山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

魚掬い

最近、訳あって、近くの池に魚を捕りに行っています。

目的のものは全く捕れないのですが、色々な生き物が捕れます。

魚キラーを仕掛けているのですが、これには、ザリガニと、小さなドジョウしか、かからず。
結局は近くの用水路で、網で掬っています。

今回の成果は、
フナ4匹、網で捕れました。
スジエビも、小さなザリガニも、結局は全て手網で掬ってます。
DSCN0518_convert_20180602234948.jpg

食用ガエルや、そのオタマジャクシも掬えるのですが、特定外来生物なので、持ち帰れません。
生きたまま移動すると、逮捕されてしまうので・・・。
持ち帰って解体して食べてみたいのですが・・・、さすがに現地で解体は気が引けます。
殺してから持ち帰れば合法ですが、その場で殺すのも・・・。
法律の運用を変えてくれれば、持ち帰って食べるんですけどね。

話がそれましたが、昨日は、ライギョの幼魚を捕まえたり、結構手網で掬えます。

コオイムシも、私が小さな頃は(神奈川県在住時)、捕れたら大喜びする位で、そもそも、滅多に捕れませんでしたが、
ここでは、田んぼにうじゃうじゃいます。
有難みが無いです。


そして、夜、蜂場の地元の直売所に納品へ行きました。
そして、その帰りに、近くの川で魚掬いをしてみました。

川に向かって歩いていると、ホタルが飛んでいました。

そして、魚の寝込みを狙っての魚掬い。
ウグイが29匹、捕れました。
DSCN0523_convert_20180602235008.jpg

例年は、オイカワの方が多いのに、今回は何故か、ウグイばかり。


こんな感じで、魚をたくさん掬って、庭の鯉の池に入れているので、
この池の魚が、かなり増えてきました。




スポンサーサイト

フクロウ

富津市の、ふるさと納税関係者会議に出席してきました。

その帰り、ちらっと寄ったペットショップで、フクロウが売っていて、可愛いなあと思いながら帰ってきました。

そして、車で、蜂場の近くを通り過ぎている途中、
目の前を、音も無く何かが横切りました。
次の瞬間、目の前のフロントガラスに、ドン。
運転席側のフロントガラスの右上端に当たったようです。

音も無く、夜中に飛んでくる鳥は、フクロウくらいだよなと思いましたが、
真っ暗で、雨も結構降っていたので、その鳥がその後どうなったかは分からず。

帰ってから、ドライブレコーダーを再生してみました。

鳥の姿が現れて、
1_convert_20180524095225.jpg

近付いてきて、
2_convert_20180524095250.jpg

カメラ正面を横切り、
3_convert_20180524095307.jpg

カメラの右側へ。
4_convert_20180524095321.jpg

その直後に、ドン。

これらの写真の行程が、1秒にも満たない間に起きました。

フクロウを飼ってみたいなとは思いましたが、車に突っ込んでこなくても・・・。

前に車が走っていたので、ライトが下向きでした。
上向きだったらもう少しはっきり写っていたかも。
それにしても、ドライブレコーダーは、夜道でもそれなりに記録できているようです。




ボラ幼魚

水槽の水替え用の海水を汲みに行ったついでに、少し魚掬いをしました。

風で水面が波立ち、水中が良く見えず、なかなか見つかりませんでしたが、
浅場にボラの幼魚の群れを発見。
掬ってみると。

ひとすくいで、この数。
PAP_0192_convert_20180330235549.jpg

すぐに、こんなに掬えました。
PAP_0193_convert_20180330235605.jpg

ただし、ボラはいらないので、逃がしました。
人工飼料への餌付きが悪いし、捕ろうと思えば比較的いつでも捕れるので。


他には、岸壁に、アメフラシがたくさん貼り付いている位で、
特に何も捕れませんでした。

昨日は、別の港で、アミメハギを5匹位見て、その時は網を持っていなかったので、
今回は、網を3本新調して出かけたのですが、あまり見られませんでした。


お魚掬い

蜂場の近くの川で、魚を捕りました。

夜、暗くなってから、寝込みを狙います。
昼間、起きている魚なんて、網ではなかなか掬えません。
夜寝ている魚を掬った方がはるかに楽です。

川に着くと、バキバキと音を立てて、川岸から逃げる動物の足音が聞こえました。
足音から察するに、2頭。シカにしては音が大きすぎなので、多分、イノシシだと思います。

そして、川をみると、魚を狙っている鳥がいました。
ゴイサギの幼鳥のようでした。
鳥目とか言いますが、鳥って夜でも見えるのですね。月明かりがあったので、真っ暗では無かったですが・・・。

そして、結果は、
ウグイ、オイカワ、タモロコ、鮎、ヨシノボリが捕れました。
DSCN8240_convert_20170714234136.jpg

立派なオスのオイカワ、帰る途中で死んでしまいました。
2匹捕れたので、もう1匹はなんとか生きてはいました。
DSCN8239_convert_20170714234107.jpg

そして、今日一番の収穫は、ギバチ。5cm程。
普段捕れるのは、もっと小さいのが多いです。
DSCN8243_convert_20170714234201.jpg

蜂場のクヌギの木で、今年初のカブトムシも取れました。
DSCN8246_convert_20170714234215.jpg




豆チョウ・来てます

海に行きました。

潮だまりを見ていると、マメチョウ、いました。
マメチョウというのは、小さなチョウチョウウオの総称です。

ナミチョウが一番多かったですが、トゲチョウ、フウライチョウもいました。
既に5cm位の個体もいました。
大体は2~3cm程。
ボケボケですが、一応、泳いでいたナミチョウです。
DSCN8214_convert_20170712204100.jpg

昼間は捕獲が大変なので、夜に行きたいところですが、この時期は夜は潮が引かない為、夜間採集は無理ですね。

こんな大きな貝がらも拾いました。

調べてみると、ヤツシロガイという貝のようです。
DSCN8235_convert_20170712204134.jpg

ヒトデ、ナマコ等の、棘皮動物を専食する貝だそうです。




FC2Ad