山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

長女と内検

館山直売所の営業中、裏の蜂場の内検、及び、ミツバチの出荷準備をしました。

長女が一緒に見たいというので、長女とともに内検。
DSCN3937_convert_20160331221635.jpg

レクチャーしながら実施しました。
スポンサーサイト

3段目

蜂が多い群で、3段目の継箱を上げました。

2段満群となり、さらに蜂が増えてきた為3段目です。
いよいよ、春の採蜜に向けた準備です。
DSCN3925_convert_20160330215442.jpg

ちなみに、全ての群がここまで増えているのではなく、単箱の群も、2段目の群もいます。
春は花の出す蜜量が多くないので、蜂場の全てを強群にしても、蜂の基礎代謝分で多量の蜜を消費してしまい、結果、蜜が採れなくなります。
そこで、当方では、群の伸びにムラを作らせ、最強群に蜜が集中的に集まるようにしています。

イノシシ捕獲

イノシシが獲れました。

今日はミツバチの内検の予定だったのですが、イノシシが箱罠にかかってしまった為、急遽予定変更となりました。

子供と一緒にミツバチの内検の予定が、子供に手伝ってもらいながらのイノシシの解体となりました。

結構大きなイノシシでした。
DSCN2348_convert_20160329192547.jpg

背中にたてがみの立っている、立派なオスです。
おしりに、仲間同士戦った時の傷がありました。長さ7~8cm位の肉まで達した傷でした。
この時期は繁殖期なので、オスは傷のあるものが多いです。傷は逆側なので写真には写っていません。

脂の全然無い肉でした。
背中の皮、脂は、鎧のようにカチカチです。
脂を気にせず皮剥ぎができたので、皮剥ぎは比較的楽でした。

今日は1日、イノシシになってしまいました。

ドライブ

昼間に潮が良く引く日だったので、海を見ながら、海水汲み、ドライブに行きました。

雨が降っていたので、小雨の時に海で少し磯採集をしました。
ウニ、ナマコ等多数いましたが、目当てのテッポウエビは捕れず。

途中、道の駅に立ち寄りました。
子供が欲しがったので、海の生き物のぬいぐるみのストラップを購入しました。
トゲチョウ、クマノミ、ハナタツ。
DSCN2338_convert_20160328220031.jpg

途中、軽トラのカギを紛失するハプニングもありましたが、その前の立ち寄り先に引き返して無事発見。

白い花粉

今までは、菜の花や、桜の、黄色い花粉だんごを付けたミツバチが多かったですが、
巣箱前で帰って来るミツバチを見ていると、白い花粉だんごを付けている蜂が増えてきました。

何の花粉なのか見ていると、白い花粉団子を付けたミツバチを、フキの花で見付けました。

DSCN2328_convert_20160327215841.jpg

他にもあるのかもしれませんが、白い花粉の持ち主の中には、フキノトウが育った、フキの花があるようです。

イチゴ

冬の間、ロゼット型で地面に伏せていたイチゴが、いつの間にか上に向かって伸び出しました。

DSCN2308_convert_20160326191737.jpg

冬の間も花は咲いていましたが、実は成りませんでした。
ビニールトンネルをしておくと冬でも実るそうです。

そろそろ、実が成長するのでしょうか。

ミツバチの巣箱のすぐ隣にあるので、受粉はばっちりだと思うのですが。

女王蜂・リマーク

当方では、女王蜂は、産卵開始を確認しその卵が正常に働蜂に発生するのを確認後、羽切り、マーキングをしています。
その為、この時期の女王蜂は全て、羽切り、マーキングがしてあります。

しかし、マーキングは薄くなって消えてしまうこともあります。
内検時、マークが薄くなっているものには、再マーキングします。

マークの色は、女王蜂の誕生年によって分けています。
その為、色を見ると誕生年がわかります。

現在の女王蜂は、ほとんどが2015年産(水色)、一部が2014年産(緑色)です。
ちなみに、今年の女王蜂は白色でマークします。

女王蜂のマーキングをしておくと、内検時の女王蜂確認が楽になります。

女王蜂の写真を撮ろうと思っていましたが、作業に追われ撮り忘れ。


まだ、群が大きくない今のうちにしっかりマークしておきます。
現在、一番伸びの良い群が3月中には、2段満群になりそうです。
全体的には、何とか、単箱いっぱいという感じ。

