FC2ブログ

山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

アカメガシワ・開花

アカメガシワの花が開花し始めましたが、

梅雨入り早々の強風で、花が痛んでしまいました。

落ちた花。

DSCN6305_convert_20200614115755.jpg

そして、開花前のつぼみの付いた、花穂も落ちていました。

DSCN6303_convert_20200614115727.jpg


蜂場に生えているアカメガシワの花穂が、

ばらばらと、

蜂場の地面、巣箱上の波板の上に落ちていました。



スポンサーサイト



イボタノキ・開花

イボタノキが開花しています。

DSCN6222_convert_20200601091440.jpg

開花時期にあらためて見てみると、

館山直売所の周りにも、多数の木があることに気づかされます。

DSCN6231_convert_20200601091106.jpg


白い、小さな花で、遠目には、ウツギと間違えますが、

まず、花の匂いが違います。

イボタノキは、花の香りが強く、木の近くを通っただけで、

近くに花が咲いていることが分かります。



ハゼノキ・開花

ハゼノキが開花しました。

DSCN6203_convert_20200530235543.jpg

そして、イボタノキも開花しました。


ウツギの花も開花中の中、

ハゼノキが開花。

そして、イボタノキも開花。


これらの、メインの蜜源となる花の開花が重なると、採蜜量が減る傾向にあります。

ミツバチの集蜜能力には限界がある為、ダラダラと開花が続いてくれた方が、トータルの集蜜量は増えるからです。

同時に咲くと、一気に開花、一気に終了となり、集蜜期間が短くなります。

さらに、この後の天気も不安が。


今年は、不安要素が多く、はちみつがどれだけ採れるか・・・・。


タラノメ

タラノメを採りました。

既に、芽ではなく、葉になっているものが多いですが、小さな芽を選んで収穫。
DSCN5966_convert_20200502235038.jpg

天ぷらで食べましたが、

大きな茎は、既に、木になっていました。硬かったです。

別段、おいしい訳ではありませんが、ほろ苦い、春の味覚ということで、その時期に一度くらいは食べておこうということで。



アケビの花

蜂場の、ツゲの木を飲み込むように生えているアケビの、花が咲いています。

このアケビ、今年は花が多いようです。

DSCN5845_convert_20200420002430.jpg

ミツバチは、あまり来ていなさそうです。

DSCN5844_convert_20200420002413.jpg