山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

トウネズミモチ

先日、県民の日の際に、子供を連れて、ハチミツの納品に行ってきました。

高速道路を走っていた際、道路脇の、トウネズミモチが満開でした。

また、工場地帯の緑地にもこの木が多く植えて有り、遠目でも花が咲いているのが見えました。

都会でも、こういうところに蜜源樹があるのだなと思いました。

工場地帯の緑地であれだけ咲いていれば、
近くに巣箱があれば、蜜がたくさん入るのでは。


スポンサーサイト

ムラサキシキブ

蜂場で車から降りると、花の香りがしました。

確かに、近くで、
アカメガシワや、テイカカズラは咲いているのですが、
こんなに匂いはしないよなあ、と思ってたどってみると、

ムラサキシキブの花でした。

まだ、つぼみが多く、一部が咲き出した感じ。
PAP_0201_convert_20180614233808.jpg

PAP_0202_convert_20180614233824.jpg

ですが、
強い香りがしていました。


アカメガシワ開花

アカメガシワが開花しています。
昨年より2週間早い開花です。

ウツギの開花が終わり、
イボタノキは一部がまだ咲いている感じです。

この1週間で、はちみつはさらに入っていましたが、
ミツバチの機嫌は悪くなっていました。
蜜の入りが悪くなってきているようです。

この後、ネムノキの開花が始まったら、
そろそろ、5~6月のはちみつの採蜜時期となります。






ハゼノキ、ウツギ

5~6月のはちみつの蜜源のひとつである、
ハゼノキ、そして、ウツギの花が咲いています。

ハゼノキの開花は、例年より早め、
DSCN0134_convert_20180522093449.jpg

ウツギの開花は、例年通りといった感じ。
DSCN0136_convert_20180522093539.jpg


例年は、ウツギの開花がある程度進んでから、ハゼノキが開花するのですが、
今年は、両者がかち合っています。

ミツバチの、1日の集蜜力には、当然限界があります。

なので、一期にたくさんの花が咲いても、集めきれません。
そして、同時期に花の期間が終わってしまう。

例年通り、開花時期がずれて、開花期間が長くなってくれた方が、
はちみつを採る養蜂家には有難いのですが・・・、

毎年のことですが、自然は、思い通りには進んでくれません。

ハチク

ハチクのタケノコが、出始めました。

先週の内検の際も出ていたのですが、折ったのを、そのまま蜂場に忘れてきてしまいました。

今週も出ていましたが、まだ小さ目。
ただ、採らないとすぐに竹になってしまうので。

DSCN0130_convert_20180515092714.jpg


と、写真を見ていたら、先日の離蜜時の写真を撮ってあることに気付きました。
せっかくなので、載せておきます。
DSCN0123_convert_20180515092656.jpg

FC2Ad