山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

オオスズメバチ

ミツバチの内検中、オオスズメバチの女王蜂が巣箱の近くを飛んできました。

幼虫の餌としてミツバチを捕まえに来たのだと思います。
または、蜜の匂いに惹かれ寄ってきたのかもしれません。

そのまま返すわけにはいかないので、ハイブツール(内検用の金具)で叩き落としました。
うまく当たらずに逃げられることが多いのですが、今回はヒットしました。
カチンと音が鳴って、叩き落とせました。大きくて固いので音が聞こえます。

オオスズメバチの女王蜂です。
丸まってしまったので、腹部が長いのが分かりにくいかもしれません。
比較の為に1円玉を置きました。
KC4D0014.jpg
スポンサーサイト

アマガエル

アマガエルが鳴いていました。

ミツバチの水飲み用の貯め水に浮かべてある、ミツバチの足場用の木片の上でアマガエルが鳴いていました。
KC4D0023.jpg

アマガエルは小さい体に似合わず、大きな声で、ゲーゲー鳴きます。
大きな体でかわいい声で鳴くヒキガエルとは対照的です。

巣箱の上にクワガタムシ

巣箱の上にクワガタムシがいました。

巣箱の上で普段見かける虫と言えば、ムカデ、ナメクジ、ダンゴムシ等なのですが、今日はクワガタムシがいました。
巣箱の上は、波板が載せてあり雨が当たらず、また、ミツバチの発する熱で夜間も暖かいのだと思います。
日中、強い日差しが当たる巣箱の場合は巣箱の上は熱くなると思いますが、日陰の巣箱の場合は快適なのでしょう。

クワガタムシです。
KC4D0018_convert_20140528204740.jpg

ちなみに、カメラを忘れて、携帯電話で写真を撮りました。結構、きれいに撮れるのですね。
しばらく、蜂場にいてカメラを取りに帰れないので、その間は携帯電話で写真を撮ることになりそうです。

ムダ巣

ミツバチの巣箱から取り出したムダ巣です。

P1050133.jpg


巣礎枠と呼ばれるミツバチの巣を作る元となる板を入れるのが少し遅かったようで、巣枠以外のところに巣を盛られてしまったのがムダ巣です。
前回内検から2日間経過していました。丁度、女王蜂更新をしていて、新しい女王蜂が産卵を開始した時期でした。
女王蜂が産卵開始して、新しい巣を作る機運が一気に高まったのだと思います。

ちなみに、ミツバチの巣は蜜蝋が主成分なので、蜜蝋はこの巣を溶かして作ります。


ヒマワリの芽

以前蒔いたヒマワリの芽が大きくなってきました。

ヒマワリは播種後、被覆をしないと種が鳥に食べられてしまいます。
被覆の量が限られているので3回に分けて播種しました。

始めに播種した分が育ってきました。
P1050112_convert_20140526220925.jpg

この後、成長促進の為鶏糞を撒きました。

虹が出ていました

夕方、雨上がりでもないのに、虹が出ていました。

子どもが見つけ、カメラを持って外へ出て撮影しました。
見ているそばから、どんどん薄くなっていきました。
いわゆる虹の形とは上下が逆の弧を描いています。
P1050114.jpg

空を見上げる機会などあまりなく、言われないとみのがしているのかなぁと思いました。

鮮やかなオレンジの花粉の正体

ミツバチは様々な色の花粉を付けて帰ってきます。
黄色、白色、クリーム色は良く見ますが、最近、鮮やかなオレンジ色の花粉を見かけます。

蜂場の近くを散歩していたら、オレンジ色の花粉を見つけました。

クロバナエンジュです。
ハリエンジュ(ニセアカシア=アカシア蜂蜜というのはこの花です)同様、外来種で日本の自然環境保護の観点では嫌われています。
ただし、蜜は良く出すようで、ミツバチは頻繁に訪花しています。
P1050081_convert_20140524214027.jpg

