山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

トゲ丸

トゲ丸のケージも新しくしました。

こちらは、リサイクルショップにあった格安品です。
回転車もついていました。
家もついていましたが、家にこもって出てこないので、牛乳パックに変更。

DSCN0602_convert_20180608161546.jpg

回転車も遊んでいます。
DSCN0544_convert_20180608161411.jpg


スポンサーサイト

モルモット子供

モルモットの小屋を新しく作りました。
子供のモルモットが、網目を抜けてしまう為、網目を細かくしました。
モルモット小屋はこれで4個目です。

新しく作った小屋です。
DSCN0551_convert_20180608161427.jpg

黒い母親から生まれた子供です。
茶が3匹、茶白が1匹。
DSCN0576_convert_20180608161447.jpg

母親について歩きます。
DSCN0579_convert_20180608161520.jpg

モルモットは、これで、
オス3匹、
メス2匹、
今年生まれの子供が7匹で、
合計12匹となりました。

水槽設置完了

水槽の設置が完了しました。

玄関にあった、60×45×45cmのサンゴ水槽の中身を全て移動し、この水槽は片づけました。

150×100×60cmの設置完了した水槽です。
DSCN0003_convert_20180502234000.jpg

写真では分かりませんが、造波ポンプで、海のように波立っています。

カルシウムリアクターは、既存の自作品を移設しました。
その内、水槽に合わせて大きくしたいと思います。

プロティンスキマーは、既存品では、あまりに小さすぎるので、未設置です。
近い内に作りたいと思います。

水槽の形は出来ましたが、
ナチュラルシステムなので、水槽が育つには時間が必要です。
たくさんの生き物が湧いて、バランスが働くには、何か月も必要です。

水槽・満水

水槽に水を入れました。

300Lのタンクを持っていたので、それに海水を汲んできて、入れました。

水槽を満水にするのに、3往復、かかりました。

長女と一緒に行って、手伝ってもらいました。

海の透明度があまり良く無かったですが、その分、微生物がいると考えれば、水槽の立ち上げには良いかもしれません。

砂を入れたので、水槽の水はさらに濁り気味です。
DSCN9980_convert_20180423105247.jpg

砂は、これで100kg分位ですが、まだ少ないので、もう少し入れます。

本水槽下のサンプにも水が入ったので、メインポンプの試運転を行いましたが、問題発生。
ポンプが動かず、さらに水まで漏れる。

急遽止めて調べると、パッキンゴムは切れていて、インペラーのマグネットは錆びていました。
今から20年前位に使っていて、それからずっと保管されていたものなので、仕方がないです。
補修部品を発注したので、入荷後に再テストとします。


ちなみに、風邪がなおってきていたのですが、水がかかりながらの、水汲み、砂洗いをしたせいか、風邪がぶり返してしまいました・・・。





水槽・購入

水槽を買ってきました。

アクリル製の水槽です。
大きさは、1500mm×1000mm×600mmです。
満水にすれば、900L。
まあ、実際には満水にはしないので、800L位でしょうか。
ただし、砂や、石も入るので、総重量は1トンを超えると思います。

入れる予定の生き物は、サンゴです。
今、飼育している水槽が、サンゴの成長で、一杯になってしまっているので、大きな水槽に移そうかと。

海水の水槽は、石灰藻が生えて傷つきやすいので、始めはガラス水槽に使用かと思っていたのですが、
さすがにこの大きさになると、ガラスは怖いです。
その為、最終的に、アクリル水槽に決めました。

館山から、片道2時間半ほどかけて、工場まで行ってきました。
オーバーフロー加工処理に、3時間程かかり、往復5時間なので、合計8時間。
工場直売なので、安く買えました。

アクリル水槽ですが、板厚が15mmあり、かなり重いです。
近所の方に手伝って頂き、部屋まで搬入しました。
DSCN9952_convert_20180411224601.jpg

実物を見ながら、高さを決めて、水槽台を作成したいと思います。

FC2Ad