山中養蜂のブログ

山中養蜂の店主のブログです。養蜂以外のことも書いていきたいと思います。

ブルーベリーへの訪花

館山直売所の、鉢植えのブルーベリーが開花し始めました。

ミツバチも訪花しています。
ブルーベリーは、自家不和合性が強い為、受粉は虫が頼りです。
下向きの花に、頭を入れて蜜を吸っています。
DSCN7287_convert_20170425230404.jpg

ちなみに、このブルーベリー、以前は山の蜂場の方に置いてありましたが、その時はミツバチはほとんど来ませんでした。
他の虫がたくさんいたので、受粉には困りませんでしたが。
山の蜂場の方では、この時期、蜜がたくさん出る花があるので、ブルーベリーへの訪花の優先順位が低いのです。
ミツバチは、効率の良い花へ、優先的に訪花する性質があるのです。

館山の方には、この時期、蜜の出ている花が少ないようで、ブルーベリーにもたくさん蜂が来ます。
花壇のノースポールにも来てました。
DSCN7282_convert_20170425230349.jpg

館山直売所には、お客様への見学を兼ねて交尾箱(小さな巣箱)にミツバチを入れていますが、花の蜜不足で機嫌が悪いです。
交尾箱には、砂糖水を給餌しているので、貯蜜はあるのですが、それでも、花の蜜が少ないと駄目なようです。
機嫌が良くなるまでは、巣箱の外からの観察のみとなります。
本来は、巣箱の中の見学ができるようにと置いているのですが、正直、機嫌が悪いので、蓋を開けると刺してきます。
外から見るだけなら問題ありませんので。

一方、山の蜂場の方では、5日程前から、急激に蜜が入り始めました。
丁度、ウワミズザクラが開花し始めて、直近では、白花の藤も咲き始めました。
山の自然の花の蜜なので、正直、どの花の蜜なのか把握しきれないのですが、蜜がたくさん出る花の開花が始まったようです。

場所によって、こんなに違うのかという位、蜜源の状況が異なります。




スポンサーサイト

トウキョウサンショウウオ・幼生

トウキョウサンショウウオの幼生が、孵化しました。
以前、蜂場の水路から持ってきたものです。

卵嚢1個から、25匹生まれました。
一匹が卵嚢を2個産むので、一腹で50個位卵があるようです。

しして、孵化した幼生には、ブラインシュリンプの幼生を与えています。
食べると、お腹が、ブラインシュリンプのオレンジぽい色に染まります。

ウーパールーパー(アホロートル)の小さい感じです。
DSCN7248_convert_20170424230330.jpg



野ぶき

館山直売所の裏は、蜂場としていますが、そこには、フキがたくさん生えています。

土壌水分が多く、半日陰で、養蜂には良くない場所ですが、フキにとっては良い場所です。
ミツバチが肥料となっているのか、立派なフキが生えています。

普通の野ブキなのですが、かなり太く、葉っぱも大きいです。

傘とまではいきませんが、頭だけ位なら、雨も防げるかも。
DSCN7261_convert_20170423225343.jpg

もんじゃ焼き

子供が、「おばあちゃんと食べてきた、もんじゃ焼きが美味しかった」と言うので、昨日、今日と、夕飯はもんじゃ焼きです。2日連続です。

粉と水の比率ですが、粉:水=1:10 としました。
そこに、だしの元を入れて、ソースを入れて、
粉100g、水1Lで作った生地で、丁度、2枚分。
これを、2回作って、4枚分で、満腹になってしまいます。

小麦粉200gで、家族5人が満腹とは・・・。
普通なら、小麦粉でも、パスタでも、1人100g位は食べてしまうのに。
思っていたより、腹持ちも良いし、
ドロドロで熱いので、ゆっくりしか食べれない。
また、キャベツもたくさん。
ヘルシー料理だと思います。

ちなみに、私自身は、もんじゃ焼きって、はるか昔に、1度食べたことがあるだけで、それ以降は見てもいないので、
これが、本当にもんじゃ焼きなのかは、良く分かりません。
DSCN7294_convert_20170423223126.jpg

養蜂に関するご質問への回答3

養蜂に関して、ご質問があった為回答させて頂きます。

ご質問の内容を簡潔に記入させて頂くと、
1、イチゴのポリネーションに使用した群を、飼育する場合の注意事項について、
2、当店の営業日、時間に関してのご質問です。

1、に関しては、
通常の管理と特に変わりはありません。
ただし、置いていたハウスの状況や、その間の管理によりますが、群が弱っている場合が多いです。
通常の群で飼育を開始するより、難しいかもしれません。
ダンボール箱入りの群の場合は、木箱に移した方が良いです。
ちなみに、ポリネーション時期のみ飼育の場合は問題ありませんが、その後継続してミツバチを飼育する場合は、養蜂振興法に基づく、みつばち飼育届けの提出が必要です。

2、に関しては、
当方、現在既に養蜂の繁忙期に入っておりますので、平日は、ほぼ開店しておりません。
日曜日は開店、土曜日もできるだけ開店、としておりますが、平日はほぼ開いていません。
時間によっては、母屋の呼び鈴を押して頂ければ、在宅の場合もあります。その場合は、販売可能です。
雨天の場合は、母屋でデスクワークをしている場合もあるので、平日でも在宅していることがあります。
1人で全て行っている零細養蜂家であり、蜂の世話が第一での作業ですので、開店時間が不定期で申し訳ありません。

ちなみに、ブログのコメントで頂いたご質問は、基本的に、ブログ内でのご回答とさせて頂いております。



FC2Ad