FC2ブログ

山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

ルバーブ・ジャム

ルバーブジャムを作りました。

以前、ルバーブジャムを食べた際、その甘酸っぱい味がおいしくて、

昨年、ルバーブを育てたのですが、その時は梅雨時期に枯れてしまい、食べられず。

という訳で、今年、再度リベンジで育てていたルバーブが、収穫できました。


さっそく、ジャムにしました。

葉っぱが欲しいのか、茶々丸が見ています。

ちなみに、ルバーブは、葉は使わず、茎(葉柄)のみ使用します。

DSCN6315_convert_20200626020631.jpg

切ります。

繊維でザクザクのこれが、ジャムになるのか?という感じです。

DSCN6316_convert_20200626020654.jpg

砂糖をまぶして、置きます。

DSCN6318_convert_20200626020713.jpg

水分が出てきます。

DSCN6320_convert_20200626020740.jpg

煮ます。

あの硬かった繊維が、やわらかくなります。

DSCN6323_convert_20200626020802.jpg

完成品。

DSCN6326_convert_20200626020824.jpg

この分量が、2回作れました。


葉を収穫したルバーブは、今のところ、無事に育っています。

大きくなった葉を収穫しないと、新たに展開する葉に光が当たらず、

新葉がヒョロヒョロになって、枯れてしまうのかもしれません。

収穫前は軟弱だった新葉が、元気に展開してきました。


スポンサーサイト



うどん作り・パスタマシーン

子供が、「うどんを作りたい」と言うので、うどんを作りました。

今回は、パスタマシーンでの、機械製麺としました。

材料(1回分)
中力粉 500g
塩 25g
水 233g

塩水と、中力粉を混ぜて、生地がまとまってから、10分手ごね。

その後、三女が、10分足踏み。

そして、生地を30分寝かせてから、製麺しました。

生地を棒状にしてから、
DSCN5901_convert_20200424004236.jpg

手で、板状に伸ばして、粗麺帯に。
DSCN5906_convert_20200424004251.jpg

材料の生地を、4本の粗麺帯にしました。
DSCN5908_convert_20200424004310.jpg

そして、圧延。

まずは、機械の一番厚い設定で、圧延しました。

ローラーを回すのは、三女です。
DSCN5913_convert_20200424004325.jpg

圧延した麺帯です。
DSCN5921_convert_20200424004341.jpg

そして、さらに薄く圧延。
DSCN5927_convert_20200424004400.jpg

少し薄めにしました。
DSCN5932_convert_20200424004415.jpg

この麺帯を、切刃で切断します。
DSCN5880_convert_20200424004210.jpg

生麺になりました。
DSCN5935_convert_20200424004432.jpg

茹でます。

茹で始め、
DSCN5938_convert_20200424004447.jpg

麺が浮いてきて、もう少し、
DSCN5942_convert_20200424004501.jpg

茹で上がり。
DSCN5944_convert_20200424004517.jpg

このまま、釜揚げと、水で洗って締めての冷やしの、2種類で食べました。

やはり、手打ちは、こしが違いますね。


久々のうどん作りで、こねた生地の匂いをかぐと、

うどん工場勤務時の、懐かしい?、においがしました。


ちなみに、今回の作業で一番大変だったのは、

長期間使っていなかった、パスタマシーンの清掃でした。





角煮、皮煮

イノシシの肉を料理しました。

冷凍庫がいっぱいだったので、先日獲ったイノシシの肉を一部食べて、冷凍する分を減らそうということで・・。


まずは、バラ肉の角煮です。

材料は、イノシシのバラ肉、1頭分。
DSCN5492_convert_20200205234323.jpg

始めは味を付けずに、しょうがのスライスと一緒に、弱火で1時間、煮ました。

その後、しょうゆと砂糖で味を付けて、30分煮ました。
DSCN5499_convert_20200205234351.jpg

イノシシ肉は、豚肉と違い、脂が煮汁にほとんど融けださないので、煮汁がギトギトになりません。


次は、皮を煮てみました。

普段は皮は食べないで捨ててしまうのですが、せっかく湯剥きしたので、食べてみることに。

材料は、試しなので、イノシシの皮一部です。
DSCN5494_convert_20200205234336.jpg

2回茹でこぼしてから、角煮の煮汁で30分ほど煮てみました。

ぷにぷに、ふわふわです。
DSCN5501_convert_20200205234406.jpg

どちらも、癖も無く、おいしく食べられました。

角煮の方は、ローリエと、ローズマリーで香りづけしても良かったかなと思います。

和風味でと思っていたので入れませんでしたが、これらの香りが入っていても良さそうな味に仕上がりました。


皮煮の方は、温かいとプニプニなのに、冷えると煮凝りの固まりとなり、ほぐすのが大変です。

最強コラーゲンの固まりという感じです。

味を付けずに茹でて、酢味噌で食べてもおいしそうです。


ということで、皮もおいしく食べられたので、

これからは、イノシシ解体の際は湯剥きして、

皮も取っておこうかなと思いました。



恵方巻

2月3日、節分の夕飯は、恵方巻でした。

恵方巻を巻いたのは、次女です。

上手く作れていました。
DSCN5511_convert_20200205233412.jpg

そして、食べました。

長女。
DSCN5517_convert_20200205233441.jpg

次女。
DSCN5518_convert_20200205233458.jpg

三女。
DSCN5515_convert_20200205233428.jpg


パンプキン・グラタン

店主、本日誕生日でした。

ということで、長女が、カボチャ・グラタンを作ってくれました。
DSCN4686_convert_20190918235511.jpg

おいしかったです。

カボチャが利いていて、お腹がいっぱいになりました。


我が家の飼い猫、茶々丸は、拾い猫なので、誕生日は分かりませんが、

便宜上、私と同じ日を誕生日としています。

ということで、茶々丸も、普段与えない、おいしそうな餌をもらっていました。

茶々丸、5歳です。

私は、何歳だっけなあ?