山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

動物飛び出し注意

館山から蜂場に向かう途中の、中間地点位の所の道路にある、動物飛び出し注意の看板。

動物注意の看板というと、普通はタヌキの絵のような気がします。
タヌキの看板は、少し林が見られるような場所では、都会でも見る気がします。

しかし、ここの看板は、
DSCN7397_convert_20170504232427.jpg

イノシシの絵です。

たしかに、この辺では、イノシシを車から見かけることがあるのですけどね。
イタチや、ハクビシン、ニホンザルも見かけます。
子連れのニホンザルを見たり、
道案内のように、車の前を、ノウサギが走ってた、というのもありました。
逆に、タヌキは見てないか?

タヌキを車で轢いても、可哀想なタヌキというだけですが、
イノシシを車で轢いたら、スピードによっては、車もただでは済まないでしょうからね。




スポンサーサイト

タイヤ交換

軽トラ、キャリイのタイヤ交換をしました。

当方、タイヤのローテーションが面倒なので、前輪のタイヤが摩耗したら、後輪のタイヤを前輪に移し、外した前輪のタイヤを新品と交換し、新品のタイヤを後輪に付けます。
タイヤは、前輪は減りが早いですが、後輪はあまり減りません。その為、前輪で使い切ったら、2本ずつ新品にしています。

交換するタイヤをジャッキアップして外します。
3DSCN5994.jpg

山道を走っている為、泥がこびりついています。
外したら、まずは水洗い。

そして、エアを抜いたら、ビートを落とします。
タイヤ交換で一番大変なのがこの、ビート落とし。

こんな感じで落としました。
テコの原理を利用して押します。
3DSCN5996.jpg

始め、垂木止めクランプで木を留めてやってみましたが、クランプの鉄板が曲がってしまって駄目。
以前やっていたように、木に貫通穴を開けて、単管パイプに留めました。
ただ、ホールソーの刃が摩耗していて、この穴あけにてこずりました。ホールソーの新品買わないと。ホールソーは何かとよく使うので・・。

ビートが落ちたら、タイヤをホイールから外します。
自転車のタイヤとやることは同じ感じ。タイヤが大きいだけです。
交互に鉄のレバーを差し込み、外します。
3DSCN5998.jpg

外れました。
3DSCN5999.jpg

エアバルブも交換するので、外しました。これは切って取ってしまいます。容易には抜けないので。

そして、ホイールを再度水洗い。


取り外しが終わったので、今度は組み付けです。

まずは、エアバルブを付けます。
前に買ったインサーターを持っていたので、それで付けました。
内側から差し込み、引き上げます。
3DSCN6001.jpg

ちなみに、このエアバルブ、以前はホームセンターで購入してましたが、近くのホームセンターでは売っておらず、カーショップで購入しました。ちなみに、カーショップでも陳列棚には無く、店員さんに聞いたら、整備のバックヤードから持ってきてくれました。


そして、タイヤの取り付けです。

タイヤを入れる前に、ホイールの内側に石鹸を塗っておきます。ビートの馴染みを良くする為です。

外す時と同様、鉄レバーで入れます。
コツは、はめ込む側と逆側を押し下げ、ホイールの中央の窪みに落としておくこと。そうしないと入りません。
はめ込み完了。
3DSCN6002.jpg

ちなみに、タイヤの黄色いマーク=軽量点と、エアバルブの位置を合わせておきます。
ウェイトバランスのずれを、小さくする為です。

以前は、この後、タイヤを軸にはめて、回して、ウェイトバランスを取る為おもりを付けたりもしましたが、今回はやりません。
こんな、泥がこびり付くタイヤのウェイトバランスをとっても意味が無いです。
それに、面倒な作業であるのに、手動と感覚でウェイト調整しても、どれだけ合っているか分からない。
高速運転で、タイヤがぶれるようなら、考えたいと思います。

そして、空気を入れてビートを上げます。
どんどん空気を入れていくと、ボン、といって上がります。いつ上がるか分からないので、知っていてもビクッとします。

ビートが上がったら、圧力ゲージで、エア圧を確認調整します。
悪路走行が多いので、低めで調整。
3DSCN6003.jpg

もう1個のタイヤも、同様に交換。
途中、雨が降ってきましたが、学校から帰ってきた次女に手伝ってもらいながら、終わらせました。
2個目は要領が良くなり、早く終わりました。

ビート落とし用に穴を開けた木は、タイヤ交換用にとっておこうと思います。
穴あけ工具が駄目だったので、今回はこれを作るのに一番時間をとられました。



スタッドレスタイヤ購入

軽トラ用の、スタッドレスタイヤを買いました。

先日、蜂場には雪が降り、初霜より初雪が早かったという例年にない、今年の状況です。

今までは、夏タイヤのみでどうにかしのいでいましたが、冬タイヤの購入を決めました。

館山のみなら冬タイヤは不要ですが、蜂場の方は雪が積もる時もあります。
また、雪が積もったら、異常が無いか、早急に蜂場に確認に行く必要があります。

鉄ホイール付きの、スタッドレスタイヤを購入しました。
DSCN5892.jpg

現在履いている夏タイヤの方も、前輪が摩耗しているので、近い内にタイヤ交換が必要そうです。
タイヤは以前購入したものが2本あるので、時間がある時に交換したいと思います。

大渋滞

子供を迎えに、海(東京湾)を隔てた反対側、神奈川県まで行ってきました。

途中、海水魚屋さんに寄りたかったので、混みそうな時間に出ましたが、まさか、これ程の渋滞とは・・・。
海水魚屋さんの開店中には、到着できませんでした。

直線距離だと35km程、道のりだとアクアライン経由で140km程の行程ですが、7時間半もかかりました。
渋滞というより、駐車場という感じ。全く動きません。
アクアライン以外の有料道路を通らずに走っているので、時間がかかっているのもあるのですが・・・。
ちなみに、帰りは全く混んでいなかったので3時間半程。

連休中、当店をご利用頂いたお客様の中にも、渋滞に巻き込まれて帰られた方も多いと思います。
お疲れ様です。

自転車整備、車の洗車

子供が、交通安全教室で学校に自転車を持って行くというので、その前に自主検査です。
ブレーキの利きが悪い、ライトが無い、ベルが無いというので、100円ショップで購入して取り付けました。

ブレーキゴム、LEDライト、ベル、全部100円ショップで揃いました。
色々売っていて良かったです。


自転車の洗車ついでに、車も洗車。

我が家では車の洗車の習慣は無く、
そもそも、外に置いてあるもの、洗う必要ないじゃん、という、車好きからは怒られそうな考えなのですが、
コケが生えて、緑が目立ってきた為、洗車です。

湿度が高く、直射日光が当たらない所があると、コケが発生し易いです。
都会だと、洗車しなくてもコケが生えることは全く無かったです。

地面がコンクリートや、アスファルトで覆われていると、湿度が上がりにくいです。
朝露、夜露、霧は、都会ではほとんど見ないですからね。
こちらでは、いつものことです。

また、光が当たるところは、高温になるので、コケがはえません。
その為、光が直接当たりにくい側に生えます。

見違えるほど、きれいになりました。
前回洗車は、1年半ほど前、車検の時だったかな・・・。

FC2Ad