を借りて、有難うございます。
DSCN5832.jpg

我が家の子供の誕生日は、11月、12月、1月と連続しており、途中クリスマスも噛んでいるので、出費が続きそうです。

井戸ポンプ修理完了

井戸ポンプが直りました。

買い替えの場合を考えて、近くのホームセンターを見に行きましたが、
他メーカー同等品で4万円、既存品と同一メーカー同等品だと7万5千円もした為、高額出費を覚悟していましたが、
結果的には修理費298円でした。

水槽に水を貯めて、動作テストしながら原因確認しました。
DSCN5827.jpg

原因はこれです。
このパッキンのシール不良。
65mmの塩ビ管の掃除口のパッキンが同サイズだった為、これを購入。
水が通る部分の金属がかなり摩耗しています。
DSCN5825.jpg

上記のカバーの内側が、水を上げる為の歯車です。
DSCN5826.jpg

歯車の摩耗も進んでいて、吸水圧も低下しているようなので、減圧弁の押さえバネを抜きました。
DSCN5829.jpg

配管部も全てばらして清掃。
こちらは、詰まり等は特に無し。
DSCN5828.jpg

そして、無事に動作しました。
勢いよく水が出ました。
DSCN5830.jpg

蜂場の水は、カナケ(鉄分)が多く、それにより、砂取り器のストレーナーが詰まり、吸水側の陰圧が強くなり、パッキンの破損となったようです。水が上がらない為、歯車が回り続け、摩耗が進んだ可能性もあります。


井戸ポンプはこれで使えるようになりましたが、砂取り器のストレーナーの修理がまだです。

カナケで完全に詰まったストレーナーの錆取りができるかどうか。
100メッシュの細かな網なので、破らずに取るのは大変です。
酢に漬けてみましたが、酸ではあまり溶けないようです。
錆取りに糖蜜を使うと聞いたので、はちみつで漬けてみました。
廃糖蜜と違い、はちみつは普通の蜜なので、リン酸分が多くないかもしれません。取れるかどうか?

ストレーナーの取り付けネジは腐食で折れ、ネジ穴に残ってしまっているのが数本あるので、これを取るのも大変そうです。
新品購入だと、2万5千円。どうにか直したい。


あと、ベルト鳴きしていた車のベルトのテンション張り、
DSCN5831.jpg

交換時期を過ぎたまま保留していたエンジンオイル交換をしました。

タイヤの空気圧も低そうなので、この調整もしないといけませんが、手が回らず。

昨日は、蜂場では雪が降りました。

館山ではみぞれという感じで、積もりませんでしたが、
蜂場は、雪が降って、遠隔監視カメラで見ると、真っ白でした。

そして、翌日の今日、昼頃見に行くと、まだ雪はわずかに残っていました。

巣箱の上にも少し。
DSCN5820.jpg

草の上にも少し。
DSCN5822.jpg

雪が残っている為か、蜂場は館山に比べ、ずっと寒かったです。

この冷え込みの為ではないと思いますが、蜂場の井戸ポンプが壊れてしましました。
購入するとかなり高いので、直せないかなぁと思っています。
とりあえず外して、持って帰ってきました。

熱帯魚水槽

久しぶりに熱帯魚飼育をはじめました。

近くのホームセンターで在庫処分で安い水槽が売っていて、台所の前の出窓に置けそうだったので購入。

水槽とフィルターは、ホームセンターで買った処分品、
ヒーターは既に持っていたもの、
底砂は、以前、次女が抽選で当たってもらったソイル、
照明はLEDのを買いました。
水温計は海水水槽から1個拝借。

そして、魚は、
ハイフィンイエロー・ミッキーマウスプラティを4匹、
コリドラス・パンダを3匹入れました。

レイアウトは、
アヌビアス・ナナと、アヌビアス・ナナ・プチを流木に付けたものを入れました。

出来上がった水槽はこちら。
DSCN5788.jpg

水槽前面が曲面の水槽で、中が少し大きく見えます。
DSCN5790.jpg

魚は、かみさんの要望で決めました。

濾過が落ち着いたら、テトラか、ラスボラの小さいのと、コケ取りのオトシン、ソイルの攪拌にクーリーローチでもどうかと考えています。
ただ、水槽が小さいので、あまり入れられないかも。

