山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

アブラゼミの羽化

アブラゼミが羽化していました。

サナギから出て、丁度、羽を乾かしているところを見付けました。
アブラゼミのオスです。
P1060531_convert_20140731011445.jpg

羽は一部が茶色になってきていますが、まだ白い透明で、一見、アブラゼミに見えません。

しばらくしてから再度見るといませんでした。
この状態から羽が固まるまでは、それ程時間がかからないようです。
既に日が昇っていたので、早く飛び立つ必要があったのだと思います。
スポンサーサイト

子供の吹奏楽コンクール

子供の吹奏楽コンクールを見に行きました。

引っ越してしまうので、今回のコンクールが最後の演奏会となる予定でした。
しかし、
金賞を取って、東関東大会への出場が決まったので、それにも参加させてもらうこととなりました。
まさか、勝ち進むとは・・・、ただ、素人の私が聞いても良い演奏ができていたと思いました。

会場内は撮影禁止なので、写真はありません。
会場入り口で、帰る前に記念撮影。開場前は長蛇の列でした。
P1060593_convert_20140730023309.jpg

吹奏楽団全員での記念撮影。
P1060559_convert_20140730023115.jpg

良い記念になりました。

暑い日のミツバチ

暑い日が多くなり、ミツバチも暑さに耐えています。

日があたって巣箱の中の温度が上がると、巣門の外にいるミツバチが増えます。
日よけを付けてあげた方が良いのですが、まだ、巣箱の上に発砲スチロール板をのせるだけとなっています。

日差しが強く当たる巣箱の前に、蜂があふれていました。
P1060492_convert_20140728213241.jpg

午後になると直射日光は当たらなくなり、巣門の外の蜂は減ってきました。

酷暑対策をしないといけないのですが、引っ越し荷物の片づけが忙しく手間が回らず。

引っ越し中です

ただいま、神奈川県から蜂場のある千葉県に引っ越し中です。
ミツバチの世話の為に、神奈川~千葉の移動は、体力的にも、コスト的にもきついので、その緩和の為でもあります。

軽トラを使って大きなものは移動しています。
P1060395_convert_20140727034459.jpg

引っ越し先の千葉の家には、運んだ荷物がどんどん溢れています。
これの片づけにはしばらく時間がかかりそうです。

快晴

梅雨も開け、天気は快晴です。
山中蜂場のある地域は、真夏になると夕立も降らず、暑い日が続き、畑の乾燥が進みます。
ただし、都会のコンクリートジャングルと異なり、日が落ちると涼しくなります。

天気は快晴。
P1060489_convert_20140725221645.jpg

ヒマワリは、外周から順に開花するので、外側は実の肥大が始まっていますが、内側はまだ開花真っ只中です。
ただし、カラスザンショが開花してから、明らかにヒマワリへの訪花が減りました。
ミツバチはその時咲いている花の中で最も魅力的なものに優先的に訪花します。
P1060499_convert_20140725222006.jpg

時期をずらして蒔いたヒマワリはまだこの位の大きさです。
P1060496_convert_20140725221832.jpg

クズの花

山中蜂場で、クズの花が咲き始めました。
このクズは、他のところよりも早く開花するようです。

P1060402.jpg

穂のような花が順次咲いていきます。
P1060404.jpg

マメ科の植物は一般的に蜜をたくさん出すようで、ミツバチには有難い植物です。

ヤブガラシへの訪花

ミツバチがヤブガラシへ訪花していました。
P1060405_convert_20140724005454.jpg

ヤブガラシは名前の通り、ヤブを枯らす勢いで覆い尽くす雑草として嫌われていますが、養蜂では花が咲くものは全て有難い植物です。

カラスザンショの開花

カラスザンショの花が開花してきました。

最近は蜜の出る山の木の花が少なく、蜜源不足の時期でしたが、カラスザンショの花が咲き始めました。
P1060425_convert_20140723011127.jpg

待っていましたとばかりに、訪花しています。
木の近くに行くと、ブンブン音がしています。

ミョウガ

ミョウガの花が出始めました。

ミョウガの花(花ミョウガ)が出始めました。
いわゆる普通に食べるミョウガです。
ミョウガは花の咲く前のつぼみを食べます。

黄色く伸びているのが花です。
売っているミョウガはこの花が出る前に収穫します。
ただ、土に埋もれているので、黄色い花が咲く前には見つけ難いです。
P1060388_convert_20140722020042.jpg

株も青々としています。
P1060390_convert_20140722020210.jpg

ちなみに、ミョウガの花は、今の時期に咲くものと、秋になってから咲くものがあります。
どんどん暑くなる今の時期に食べたくなるので、今の時期に採れるとうれしいですが、山中蜂場のミョウガは、残念ながら秋に採れる種類なので今は花ミョウガが出ません。
上の写真のミョウガは、山中蜂場のものではありません。

ブルーベリー

ブルーベリーが熟し始めました。

ブルーベリーは一気に熟さず、少しずつ熟していきます。
蜂場のブルーベリーは、ミツバチの内検中に熟したものから順につまんでいます。
栄養補給に最適です。

P1060371_convert_20140721000931.jpg

実の付いている数が少ない株の実は、大きくなります。
P1060377_convert_20140721001049.jpg

ウマオイの成虫

ウマオイのメスの成虫がいました。

他のバッタの仲間が、まだ幼虫であるのを考えると成長が早い気がします。
大型のバッタなので、貫録があります。
P1060360.jpg

ヒマワリへの訪花

ヒマワリがどんどん咲いています。

今の時期、山には蜜をたくさん出す花が少ないので、蜜が不足気味です。
それを補うように、ヒマワリ畑のヒマワリが開花しています。

黄色い花粉を付けて帰って来るミツバチがたくさんいます。
画面では、花粉を付けている蜂は2匹です。戻るとすぐに巣箱に入ってしまう為少なく見えます。
たくさんいる多くの蜂は、巣箱内の温度を下げるための換気をしている蜂です。
P1060369_convert_20140719001729.jpg

ヒマワリに訪花しているミツバチです。
P1060340_convert_20140719001639.jpg

ちなみに、花には危険もあります。
クモに捕まっている蜂がいました。
P1060345_convert_20140719001712.jpg

FC2Ad