山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

トカゲ捕獲器

トカゲ捕獲器ができました。

と言っても、意図して作ったのではなく、勝手に出来ていました。

ひざ丈位の草むらの中に放置された、土が少し入った植木鉢。
これだけです。

カナヘビは、体温を上げる為、日向ぼっこをします。
その際に、放置された黒い植木鉢の縁が良かったようです。
日向ぼっこ中に危険を感じて慌てて逃げる際、植木鉢の中へ。
トカゲは、ツルツルの樹脂面は登れない為、そのまま植木鉢の中から逃げられません。

結果はこれです。
カナヘビ8匹、入っていました。
DSCN0528_convert_20180605064458.jpg

同様にやって、再度捕れるかは、検証が必要です。


スポンサーサイト

ナメコの中から・サンショウウオ

普段は、1回収穫したらその時期は終了となるナメコですが、今年は、収穫後、2回目が出てきました。

そして、収穫。
収穫したナメコを洗っていると、中からサンショウウオが出てきました。

トウキョウサンショウウオです。
成体ですが、まだ小さ目。セミアダルトです。
DSCN9425_convert_20171128231443.jpg

産卵期以外で、トウキョウサンショウウオを見付ける機会は少ないです。
さらに、ナメコに紛れているとは。

ちなみに、収穫したナメコはこんな感じです。
DSCN9422_convert_20171128231426.jpg


シロマダラ捕獲

家の横に積んであった材木を片づけていたら、シロマダラを見付けました。

そして、その近くでさらにもう1匹発見。

1日で、2匹捕まえました。

こちらは、フルアダルトの大きな個体です。
近くで見つけたカナヘビを入れたら、すぐに食べました。
DSCN9062_convert_20171021001651.jpg

そして、こちら、後で見つけた個体。
上の個体よりは小さいですが、ヤングアダルトという感じ。
こちらは、入れるケースが無かったので、小さなケースにとりあえず入れました。
DSCN9060_convert_20171021001634.jpg

当店の近くでは、トカゲをたくさん見かけます。
その為に、トカゲを食べるシロマダラの生息数が多いのだと思います。

幻のヘビとも言われるシロマダラを、1日で2匹も捕れるとは。


マムシ捕獲

マムシを捕まえました。

蜂場で内検を終え、木陰を歩いていると、さっと、ヘビが横切りました。

太短いので、一目でマムシだと分かります。
それにしても、すごく太い。
こういうのを、ツチノコというのかなという感じ。

捕獲して、持ち帰りました。

帰ると、案の定、餌を吐き出していました。
大きなカエルでした。アカガエルでしょうか。
それにしても、吐き戻したカエルが、非常に臭い。

網袋から出して、写真を撮りました。
DSCN8957_convert_20171002233426.jpg

吐き戻したので、だいぶ細くなりました。
写真だと小さく見えますが、実物は、それなりの大きさです。

シロマダラ

近所の方から、シロマダラをもらいました。

シロマダラというのは、ヘビです。
生息数が多くは無いので、滅多に見られないヘビです。

今回頂いたのは、小さな幼蛇。
かなり小さいです。
DSCN8927_convert_20170930003850.jpg

お腹は、こんな感じ。
DSCN8931_convert_20170930003907.jpg

飼育設備はこんな感じ。
以前飼っていたシロマダラは、1年以上飼っていましたが、蓋の隙間から逃げてしまったので、今回は新たなケースを買いました。
おがくずを敷いて、水入れを入れて、タッパに湿ったミズゴケを入れたウェットシェルターも入れました。
後ろに写り込んでいるのは、ヘビを観察する三女。
DSCN8933_convert_20170930003923.jpg

ヘビが小さいので、ハッチリングサイズのトカゲしか食べられなさそうです。
捕まえるのが大変そうです。

FC2Ad