子供の巣箱清掃

子供が春休みになったので、巣箱清掃を手伝ってもらいました。

ハイブツールで巣箱の内部を削って清掃中。
DSCN2303_convert_20160324220445.jpg

この後の巣箱内部のバーナー焼きは私がやりました。
火を使うのは危ないので。

子供と蜂場へ

こども園、小学校が終業式でした。

ということで、久しぶりに子供を連れて蜂場へ行きました。

DSCN2301_convert_20160323215110.jpg

早く終わらせてと、急かされながら作業実施しました。


三女が、ひらがな練習で、すみれ と書いていたので、
実際の花はこれだよ、と見せてあげました。

スミレの花です。
DSCN2296_convert_20160323215056.jpg

巣箱交換

春は巣箱内が湿ってくる時期です。

蜂児圏は人間の体温並みの温度がある為、温度差による結露、
固まったはちみつを溶かすための水の持ち込み等の為です。
春は、意外にもみつばちの飲水が多いです。

その為に巣箱内が湿ってきます。
みつばちの健康にとって、湿り気は大敵なので、巣箱の交換をします。

清掃済みの巣箱に蜂を巣枠ごと入れ替えます。
そして、古い巣箱は清掃し、バーナーで内側を焼いて、殺菌、乾燥させます。

清掃済みの巣箱です。
DSCN2293_convert_20160322231821.jpg

内部はこんな感じに焼いています。
DSCN2294_convert_20160322231834.jpg

古い巣箱は、焼きを何度も繰り返しているので、もっと真っ黒になっています。


そろそろ、単箱満群の巣箱が増えてきました。
ちらほら、継箱を上げる群も出てきました。
継上げが本格化する前に、巣箱清掃を一通り行います。

デスクワーク

東京で桜(ソメイヨシノ)の開花宣言がでたとのことですが、館山直売所を営業していた為、桜の木の近くに行っていないので、どうなっているのか見ていません。

3連休最後の日でしたが、降水確率も高く、夕方日差しが差すまでは、くもり・雨の天気でした。
3連休の最後の日は、観光客の方は概ね帰られているので、お客様は少な目です。

ということで、子供に店番を任せ、デスクワークをしていました。
お客様が来られると、子供が大声で呼んでくれます。

1月からの、売り上げ伝票をまとめ、領収書の入力を行いました。
1,2月分の月別損益計算書もまとめました。


数字をみると、
前年同期より、
売り上げが45%アップ(取引先増加、1取引先当たりの売上増加の影響)、
ネット販売が8倍に増加(リピートのお客様増加の影響)、
という感じに内容が見えてきます。
まあ、前年が低いだけなので、まだまだなのですが・・・。

ちなみに、館山直売所での、今月の売り上げ進捗は前年比マイナスです。
(土日曜日の天候が悪い影響・・・)。
良いことばかりではありません。

経費の方も増えているのですが、無駄な購入は無いですし、月ずれ購入もあるので、こちらは問題は無いでしょう。

このような数字の分析にも、サラリーマン当時の経験が役立っています。
過去の知識・経験は、当時は考えなかった、意外な所で役立つのだなあと感じます。

連休中日

本日は、連休中日の日曜日。
普段ならたくさんのお客様のご来店を頂ける状況なのですが、天気が振るわなかった為か、少な目でした。
天気予報では、晴れ時々くもりだったのですが、実際は、くもり時々雨でした。

館山に越して来てから、天気予報が当たってないと感じる日が増えた気がします。
海の近くで天気が読みにくいのか、都会から離れると予報がテキトーになるのか。
それとも、サラリーマン当時は、そもそも天気を気にしていなかったのか。

ところで、
ハチミツの代わりに、種蜂用のミツバチが良く売れています。
本日も2群出荷、新規予約も2群ありました。

今春販売予定数に達した為、種蜂の販売に関しては、即納は不可となっております。
新規予約はお受けしますが、納期は、1~2か月後の予定です。

ミツバチを飼育したい人が増えているようです。

当方でミツバチを購入するメリットは、飼育相談に応じていることだと思います。
ミツバチを購入しても、飼育はどうすれば良いか、本を読むだけでは分からないことも多いと思います。
そんな時、質問にお答えしています。
昨年、購入された方の中には、毎週のように電話をしてくる方もおられました。
質問の多い方ほど、良い結果を出されている気もします。

金額だけで探せば、安い所はあると思いますが、養蜂家直売にはそんなメリットもあると思います。
購入して頂いた方のみへのサービスです。


私自身は養蜂の師匠は無く、全て独学なのですが、
周りを見ると、師匠のいない人はほとんどみかけません。養蜂には、見て、聞かないと分かりにくいことも多いのかもしれません。

ちなみに、私はイノシシの狩猟も師匠はおらず、独学です。
根本的に、自分で考えてやるのが好きなのです。

FC2Ad