FC2ブログ

山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

ジムグリ・産卵

飼育している、ジムグリが産卵しました。

DSCN6331_convert_20200626022601.jpg


明らかに腹が大きくなって、食欲もなくなっていた個体が産卵しました。

卵の形が異常に長く、正常卵では無いような気もしますが、

ネズミや、モグラのような、小動物の子供を専食するヘビで、子供といえどもそれなりの大きさである為、

孵化直後でもそれなりの大きさでないと食べられないので、

その分、卵が大きいのかもしれません。

ヘビは体が細長いので、卵を大きくするには細長くするしかないのかと。

今まで、ジムグリの卵を見たことが無いので、これが普通なのかは良く分かりません。


大きさが分かるように、手で持ってみました。

DSCN6332_convert_20200626022624.jpg

産卵は、1卵のみ。

産卵後の親は、食欲が回復し、一気に3匹、マウスを食べました。

ちなみに、飼育している他のジムグリは、既に夏季拒食に入りだしたのか、食欲が落ちています。


例年は、この時期、既に飼育部屋は冷房を入れているのですが、

サンゴの水槽のクーラーを2台稼働にしたところ、水温を余裕で維持できるようになり、

部屋のクーラーでの補助が不要となったので、

まだ、部屋の冷房は入れていません。

部屋が暑くて、季節拒食に入ってしまったのか。








スポンサーサイト



アマガエル・色変

アマガエルの色変わりを、捕まえました。

通常のアマガエルは緑色ですが、

黄色の色素の発現が抑えられると、青色になります。


昨年、青色のアマガエルを1匹捕まえたので、

昨年と同じ場所で探しました。

そして、捕まえました。


青の発色の強い個体。

IMG_0515_convert_20200607004712.jpg



IMG_0508_convert_20200607004634.jpg


こちらは、部分的に青色の個体です。

IMG_0511_convert_20200607004657.jpg


全体的に青の強いのが1匹、

全体的に緑が薄く、エメラルドグリーンぽいのが1匹、

全体は正常色の緑色で、部分的に青色のが3匹でした。


カエルの色変は、成長とともに正常色に戻ってしまう場合もあるようなので、

成長とともにどう変わるか。


ちなみに、昨年捕った青色のカエルは、こんな感じです。

だいぶ大きくなりましたが、青色はきれいなまま、維持されています。

IMG_0536_convert_20200607004729.jpg



ヒキガエル

暖かくなり、蜂場裏の水路に、ヒキガエルがたくさん来ています。

DSCN5671_convert_20200321183842.jpg


大きな体に似合わない、小さな、かわいらしい声で、鳴いています。

水路はの水は、ヒキガエルが暴れ回る為、濁っています。

DSCN5683_convert_20200321184237.jpg

体を食べられた、ヒキガエルの頭が2個、水路の脇に転がっていました。

頭と、皮を残しているのは、毒のある、耳下腺を避けているのでしょうか。

大きな成体のヒキガエルを食べる動物なんて、いるんですね。


アオダイショウとハムスター

昨日、飼育しているアオダイショウに、脱走されました。

多分、水替え後、プラケースの蓋が、しっかり閉まっていなかったものと思われます。

気付いた時には、蓋がずれ、いなくなっていました。

周囲を探したのですが、ヘビは隠れるプロ。見つかりません。

夜だったので、あきらめ、そのまま就寝。


朝、茶々丸(猫)が非常に警戒して、周囲を気にしている。

餌もあまり食べず、昼寝もせず、わずかな音にもビクビクしている。

茶々丸が気にしている場所を探すが、見つからない。


ということで、私は、蜂場の建屋の修理に出かけましたが、

昼過ぎに、長女から電話が。

ヘビが見つかったと。


それも、三女が飼っている、ハムスターのケージの中で。

ジャンガリアンハムスターの、プディングで、丸まる太った、気の強い個体。

他の個体と一緒にすると、雄雌関わらず、相手を殺してしまうような気の強い個体。

だったのですが、


ヘビの前では無力だったようで、

ハムスターが消えた、中にヘビがいたと。


まだ、幼蛇班が残る、幼蛇だったのですが、

成体の、オスの、丸々した、凶暴な、ハムスターを食べてしまうとは。

ヘビの体が1箇所、太くなっています。

DSCN4689_convert_20190923185212.jpg

ハムスターのケージの蓋は閉まっていたということです。

ヘビはケージの網目を通れるのかなあ。


蜂場から帰ると、長女と次女は爆笑、三女は怒っていました。








青い・アマガエル

青い、アマガエルを、捕まえました。

捕まえたのは、三女です。


イノシシの箱罠に餌を撒きに行くついでに、

シロマダラの餌のトカゲと、

ヒバカリの餌のカエルと、

ニホントカゲの餌のコオロギを捕りに行きました。


その時に、三女が、「青いカエル捕まえた」と言って、もってきました。

IMG_0368_convert_20190923002108.jpg

IMG_0371_convert_20190923002128.jpg

IMG_0376_convert_20190923002146.jpg

黄色色素欠乏個体のようです。

変態直後では無く、目立つ色で、ここまで育つのは、自然化では大変だったと思います。


一応、飼育してみることにしましたが、餌が大変そうです。

小さな、生きた虫しか食べないので。


開き直って、飼育容器に熟れたバナナの切れ端でも入れて、外に置いておけば、

勝手に虫が入ってきて、餌になるかなあと思っています。