山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

マムシ酒

マムシを焼酎に漬けました。

網袋の中で生かしていたマムシのフン出しが終了したので、焼酎に漬けました。
IMG_3179_convert_20141031232647.jpg

焼酎が少し足りないので、後日、ビンの縁まで足したいと思います。
このまま、しばらく漬込みます。
直売所で展示・販売しております。売れるかは分かりませんが・・・。
スポンサーサイト

古い巣ヒの焼却

巣ヒというのは、木の枠にミツバチの巣が入った巣枠です。

巣ヒはミツバチにとって、育児の場であり、また、蜂蜜や花粉を貯める場所でもあります。
今は冬越の準備で、蜂の密度を保つため、巣ヒの数を減らしていっています。

巣箱から抜いた巣ヒ枠は、来年も使用するものに関しては、一度、冷凍庫で凍結させてから、密閉容器で保管しています。
凍らせる理由は、巣虫と呼ばれるミツバチの巣を食べてしまう虫(ハチノスツヅリガの幼虫)を殺すためです。
薬品等で巣虫を殺す方法もありますが、山中養蜂では最も安全な「凍結」という方法をとっています。

また、何年も使用した古くなった巣ヒ枠は、焼却処分しています。
蜂蜜が貯まる場所でもあるので、衛生を考えての処置です。

古い巣ヒ枠に残ったハチミツをミツバチに吸わせた後に、焼却処分しました。
ミツロウが主成分なので良く燃えます。
IMG_3177_convert_20141030220335.jpg

凍結処理、焼却処分ともに、空の巣ヒ枠が発生都度、少しづつ行っていきます。

砂糖水給餌

ミツバチの冬越しの準備として、砂糖水を与えています。

ミツバチは冬眠しない為、冬前に蓄えた餌を消費しながら冬を越します。また、早春の増勢(働き蜂が増えることです)にも蓄えておいた蜜を使います。その為、今の時期に砂糖水を与え冬越しに備えます。
今は全群への一通りの給餌を終え、まだ貯蜜が少な目の群に対し追加の餌を与えています。

砂糖水を木製の給餌器に入れて与えます。与えている砂糖水は、砂糖1kgに対し水を650g加えて作ります。
給餌器を砂糖水で満たすと、砂糖の重量で1.5kg分位入ります。
これだけの砂糖水ですが、1晩で全て吸ってしまいます。1匹1匹はわずかでも、多数集まった時のすごさを感じます。

給餌器に砂糖水を満たすとすぐに吸い始めます。きれいに並んで吸っています。
IMG_3172_convert_20141029222109.jpg

猫の成長記録

10/22に猫が来て1週間たちました。
来た時に430gだった体重は、555gになりました。約1.3倍です。すごい成長率です。
来た時にはよちよち歩きだったのが、今では走ってます。

ちなみに名前は、「ちゃちゃまる」になりました。
夜は、いつも店主のふとんの中で寝ます。かわいい猫です。

餌を良く食べます。
IMG_3134_convert_20141029015309.jpg

乾燥したキャットフードのEPはまだそのままでは食べられません。水でふやかして与えています。
ただし、キャットフードより肉の方が好きなようです。レンジでチンした、イノシシ挽肉、刻んだレバー、鶏肉等、喜んで食べます。

ヘアリーベッチの生育状況

ヘアリーベッチの生育状況が一変していました。
播種後、豆(種)から根が伸びているだけだったヘアリーベッチですが、今日見たら青々としていました。

カラスノエンドウの仲間ということで、葉も何となく似ています。
IMG_3147_convert_20141028010500.jpg

少々過密過ぎなようです。

手蒔きなので、均一に蒔けていません。
2mおき位に目安を移動しながら、目算で歩いて播種したのですが、蒔いた所が緑の帯になっています。
IMG_3145_convert_20141028010441.jpg

手回し散粒機を購入した方が良かったかもしれません。
今後の成長を見たいと思います。

道普請

本日は、地元の道普請でした。

初めての参加で何をやるか良く分かりませんでしたが、水路の草刈りと、側溝マスの泥さらいをやりました。
IMG_3142_convert_20141026195138.jpg

前夜の雨で水路の水位が増していたようです。作業中、雨が降ってきたりしましたが、無事終了。
夕方からの慰労会にも参加しました。
普段、お酒は飲んでいないので、少し酔ってしまいました。

