山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

箱罠製作

新しい箱罠を作りました。

現在、館山では箱罠を1個設置しています。

もう1箇所、新たに設置しようかなということで、箱罠を1個製作中です。

溶接機を持っていないので、溶接無しで作れる箱罠です。

今、館山で使用しているのも、同様の箱罠です。
使用していて特に問題無いので、同じ罠を作ることにしました。

だいぶ完成しました。
DSCN6772_convert_20170305215651.jpg

ワイヤーメッシュ同士をつなぐワイヤークリップが必要数購入できず、まだ一部しか留められていません。
ワイヤークリップを購入し全て留めれば完成です。





スポンサーサイト

イノシシ・2頭

狩猟期間は終了しましたが、当方、有害駆除なので、継続で罠を設置しております。

そして、2頭かかりました。

館山の箱罠です。
DSCN6714_convert_20170227213944.jpg

暴れ回ったようで、入口側(写真左側)の箱罠の天井が盛り上がっています。
下からかなり押し上げたのだと思います。

ちなみに、箱罠の入り口側の横・上部の、横方向に飛び出して留めてある鉄筋は、止め刺し時の電気ショックのアース用です。
アースコードをイノシシにかじられないように、あらかじめ付けておきました。

山からのイノシシの運び出しの際、雪遊び用のスノーボートを使うと楽だと聞いたので試してみました。
確かに楽なのですが、地面との摩擦で、底が擦り切れてしましました。
改良の余地がありそうです。

本日、止め刺し、腹抜き、皮剥ぎまでやりましたが、疲れたので、骨抜きは明日にしようかなと思っています。
外気温は冷蔵庫並なので、問題ないと思います。
急いでやっても、そもそも、館山の冷蔵庫、冷凍庫には入れる場所がありません。





イノシシ・イノシシ・またイノシシ

朝、蜂場の遠隔監視カメラでイノシシの罠を確認したところ、イノシシがかかってきました。
その数、3頭。

今日は、はちみつの発送の予定がたくさんあり、また、こども園のPTAの集まりもあったので、処理できないなと思っていたのですが、
さらに、館山の罠を見に行くと、そちらにもイノシシがかかっていました。

館山の罠のイノシシだけでもと思い、夕方から処理しました。
オスの大きなイノシシだったので、あまり美味しい肉は取れないと思います。

同じ日にかからなくても良いのに。



イノシシ獲れたにゃ

昨日、イノシシが獲れました。

最近は、米ぬかの在庫が少なく、ニワトリの餌との併用なので、箱罠への餌撒きが滞ていましたが、
イノシシによる蜂場の掘り返しが酷い為、耐え切れず、餌を撒きました。

撒いて2日目の昨日、獲れました。
普通はこんなにすぐは、かからないです。

普段は1日でさばいてしまうのですが、冷やして脂を固めた方が皮はぎが楽だと聞き、試してみました。

まずは、吊るします。
この位の大きさになると、吊るすのも重くて大変です。
ロープを万力結びにして、上げました。
一晩つるしておくので、この段階で毛皮を水できれいに洗い流しました。
DSCN6553_convert_20170128002940.jpg

内臓を出して、頭を取って、洗浄。
ちなみに、今回のイノシシはメスです。
このまま一晩寒風にさらして冷やします。
DSCN6556_convert_20170128003209.jpg

翌日の今日、皮むきしてから、背割り。
皮を剥くと、イノシシから肉に変わります。
確かに、脂が固まった方が、皮むきは楽でした。
ただし、大変な作業であることは変わらず。
DSCN6559_convert_20170128003028.jpg

そして、この後、骨抜きして、小分けして冷凍しました。

骨抜きをしていると、我が家の猫、茶々丸が登場。
茶々丸は離乳食がイノシシ挽き肉だった為か、イノシシ肉が大好きです。

肩甲骨にかぶりつく茶々丸。
骨がバキバキ鳴ってます。
DSCN6561_convert_20170128003011.jpg

野生の顔になってかぶりつきます。
DSCN6575_convert_20170128003043.jpg

猫はイノシシ肉を生で食べて良いのかな?と一抹の不安を感じながら、食べてしまったから仕方ないということで、夕飯に端肉をあげました。
食後、満足そうに寝る茶々丸。
普段、キャットフードだと、明らかにその後も何か食べたそうにしていますが、イノシシ肉を食べたら満足したようです。
DSCN6589_convert_20170128003100.jpg

猫は、肉食獣であり、屋外放飼の猫なら、ネズミ等も普通に食べてるでしょうから、イノシシを生で食べても平気でしょう、多分。
ちなみに、普段は、イノ肉は茹でてから与えています。
寄生虫の心配があるので、人間が食べる場合は、必ず十分に火を通してから食べましょう。

イノシシは賢い

箱罠にイノシシが近づいていますが、なかなか賢いです。

今までは無かったのですが、今回のイノシシは、箱罠の下を掘って米ぬかを食べています。
箱罠には入らず、下を掘る。
よく考えたものです。
DSCN5527.jpg

原因は多分、箱罠の下に土を入れなかったからだと思います。
前までは、イノシシがかかる度に、箱罠の中に土を入れて、平らに均してから餌を入れていたのですが、
「下のワイヤーメッシュが見えていても、イノシシは入るよ」と、ベテランさんに言われ、最近は入れていませんでした。
土を入れるのはかなりの重労働で、確かに土を入れなくてもイノシシはかかりました。

しかし、
イノシシは、箱罠にかかると、箱罠の下の土を掘ります。
何度も繰り返すと、罠の下の土が薄くなる。
それで、横から下を掘れば食べられると、イノシシに悟られたのだと思います。

このままだと、かからなそうなので、今度時間がある時に土を入れようと思います。
早く捕らないと・・・、周りがぼこぼこに掘り返されています。

FC2Ad