山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

ミヤコキセンスズメダイ

前回の磯採集で捕まえた、ミヤコキセンスズメダイの写真が撮れたので紹介します。

IMG_2748.jpg

磯では上から見ているので青い魚に見えます。
この個体の体長は12mm位しかありません。
白浜の磯では見る機会は少なくありませんが、すぐに狭いところに逃げるので、捕まえるのは大変です。

幼魚はきれいですが、成魚は似ても似つかない地味な魚になってしまうそうです。
スポンサーサイト

ギンナン処理

今日は、日曜日だったので、館山直売所の営業日でした。

お客様が来ていない空き時間に、ギンナンの実の処理をしました。
果肉を除いて洗浄後、乾燥させます。
IMG_2765_convert_20140928224747.jpg

この状態になれば、もう、普通のギンナンです。

海に行きました

本日は、午前中、子供の小学校の草刈りに参加しました。
その後、午後から海に行きました。

神奈川在住時から良く行っていた、白浜に行きました。
今は、館山の家から車で20分ほどで、白浜に行けます。神奈川在住時は数時間かかっていました。

到着時は、潮が干潮から満潮へ、動き出したところでした。
タイドプールで生き物採集しましたが、潮が動き出しているのでよく見られず。
IMG_2715_convert_20140927200949.jpg

IMG_2718_convert_20140927201003.jpg

今度は漁港に行って、堤防から網で採集。
IMG_2736_convert_20140927201019.jpg

海水を汲んで帰り、あらかじめセットしておいた水槽に入れました。
今までは幅30cmの水槽で飼育していましたが、60cmの水槽に変更しました。
パウダー状の砂を使用している為、海水を入れる際濁りが出てしまっていますが、しばらくすれば落ち着くと思います。
IMG_2741_convert_20140927201033.jpg

幅30cmの水槽は、セット後3年程経過していました。餌もほとんどやらず、エアレーションと照明だけで飼育していた、生態系の一部を切り取ってきた、バランスドアクアリウムという感じの水槽でした。(当然中の生き物は限定されていましたが・・・)。
今回、これが60cm幅の大きいものにレベルアップという感じです。
ただし、海が近く、換水も容易なので、餌をやって、生き物を増やしても良いかもしれません。

尚、今回の採集では、死滅回遊魚(熱帯から黒潮に乗ってやってきた熱帯性海水魚の幼魚・冬になると死んでしまう)である、ミヤコキセンスズメダイと、オヤビッチャが捕れました。落ち着いたら写真を撮りたいと思います。ただし、我が家の水槽はヒーターを入れないため、自然界同様、冬には死んでしまいますが・・・。

ギンナン拾い

昨日のギンナンの実を、かみさんが拾ってきました。

ビニル袋2つ分です。
見た目はおいしそうですが、匂いはひどいです。
IMG_2710_convert_20140926222903.jpg

素手では触らないように、水を張ったバケツに入れました。
IMG_2713_convert_20140926222923.jpg

果肉がふやけてくるまで、しばらく放置です。

ギンナン

ギンナンの実が落ちていました。

今日は、雨、風共に強く、子供の学校の登下校に際し学校まで送りました。
その際、学校のイチョウの木から落下したギンナンが道路に落ちていました。
IMG_2705.jpg

木にはまだたくさんギンナンが付いていました。
逆光で、実が見にくいですが、たくさん実がなっています。
IMG_2706.jpg

袋を持っておらず、また、素手で拾うとひどいことになりそうなので、止めておきました。
小さい頃、祖母に剥かされたギンナンの実の、牛乳が腐ったような匂いは未だに忘れられません。
小さい頃は嫌いでしたが、今では、食べる分にはおいしく食べられます。

もはやヒヨコでは・・・

孵化後1か月程経過したヒヨコですが、既に、ヒヨコとは呼べない感じになってきました。

黄色かった体は、茶色い羽根で覆われてきて、頭にも茶色い羽が生えてきました。
IMG_2700_convert_20140924222851.jpg

ただし、鳴き声はまだ、ピーピーです。

カミキリムシ

巣門の前にカミキリムシがいました。

巣門前でカミキリムシを見ることは滅多にありませんが、蜂蜜の匂いに引かれたのでしょうか。
捕まえてみましたが、あまり元気がなさそうです。
とりあえず、そのまま逃がしてやりました。
IMG_2640_convert_20140923210753.jpg

