山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

代用花粉練り

明日から3月。
ミツバチの増勢も本格化してきます。

その為、代用花粉を練りました。

代用花粉は、花粉の不足する時期に、それを補完する為に与えるものです。
花粉は、蜂児の餌なので、蜂の子の成長を促し、増勢を進めることができます。

とりあえず、130個程練りました。
DSCN2156_convert_20160229215022.jpg
スポンサーサイト

巣枠の針金張り・子供

子供に巣枠の針金張りを手伝ってもらいました。

巣枠へのはと目の押し込みは長女が実施。
DSCN2147_convert_20160229053843.jpg

針金伸ばしは次女。
DSCN2148_convert_20160229053859.jpg

三女は巣枠運び。しかし、すぐに飽きてしまったので、長女と次女にバトンタッチ。
DSCN2149_convert_20160229053913.jpg

長女には、針金張りをやってもらいましたが、2個でギブアップ。
力も必要なので、難しかったようです。
DSCN2151_convert_20160229053927.jpg

ブルーベリーの芽

ブルーベリーの芽がだいぶ膨らんできました。

朝はまだかなり寒いですが、着実に春になっているようです。
DSCN2140_convert_20160227222329.jpg

品種により、膨らみ具合がだいぶ異なります。

これは、膨らみが進んでいるものです。

駐車場看板

館山直売所の入り口に、駐車場の表示看板を作りました。

駐車場の入り口を分かり易くする為です。

今までは、入り口の両脇に駐車場ののぼりを立てていましたが、強風で破れてしまい、1枚だけになっていました。

また、のぼりでは、風向きによって文字が分かりにくいようでした。

よって固定看板にしました。
DSCN2137_convert_20160226223656.jpg

少し小さい気もしますが、入り口が分かり易くなったと思います。

今朝は、ここ館山でも雪が降りました。

落ちるとすぐに融けてしまい、積もりはしませんでしたが、降っていました。
朝7時に小学校に出かけた子供が、雪が降っていると言って気付き、
9時に三女を幼稚園に送った際もまだ降っていたので、しばらく降っていたのだと思います。
しかし、全く積もらず。

ちなみに、山の蜂場の方は、巣箱の上にふんわり雪が載っていました。
やはり、蜂場の方が寒いようです。

昼からは日も差して、暖かくなりました。

確定申告

税務署に、青色申告書、確定申告書の提出に行ってきました。

書類は完成しており、提出だけなので、郵送でも良いのですが、直接持って行きました。

税務署の駐車場は、駐車待ちの車で渋滞していました。
警備員の案内に従い、第二駐車場に行きました。こちらは、ガラガラ。

税務署の中は、申告書作成の為か、混んでいました。
ただし、私は提出だけなので、カウンターに提出して、受領印をもらって終了。

今年度も既に2月。経理書類が溜まり出しました。
処理を進めないと・・・。

伊予柑、デコポン

近所の方から、伊予柑と、デコポンを頂きました。

デコポンというのは、JAの登録商標のようなので、品種名では不知火というようです。

柑橘は、収穫後、しばらく置いておいた方が、酸味が飛んでおいしくなるそうです。
その為、しばらく置いておこうと思います。
DSCN2136_convert_20160223221135.jpg

頂いてばかりですが、有難うございます。

合鴨の卵

近くの方から、合鴨の卵を頂きました。

合鴨農法の田んぼで使った合鴨を引き上げて飼育していて、卵を採ったそうです。
雌雄がいて受精卵なので、温めれば孵るのかも知れません。
味は大味であまりおいしくないと言われてましたが、食べてみようと思います。
DSCN2134_convert_20160223083258.jpg

卵殻の質は、鶏卵と亀の卵の中間位の感じです。
鶏卵よりも柔軟性がある感じ。
水鳥だからなのか、受精卵だからそう感じるのか。

以前、鶏卵で挑戦してうまくできなかったピータンを、合鴨卵で試してみようかなとも思います。

趣味用ミツバチ・種蜂販売

最近は、ミツバチを飼育して見たいという方が増えているようです。

ミツバチを購入したいとご相談に来られるお客様がたまに来られます。

今日も2名来られ、1名の方が購入のご予約をしていかれました。
当方では、ミツバチの販売数に限りがありますので、ご購入希望の方には予約をして頂いております。

ご購入希望者多数の場合は、販売できないことは無いと思いますが、お引渡し時期を遅らせて頂きます。
引き渡し時期の目安は、桜の花が咲く頃、ご希望者多数の場合はその後順次となります。

早めに飼育を開始したい場合は、早めの予約をお勧めいたします。


今年は、全国的に蜂不足気味のようで、価格も上昇傾向のようです。
当方では、価格は据え置きで販売させて頂いております。

給水装置

サンゴの水槽への給水装置を作りました。

海水の水槽は、水が蒸発すると、塩分濃度が濃くなってしまう為、真水を足します。

その際、一気に足すと、薄い海水に生き物がさらされてしまいます。
その為、ゆっくり足せるようにしました。

と言っても、単にペットボトルの底に穴を開けただけです。
小さな穴から少しずつ水が落ちます。
キャップの締め具合で、水の落ち方が調整できるかなと思いましたが、ちょっと締めるとすぐに止まってしまいます。
さすが、キャップの気密性が高いようです。
DSCN2133_convert_20160220230816.jpg

ちなみに、足し水に使用している水は、
逆浸透膜フィルター処理を謳っている、近くのスーパーでポイントと引き換えでもらえる水を使っています。

水道水や、井水をそのまま使うと、水に含まれる栄養塩でコケが出たりします。

我が家では、天然海水100%使用なので、人工海水を溶かすための真水は不要です。
足し水に使うだけなので、スーパーで貰う水で十分です。

以前、水道水に人工海水を溶かして使用していた時は、コケが良く発生していました。
海の近くに越して来て、天然海水を使用するようになったら、コケが全然でなくなりました。
水道水には、コケの栄養が多かったのだと実感します。
また、現在使用している、房総半島南端で汲んでいる水の水質が良いのだなとも思います。

ちなみに、我が家のサンゴ水槽の、キノコ畑はこんな感じ。
ウミキノコです。
DSCN2127_convert_20160220230800.jpg

ミツバチ日和

今日は気温も上がり、暖かい1日でした。

全群に、給餌をしました。
餌を与えて、増勢を進ませる為です。

ミツバチは、ブンブン飛び交っていました。

巣門も蜂であふれています。
DSCN2110_convert_20160219232714.jpg

黄色い花粉を付けて帰って来る蜂がたくさんいました。

待ち箱設置

蜂場の山に行って、二ホンミツバチの待ち箱を設置してきました。

風邪がなかなか抜けきらないので、体慣らしを兼ねて。

以前掘った、丸太巣箱を置いてきました。
DSCN3918_convert_20160218092040.jpg

中には、二ホンミツバチの巣クズを塗っておきました。
分蜂時期が近づいたら、また塗りなおそうと思います。
DSCN3919_convert_20160218092054.jpg

FC2Ad