看板

直売所の看板を追加で設置しました。

内房方面から来られる場合は看板が見えますが、外房側から来られると看板が無く分かりづらいということで、設置しました。
IMG_3128.jpg

台風18号での被害を考えると、あまり大きい看板を自作するのはどうかと思ったので、1帖サイズにしました。高さも低めに抑えました。

巣箱清掃

本日は久しぶりの好天だったので、保留していた山の蜂場への給餌に行きました。

巣箱の中が汚れてきたので、巣箱清掃も実施しました。
1群ずつ、予備巣箱へ移し、巣箱内部に付着した汚れをこそぎ落とし、内部をバーナーで焼いていきます。

焼き終わった状態です。
IMG_3124_convert_20141024231730.jpg

まだ、残っているので、明日も巣箱清掃実施予定です。

子猫をお風呂に入れました

昨日、我が家に来た子猫をお風呂に入れました。

まだ小さい猫をお風呂に入れるのは良くないと言われそうですが、私はアレルゲン検査で猫アレルギーであると判明しておりまして、小さい内からお風呂に慣れさせておきたいのです。

今日は、雨だったのでデスクワークをしておりましたが、その間も子猫が肩に登ってきて、そこでそのまま寝ていました。
首を舐めてきたりして、くすぐったくて、かわいいのですが、その後その部分がかゆくなってきてしまって、今日お風呂に入れることとしました。

お風呂に入っている様子です。爪を切ってからお風呂に入れました。引っ掻かれると痛いので。
IMG_3100_convert_20141023221805.jpg

嫌がって逃げようとしても、首筋を持つと丸まっておとなしくなります。母猫が子猫を運ぶのに首筋を噛んだ際運ばれ易い体勢をとる条件反射です。

お風呂から上がって、ドライヤーで乾かしている時、股の部分を拭いていると、おしっこをしました。これも条件反射です。

まだ、片手の手のひらで持てるサイズです。体重を測ると、430gでした。
大きさの割には、かなりたくさんの肉を食べます。
IMG_3122_convert_20141023221825.jpg

イノシシ肉ばかりあげていると、捕れない時に困るので、キャットフードにも慣らしておこうと思い、キャットフードを買いました。

猫がやってきました

昼間、かみさんより電話があり、パート先のスーパーに捨て猫がいたから飼っていい?とのこと。
私は全く飼う気が無かったのですが、好きにして良いよと言ったら、猫がやってきてしまいました。

まだ、かなり小さいですが、怯える様子は全くありません。
温めた牛乳と、加熱したイノシシ挽き肉をあげたら食べていました。
元気です。
IMG_3079_convert_20141022230904.jpg

子供のお腹の上で、すでにくつろいでいます。
IMG_3080_convert_20141022230922.jpg

他にもまだ何匹かいたということで、これ以上増えないことを祈ります。
最近、ペットがどんどん増えている気がします。
まぁ、猫ならイノシシ肉食べさせとけば問題ないかなぁと思います。

加工場の水道管修理

秋も着実に進んでおり、ミツバチも冬の準備の真っ最中です。
今日は、山の蜂場へ、砂糖水給餌に行く予定でしたが、雨が降っていたので予定変更。
加工場の、給排水管の修理をしました。

給水管は土を掘り上げて管の修正後、埋め戻しました。
掘り起こしたところです。
IMG_3061_convert_20141021234038.jpg

水のリークは無かったので、管の交換はしませんでした。
排水管は一部折れていたので、つなぎ直しました。
ようやくこれで、加工場の水が使用可能となりました。
台風18号の被害からようやく回復です。

また、新たな看板設置の為の足の設置も行いました。
コンクリートが固まれば、いよいよ看板の設置をしたいと思います。

シマヘビ

シマヘビを捕獲しました。

捕獲後ケースに入れて撮影。
IMG_3049_convert_20141020234257.jpg

大きすぎず、良い大きさだったので、飼育することにしました。
ハンドリングしても落ち着いていて良い個体です。
IMG_3052_convert_20141020234315.jpg

ちなみに、このヘビを発見したのは、以前ジムグリ(ヘビ)を発見したのと同じ場所です。ヘビが寄り易い環境があるのでしょうか?
この時捕獲したジムグリも飼育中で、このヘビは一般的に餌付き難いですが、解凍マウスにも無事餌付き、元気に飼育しています。

FC2Ad