山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

ガサガサ

近くの用水路に、ガサガサとやってきました。
網を持っての、生き物採集です。

途中でマムシを見付けました。
水路周りの草刈りで用水路に落ちて、登れなくなったようで、水路を泳いでました。
網袋を持っていなかったので、捕獲できず。
捕獲後ずっと手に持っている訳には行かないので。

捕れたザリガニです。
サワガニもいます。
ニワトリの餌に。
DSCN4140_convert_20160731084105.jpg

ドジョウです。
DSCN4141_convert_20160731084121.jpg

林の中で、ドバミミズも掘ってきました。

夜、ドバミミズ、ドジョウを餌に、釣りに行きました。
ウナギ狙いです。
結果は釣れませんでした。
2回かかりましたが、糸を切って逃げられました。
3号ラインでは耐えられなかったので、もう少し太いラインを巻いて、再挑戦したいと思います。
スポンサーサイト

ヒバカリ幼蛇

ヒバカリの幼蛇を捕まえました。

入れて置く適当な容器が無かったので、とりあえず、王籠に入れて持ち帰りました。
DSCN4123_convert_20160729234850.jpg

指の太さと比較すると、ヘビがいかに細いか、分かると思います。
黒っぽいヘビに見えますが、実際はもっと茶色です。
周りの白い容器の色に露出が引っ張られて、暗く(黒く)写っているだけです。

餌が大変そうですが、ミミズを食べるヘビなので、少し飼育して見ようと思います。

プラケースに入れると、猫が気になって、ケースをひっくり返してしまいました。

鴨川シーワールド

地域の子供会の行事で、鴨川シーワールドに行きました。
子供会と言っても、隣接地区と合わせても5家族のみの参加ですが。

私は、ミツバチの世話で行きませんでしたが、写真をたくさん撮ってきてくれました。
450枚以上撮ってありました。
デジカメになって便利になったものです。フィルムカメラ時代では、こんなに撮りまくりはありえません。

その写真の紹介です。

シャチのジャンプ。
DSCN3941_convert_20160728231902.jpg

イルカのジャンプ。
DSCN4108_convert_20160728232023.jpg

ベルーガ。
DSCN3981_convert_20160728232001.jpg

アシカの笑顔。
DSCN4197_convert_20160728232058.jpg

セイウチの顔のアップ。
DSCN4276_convert_20160728232121.jpg

海獣ばかりです。

シャッターを押してから撮影までのタイムラグが長いこのデジカメの割には、良く一瞬のシャッターチャンスを撮れているなと思います。
ボケボケ写真もたくさんありましたが。

草刈り

今日は天気が悪い予定だったので、内検はおあずけ。
代わりに、草刈りをしました。

この時期の雑草は、ぐんぐん伸びます。
蜂場の通気も悪くなり、また、イノシシの隠れ場所にもなるので草刈りです。

巣箱の近くの草刈りは、ミツバチの機嫌を損ない、刺されるので、面布を着ての草刈りとなります。
当然暑いので、晴れた日はやりたくない、この位の天気の方が良いです。

巣箱周りもすっきり。
DSCN3867_convert_20160727221856.jpg

イノシシに掘られている法面も草刈りをしました。

草刈り後、虫を探す子供。
DSCN3862_convert_20160727221808.jpg

ニワトリの餌です。

次女は、オオカマキリが気にいっているようで、それの餌にもするようです。
DSCN3855_convert_20160727223322.jpg

内検は早朝に限る

子供が夏休みに入り、蜂場へは子供同伴で行っています。

休み前は、三女をこども園に送らなければならず、どうしても早朝の内検は出来ませんでした。
しかしこの時期は、子供を連れて朝早く行けます。

昼間の太陽の元での内検は正直きついです。
その点、朝なら涼しい。

ミツバチも、外勤蜂は、朝一斉に花へ出かける為、巣箱に残った蜂はおとなしいです。
これが、夕方になると、大方の外勤蜂は戻っていて、気が荒くなります。
巣を守る攻撃性の高い蜂の多くは外勤蜂。出来るだけ外勤蜂が少ない時間の方が、蜂が比較的おとなしいです。

今日は、途中雨が降って、少し中断させられましたが、涼しくて、内検がはかどりました。

特定保健指導

特定保健指導に来るようにとの通知が来たので行ってきました。

先日の健康診断の結果が来ないなあと思っていたら、結果の説明及び特定保健指導の案内が来ました。
メタボ該当者には、無料で保健指導をするので来て下さいとのことです。
気が重いですが、とりあえず行ってきました。

体重を落とすために、何をやるか?目標は?等を決めてきました。

担当の方のコーチング、さすがですね。
相手の状況を理解をしているという態度を示しながら、話の方向を持って行く。
多分、これの担当をやるのに、結構な研修等をやっているんだろうなと推測します。
話にうまく乗せられ、目標値の設定をしてきました。

昔からこんな体型で、体重も同等だったので、特に改善の意思は無かったのですが。
サラリーマン当時より、ストレスは減っているのに、健診結果の数字は悪くなっているので、運動不足かな。
当時は、ぎりぎり、対象を免れていたのですが。

山に行くとは言っても、移動は車。当時は、ずっと歩いていたからなあ。
最近は、筋力の低下も感じているので、良い機会かもしれません。
毎日のモニタリングをしていくのは・・・正直大変ですが。

