FC2ブログ

山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

トマト食害犯・捕獲

ようやく、赤くなり、収穫できるようになってきた、トマトですが、

少し赤みが差してくると、すぐにかじられる。

中には、まだ、緑なのに、かじられるものまで出てきました。


近所の人に話したら、

「多分、カラス」、

ということで、網まで頂いたのですが、


直売所横の畑にカラスが降りているのは見たことが無く、

また、食害されている場所が、込み入った奥の方もあったりして、

カラスでは無いような・・・・、

スズメなら見るから、スズメかも。

しかし、多分、ネズミっぽい。


ということで、ネズミ捕獲の罠をしかけました。

餌は、もちろん、トマト。


仕掛けた翌日、トマトの食害無し。

罠の設置で明らかに警戒している。


さらに、翌日。

クマネズミがかかりました。


天井裏で時々走り回っている、クマネズミが、

畑にも出没しているようです。

複数犯の可能性が高いので、罠の設置を続けます。



スポンサーサイト



ダイコン・収穫

暖かい日も増え、そろそろ、

ダイコンがトウ立ちして硬くなりそうなので、

全て抜きました。

DSCN5585_convert_20200214004423.jpg

そして、畝立てし直して、

ジャガイモを植えました。

昨秋、収穫した、タワラヨーデルと、タワラムラサキです。

各種、2畝ずつ。


まだ植える場所があるので、キタアカリを購入して、

植えたいと思っています。


種駒・植え付け

キノコの種駒を植え付けました。

植え終わるのに、数日かかりました。

クヌギの木に、シイタケ2種類と、
DSCN5351_convert_20191230131242.jpg

桜の木に、ナメコ、ヒラタケを植えました。
DSCN5350_convert_20191230131228.jpg


三女は手伝ってくれましたが、長女、次女は手伝わず。

昔は喜んで駒打ちしたのですが・・・。

DSCN5347_convert_20191230131211.jpg


桜の原木が2本余ってしまい、

駒を100個買うのも少し多すぎるし、

山から桜の木をもう少し持ってくるかどうするか。




シイタケ原木・準備

台風15号で倒れたクヌギの木に、シイタケを植えることにしました。

運んできた原木には、地衣類がたくさん付着していたので、

まずは、高圧洗浄機で、取り除きました。

DSCN5231_convert_20191225011151.jpg

こんな感じに、地衣類が付着しています。

DSCN5239_convert_20191225011238.jpg

取り除くと、こうなります。

DSCN5240_convert_20191225011321.jpg

軽トラの荷台で乾かしてから、シイタケの駒を、植菌します。

DSCN5241_convert_20191225011401.jpg


観葉植物・室内へ

館山直売所の、ディスプレー、兼、趣味で育てている植物を室内へ、入れました。

今までは、ビニールを上から被せて、霜よけをしていたのですが、

これだけでは枯れてしまうかもということで、室内へ入れました。


そして、植物を室内へ入れる為、LED照明を設置しました。

そして、植物を置きました。

DSCN5226_convert_20191220001603.jpg

DSCN5227_convert_20191220001633.jpg

怪しい色の光は、植物育成用LEDです。

DSCN5228_convert_20191220002614.jpg

この、植物育成用LED,

この色のせいで、目がかなり疲れます。

私のデスクワークの場所の隣なので、奥以外は、普通の色に替えました。

が、それでも疲れるので、奥の1灯も、替えようと思っています。


ちなみに、

蛍光灯のグロー式器具に取り付け可能の植物育成用LEDを買って、

不要な安定器やグローを付けておくのも何なので外して、

記載の配線図通りにした器具で植物育成用LEDを付けていて、


まぶしかったので、グロー式器具に取り付け可能な昼白色のLEDを買って、

そのまま、交換したら、点灯しない。


同じように、グロー式器具に使用可能なLEDでも、

直接配線の場合は、配線が違うようで、

今回は、植物育成→昼白色だったので点かないだけでしたが、

逆だったら、完全に、短絡配線でした。


LED器具を買うときは、都度、配線図を確認しないとまずいのですね。

取り付けができてしまうだけに、危ないです。