クズの実

クズの開花、真っ只中ですが、山中蜂場の早咲きのクズは、既に実が膨らんできています。

クズの実です。
毛むくじゃらですが、マメ科独特のさやの形をしています。中には小さな豆がありました。
IMG_2629_convert_20140923030709.jpg

直売所・開店

本日より、館山直売所を開店しました。
毎日曜日のみの開店となります。
時間は9:00~17;00となります。

事前告知も無く、開店初日にも関わらず、大勢のご来店、感謝いたします。
今後とも、よろしくお願いいたします。

蜂蜜のぼりの入荷が間に合わず、何の直売所か分かりにくいというご指摘がありました。
蜂蜜のぼりを、来週には設置したいと思います。
IMG_2680_convert_20140921190200.jpg

観察箱にミツバチの巣枠を入れ、ミツバチが見られるようになっております。
IMG_2695_convert_20140921190231.jpg

光の当たった蜂蜜はきれいです。
IMG_2691_convert_20140921190216.jpg

はちみつ販売所の看板

自宅脇で、はちみつの軒先販売をする為に、看板を作成しました。

コンパネ3枚を使って、横270cm×縦180cmの看板にしました。
完成品です。
IMG_2676_convert_20140920212215.jpg

軒先販売所の横に設置しました。
IMG_2677_convert_20140920212233.jpg

日曜日のみの営業となります。
よろしくお願いいたします。

バッテリーの応急充電

朝、蜂場へ行こうとして車に乗ったら、エンジンがかかりません。
セルモーターが全く回りません。

キーを抜き忘れて付けたままで、start位置になっていました。その為、電気が食われていたようです。我が家の車は走行毎に距離の記録をしている為、停止後にオドメーターを見る為キーを付けてその後抜き忘れたようです。

バッテリーの電圧を測ってみると、4.8V位しかありません。
バッテリー充電器は持っているのですが、蜂場の方へ置いてあり、家にはありませんでした。
蜂場は30km程離れておりアップダウンのきつい道のりです。自転車で行くのも・・・。

どうにかできないか応急処置を考えました。
バッテリーは規定12Vなので、充電には12V以上の直流電圧が必要です。手持ちのアダプターはほとんど12V以下のものばかりでしたが、ノートパソコンアダプターが19Vでした。windowsXP搭載の今は使用していないノートパソコンのアダプターを使うことにしました。
出力端子を導線につないで、導線への19Vの出力を確認後、バッテリーにつなぎました。
IMG_2674_convert_20140920022200.jpg

接続時の端子間電圧は7V程でした。その後少しづつ電圧上昇し40分ほどで12.6Vまで上がりました。
アダプターが熱を持ってきたのでこれで充電を終わらせ、バッテリーを車に載せ始動確認。何とかセルが回り、エンジンがかかりました。
その後、蜂場へ行き、バッテリー充電器で充電し直しました。
ただし、バッテリーを交換した方が良さそうです。
このバッテリーは以前にも1回上がっており、その後の前回車検時にバッテリー劣化を指摘されていましたが、そのまま2年間使い続け、今回に至ります。
早急に交換したいと思います。

尚、無理な充電をせずに、自転車でバッテリーを買いに行くという手もあったなぁと今となっては思います。
ただし、かみさんも不在で3歳の娘と2人で、早く蜂場に行きたい気もあったので・・・。

シフォンケーキ

今日は、私の誕生日でした。いよいよ、40歳になりました。
最近はミツバチの卵が見にくくなっており、年齢による衰えを感じます。
ただ、誕生日はすっかり忘れていました。子供が言ってきたのを聞いて、始めて気付きました。(子供も忘れていて、かみさんに聞いたようです。)

かみさんと子供が、ケーキを買いに行くというので、ケーキ位自分で焼くよ、と言って焼きました。
シフォンケーキなら、小麦粉、卵、砂糖、サラダ油、水があれば、焼き時間30分として、40分位あれば焼けます。

小さいのを1個焼きました。
写真を撮るのを忘れ、食べる直前に慌てて撮りました。
IMG_2672_convert_20140918211408.jpg

型に生地を入れた後のエア抜きを忘れ、大きな空洞ができてしまいましたが、食べる分には問題なし。
生クリームは、冷蔵庫にあった金額高めのを使いました。高級品は確かに味が違うと、妙に納得。

FC2Ad