野菜たくさん

野菜がたくさんです。

DSCN3802_convert_20160725065912.jpg

トウモロコシとナスは我が家で採れたもの、他は貰い物です。

採れたてキュウリは、購入ものとは味が違います。甘味を感じます。
翌日になると、普通のキュウリですが・・・。

このトマトは、皮まで柔らかいです。
同じ苗をもらって我が家で育てた同じ種類のトマトは、ここまで皮が柔らかくなりません。
ハウスで育て、水管理等もしっかりやってこそ出せるおいしさのようです。

ちなみに、我が家の野菜も、頂いた野菜も、農薬は全く使用せずに作ったものです。
採れたて、そのままかじれます。


虫が湧いてしまったという米も頂きました。
精米後、保管中に湧いてしまったとのことで、30kg分です。
こちらは、ニワトリの餌用です。
我が家のニワトリは、市販の養鶏飼料は一切与えずに育てています。

子供と内検

館山直売所の雑草の背が高くなってきました。
車を停めた時、ドアで草を挟んでしまう。
これでは、お客様に失礼なので、草刈りをしました。

そして、草刈りがほぼ終了したところで、長女に呼ばれました。
「あれ見て」。・・・・・分蜂でした。

しばらく見ていると、未遂で終わり、働き蜂が巣箱に戻っていきました。
館山直売所の裏には、採蜜用の大きな群は置いていないので、つい、内検が疎かになってしまいます。
ということで、急遽内検。
店番は、次女三女に任せ、長女と共に内検。お客様がご来店の時は子供に呼んでもらいます。


当方のミツバチは、女王蜂の羽切りをしてあるので、女王蜂は飛ぶことが出来ません。
その為、この女王蜂による、1回目の分蜂は必ず未遂で終わります。

内検したところ、この群は、出房直前の王台がたくさんありました。
王台を取ると、既に体も固まった、出房直前女王蜂が動いていました。
旧女王蜂も健在だったので、旧女王蜂で人工分蜂し、巣箱には出房直後の女王蜂を1匹だけ残しました。

子供も内検中。
DSCN3793_convert_20160724041401.jpg

子供が、自由研究用に、自分で写真を撮りました。
中央に女王蜂がいます。背中に白い点のマークがあるのが女王蜂です。
DSCN3776_convert_20160724040101.jpg

ちなみに、分蜂機運が高まっていたのは、分蜂未遂を起こした群のみで、他の群は分蜂気配はありませんでした。


懐かしい顔ぶれ

東京の、サラリーマン当時働いていた会社まで、久しぶりに行ってきました。

プラスチックの密閉容器をもらう為です。
資材の入っていた容器で空容器は廃棄となりますが、密閉できる丈夫な容器で、食品の入っていた容器なので衛生的にも申し分ありません。
良く洗浄してから、ミツバチの餌入れに使用します。

皆さん非常に元気で、懐かしい顔ぶれに合うことが出来ました。
お忙しい中、時間を取らせてしまい申し訳無いと思いながら、ついつい色々話をしてしまいました。

お土産もたくさん頂き、早速、夕飯で食べました。
しばらくは麺三昧になると思いましたが、我が家の娘はたくさん食べるので、すぐに無くなりそうです。

海水浴

今日は、子供の終業式。

11時には帰って来るので、蜂場には行けず、
午後から、近くの海に泳ぎに行きました。

周囲に人はおらず、貸し切り状態。
砂底の磯浜のタイドプールです。
DSCN3643_convert_20160720234945.jpg

満潮で水没していますが、前後は満潮でも膝程度までしかない浅瀬に囲まれています。
泳いでいる所は、深い所では大人の背がぎりぎり立たない位です。
浮輪でぷかぷか浮いていると気持ちいです。
岸近くはタイドプールの時に温められた暖かい海水、少し沖に行くと新しい冷たい海水が入ってきます。

浜は砂礫です。貝がら比率が高く白っぽく見えます。白浜という地名の通りです。
ニワトリの餌のカルシウムに最適。
DSCN3620_convert_20160720234924.jpg

帰りに港で少し採集。
メジナの子2匹とエビたくさん。
DSCN3748_convert_20160720235009.jpg

アオリイカの子供がいるよと近くの釣り人に言われましたが、見つからず。

カラスザンショウの流蜜が開始

カラスザンショウの蜜が出だしたようです。

黄色い花粉を運んでいる蜂が増え、巣門が黄色く染まってきました。
DSCN3592_convert_20160719231201.jpg

蜜は、ぼちぼち貯まり出してきた感じです。

暑いですが、相変わらず分蜂機運は低く、内検は比較的楽です。
ただし、この状態だと、ローヤルゼリーは採れません。

ローヤルゼリーは、注文予約で売れてしまい、店になかなか並べられません。
もう少し採りたいとは思っていますが、欠品の際はご容赦ください。

初・カブトムシ

今年の初のカブトムシが、樹液に来ていました。

カブトムシのメスです。
上にいるチョウは、スミナガシです。
特に蝶に興味が無い私には、黒い蛾のようにも見えます。
DSCN3588_convert_20160719231147.jpg

口吻が赤いのが、このチョウの特徴のようです。

少し経ってから見たら、コクワガタもいました。
昼間から、次々に虫が来ます。
カナブンは、木の周りをブンブン飛んでいます。カナブンは頭突きで、場所取りをしています。
DSCN3594_convert_20160719231217.jpg

木のいたる所から蜜が出ているので、いろんな場所に虫が付いています。

FC2Ad