P1050076_convert_20140524213839.jpg

山中蜂場には、かなり前(5年以上前だと思います)に植えた、ハリエンジュ(ニセアカシア)があるのですが、いまだに花が咲きません。それどころか、昨年の台風で根元から抜けてしまいました。ただ、枯れはせずに、一応葉は残っています。
土壌が浅いので、うまく根を張れていないのだと思います。
一方、エノキやクヌギの木は種からの実生ですが、ぐんぐん伸びてはるかに高くなっています。
外来種に駆逐されてしまうと叫ばれますが、環境によっては、そこに長年適応した在来種の方が強いのだと思います。

イノシシ獲れました

今朝、イノシシが獲れました。

早朝4:30頃、蜂場の建屋内でパソコン作業中、カシャンと箱罠の扉が落ちる音がしました。
箱罠を見に行くと、イノシシが2頭かかっていました。

4:30というと外は既に明るくなっています。
こんな時間に、こんな大きな動物がすぐ近くで活動していると思うと、あらためて山の中であることを実感させられます。

推定50kg、2頭ともメスでした。
P1040993_convert_20140523235314.jpg

こちらの方が一回り大きな個体。
P1040991_convert_20140523235142.jpg

こちらの方が少し小さな個体。
P1040989_convert_20140523235005.jpg

まだ、ひざの内側靭帯を痛めてしまったのが完全には回復してないため、気をつけて作業実施しました。
冷凍庫の在庫がかなり増えてきた為、今回はロースとモモ肉のみ取りました。
季節がら気温も上がってきた為、解体に時間をかけたくない為でもあります。まともに皮剥ぎしているとかなり時間がかかります。

キイチゴ

蜂場にキイチゴが実っていました。

今日は一番下の娘と蜂場へ行きました。
蜂場に着くと、始めは晴れていましたが、だんだん暗くなり、大粒の雨が降り出しました。
一時軽トラに避難し、止むまで待機。30分ほどで止みました。

ミツバチの内検終了後、蜂場にキイチゴが実っているのを発見しました。
P1040888_convert_20140522203029.jpg

結構大きな実でしたが、甘みは控えめと言う感じでした。
数は無かったので、子供と味見程度に食べました。

ノバラの花

今日は昨晩からの雨が降り続き朝になっても雨、昼には小降りになりましたが、夕方になってようやく止みました。
ミツバチにとっては晴れ続きがうれしいですが、たまには雨もないとまずいですね。
昨日、ヒマワリを追加播種したので、ヒマワリには良い雨となりました。

ノバラ(ノイバラ)の花が咲いてきました。
P1040818_convert_20140522000551.jpg

山藤が終わった後、ミツバチの巣にはなかなか蜂蜜が貯まってこない状態でしたが、ノバラが咲く時期になると、また蜜が入りだします。
ミカンの花の開花も始まりました。

加工所建屋搬入

館山蜂場へ設置予定の併設加工所の建屋が搬入されました。

建屋は、設置の容易さや移設が可能なこと、また価格面から考えて、ユニットハウスにしました。
搬入は、ユニック車で吊り上げて予定地にポン置きで終了です。
今回購入したユニットハウスは、建築確認申請が不要になるように10平方メートルにぎりぎり満たないものです。
中古品ですが、間取り、外壁の色は任意に設定できました。

敷地へ到着したところです。
P1040763_convert_20140520225155.jpg

ユニック車のクレーンで吊り下げ中です。
P1040770_convert_20140520225337.jpg

設置完了。
P1040793_convert_20140520225516.jpg

この後、スペーサーでレベルをとって、小物を取り付けて完了です。

子供が室内を清掃中。
たまたま設置日が開校記念日と重なり、子供が休みでした。
P1040795_convert_20140520225639.jpg

母屋から電気を引き込みました。
内装はこれからです。
母屋も修理中なので頑張らなければ・・・。

ヒマワリの発芽

ヒマワリが発芽してきました。

双葉が開けばもう鳥には食べられないとのアドバイスを地元の人から頂きました。
もう双葉が開いてきています。
P1040709.jpg

ただし、発芽の遅かったものは、まだ種の殻を付けています。
後少しで、被覆を剝して良さそうです。

FC2Ad