井戸水があるので、水替えは非常に楽です。
お湯と水を混ぜて、手で水槽の温度と比べて同じになったらそのまま水槽に投入。塩素中和が不要です。
手の感覚での温度合わせですが、意外なほど正確に温度が合わせられます。人間の感覚も捨てたもんじゃありません。

台所に水槽があるので、排水も目の前のシンクでOK、蛇口も水槽の目の前にあります。

淡水生熱帯魚の飼育は、20年ぶりくらいかな。
魚の名前は、意外に覚えているものですね。

固まったはちみつ

明朝は、雪の予想が出る程、寒いようです。
多分、ここ、館山は降らないとは思っていますが・・・、少なくとも積もることは無いでしょう。

ただ、どんどん寒くなってきています。

寒くなると、はちみつは、粘り気が一段と増し、さらに進むと固まる場合もあります。

はちみつが固まると扱いずらいと言われることもありますが、
固まってもそれはそれで、美味しいです。

お勧めなのは、バターと混ぜて、ハニーバターにして、パンに塗って食べる。
固まっていないはちみつでも美味しいですが、固まったものの方が美味しい気がします。

また、紅茶等に入れる場合は、固まっている方が、べたつかなくて好まれたりもします。


あと、はちみつが固まった場合の注意点を一つ。

下の方が固まり始めて、上が固まっていない時、固まっていない上だけを使わないこと。
固まり始めたら、きれいな大きなスプーンや長い箸等で、底から全体を混ぜて、全体を均一にしてしまうと良いです。
そして、半流動状態にしてから使うことをお勧めします。

固まり始めた時、固まっていない上だけ全部使ってしまうと、固まった部分だけでは温めても融けにくくなります。
均一に混ぜておけば、湯煎すればいつでも、元のはちみつに戻すことが出来ます。

ナメコ・たくさん

キノコがたくさん採れています。

シイタケに続きナメコも。
ちょっと大きくなりすぎてしまったかな。
DSCN5750.jpg

たくさん採れました。
DSCN5756.jpg

ナメコはシイタケと違い、一度に全部がどっと出るので、収穫が大変です。
ぬめりでべたべたですし。
乾燥するとぬめりが無くなるそうなので、冷凍保存にします。

ピータン・レシピ

以前頂いた合鴨卵で作ったピータンを割って食べてみたところ、うまく出来ていました。

レシピを忘れないように、ブログに書いておきます。

漬込み開始日 2月24日
合鴨卵 10個程
消石灰 200g
セスキ炭酸ソーダ 50g
塩 4g
水 200ml

厚手のビニール袋に材料を全て入れて混ぜた後、卵を投入し全体にまぶします。
卵に材料が密着するように空気を抜いて、ゴムで封をして、そのまま室温で放置。


漬込んでいた期間は、9か月程です。
漬込みから何か月で完成していたかは不明。夏を越しているので、その間に反応が進んでいるのかもしれません。

炭酸ナトリウムより、セスキ炭酸ナトリウム(炭酸ナトリウム:炭酸水素ナトリウム=1:1)の方がはるかに入手し易いので、これを使ってみましたが、問題ありませんでした。ホームセンターや、ドラッグストアで普通に買えます。

消石灰は、卵全体にまぶすための、かさ増しの意味も込めて使用したので多めです。これまた、園芸コーナーや肥料用で普通に買えます。

卵を、強アルカリにさらして、変性させれば良いと思われるので、アルカリ成分と、味付けの塩以外は特に加えませんでした。

完成したピータンです。
DSCN5727.jpg

水で洗ってから、殻をむいた状態。
DSCN5728.jpg

切ってみました。
DSCN5730.jpg

見た目も、味も、正しくピータンそのものです。

今度は鶏卵でも試してみたいです。

ロボロフスキーハムスター

ロボロフスキーハムスターを飼い始めました。

昨日、ホームセンターのペットショップでふと惹かれ、今日買ってきました。

今までのハムスターは、実験動物を飼うような、小動物用の飼育ケージで飼っていましたが、
今回は観賞用らしい普通のケースを買ってみました。
DSCN5733.jpg

雄雌1匹ずつ、計2匹です。
DSCN5737.jpg

FC2Ad