山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

ショウジョウバエ飼育

キイロショウジョウバエを飼い始めました。

ハエといっても、ウィングレスの飛べないハエです。

何の為かというと、変態直後の、小さなサンショウウオの餌の為です。

変態後のサンショウウオは、変態前と違い大きな餌を食べません。
また、変態前同様、動く餌しか食べません。

ということで、餌の準備が大変なのです。

その為に、ショウジョウバエです。
透明な管の中で育てています。
DSCN8132_convert_20170708075732.jpg

発生は早いのですが、劣化も早いので、頻繁に植え継いでいく必要があります。

スポンサーサイト

錦鯉

使わなくなった風呂桶を利用した池で、錦鯉を飼っています。
まだ飼い始めて、1~2か月程です。

錦鯉は、近くのホームセンターのペットコーナーでも売っているのですが、
普通の黒い、真鯉は、ほとんど売っていません。
観賞魚の専門店に行っても、全然売っていませんでした。

黒い鯉も飼いたかったので、探したのですが、なかなか見つからなかったので、通販で買いました。
錦鯉の専門店でも、真鯉はあまり売ってないです。

ようやく見付けた真鯉も入れました。
仲良く泳いでます。
DSCN8144_convert_20170706212257.jpg

写真では良く分かりませんが、真っ黒だけでなく、茶系もいます。
DSCN8146_convert_20170706212922.jpg

真鯉を売っている所がなかなか見つからなかったので、川から捕ってこようとも思いましたが、
川の鯉を入れると、鯉ヘルペスの感染の危険があるようです。

とういうことで、養鯉場から買った方が良いと思い探して購入しました。


ハムスター子供・親離れ

次女が世話をしているハムスターが子供を産み、その子供が大きくなったため、ケージを分けました。

種類は、ロボロフスキーハムスター。
このハムスターは、子供が大きくなってきたら早めに親と分けないと、何故か、オスだけ殺されてしまうようです。

今まではしばらく一緒にしていましたが、子供が大きくなってくると、神隠しにあったように、いつの間にか子供の数が半減していて、見ると何故か子供が全てメスしかいない。
こんなことが2回ありました。死体も残っていなかったので、食べてしまったのか?

ということで、今回は早めに分けてみました。
我が家のハムスターはオスが1匹しかいないようなので、今回はオスがいて欲しいです。
今は、メスばかり、たくさんいます。

分けた子供達。
DSCN8155_convert_20170704232128.jpg




カイコ・羽化

カイコが、羽化しました。

9匹中、4匹が羽化したのですが、今の所、全てオスのようです。

カブトムシの場合も、オスの方が先に羽化するので、昆虫はオスの方が先に羽化する場合が多いのかな。

カイコの成虫、蛾です。
DSCN7977_convert_20170613204221.jpg

飛べない蛾なので、逃げる心配はありません。

メスがいない為か、じっとしていて、ほとんど動きません。




セキセイインコ・メス

セキセイインコのメスを、2匹飼いました。

今までは、オスだけを飼っていましたが、メスを追加しました。

オスの方が、言葉を覚え易いというので、オスだけ飼っていましたが、全然覚えず。

ということで、オスだけ飼っていましたが、ペットショップに行ったところ、同じ模様のメスが2匹売っていました。
まるで、我が家のオスと合わせるように同じ模様です。

ということで、飼ってしまいました。

長女の飼っているのは、黄色。
DSCN7934_convert_20170610231049.jpg

次女のは、白青。
DSCN7939_convert_20170610231113.jpg

果たして、言葉を覚えるのか。
メスを入れたので、さらに覚えにくくなりそうな予感が。


FC2Ad